沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

お寿司 キッズメニューあり ランチ 九州 宮崎県

宮崎の回転寿司「寿司虎」鮮度よく大きなネタがおいしく、家族連れに嬉しい。

2019年7月1日

九州南部の旅で楽しみにしていたことのひとつ、それは回転寿司でした。沖縄にはおいしい回転寿司がなく、他県を訪れると魚欲を晴らすため回転寿司を食べに行きがち。しかも九州ならば間違いなくウマい魚を食べられるハズ!ということで、宮崎で目をつけたのは「寿司虎(すしとら)」というチェーン店。我々は寿司虎 新別府店を訪れました。結論を先に書きますと、食べに行って大正解。おいしかった〜!ということで早速レビュー行ってみよ〜!

宮崎「寿司虎」新別府本店の外観

宮崎のおいしい回転寿司「寿司虎」へ行ってきた。

どこにあるの?

寿司虎は九州南部に6店舗(宮崎県に3店、鹿児島県1店、熊本県2店)展開していますが、今回は宮崎市内の国道11号線(山崎街道沿い)にある「寿司虎 新別府店」に食べに行きました。車通りの多い山崎街道沿いにはいわゆるロードサイド店舗が連なっており、イオンモール宮崎やその他の外食チェーンも立ち並んでいます。周辺の回転寿司チェーンと比べると、駐車場の混雑具合や店先にまで人が並んでいる状況から、寿司虎は明らかに人気店とわかりました。お店の専用駐車場も、入れ替わり立ち替わりで満車続きです。

めっちゃ混雑!そんなときは座席待合システムが便利。

寿司虎は、EPARK(イーパーク)という順番受付のシステムを導入しています。これを知らず、オープン時刻(11:30)を少し回ったあたりで到着したところ、駐車場は満車、出入り口付近には大勢の空席待ちでごった返しの状態... お店の方に聞くと、どうやらオープン前から待ち客が並んでいるとかで、我々も受付・発券をして待つよう促されました。おそらく待ち時間も1時間近くあると言われたので、EPARKの呼び出しメールが届く設定にしてその場を離れることに。宮崎市内を小一時間ほどドライブし、メールが届く頃にお店に戻りました。幼い子どもがいると静かに待てないので、座席待合システムがあると非常に便利です。

宮崎「寿司虎」新別府本店の待合ロビー

店内の様子

寿司虎店内に入ると、板前さんの活気と満席の客席に熱量を感じました。客席はカウンター席とボックス席があります。ボックス席は回転寿司レーンに沿った席と、その奥のレーンなしの席が用意されています。このボックス席には最大6名ほどが座れ、子連れでも余裕を持って滞在できそうでした。

宮崎「寿司虎」新別府本店の店内

我が家はレーンに沿ったボックス席に案内されました。カウンターでもボックス席でもよかったのですが、子連れは優先的にボックス席を案内されるみたい。

宮崎「寿司虎」新別府本店のボックス席

寿司虎のメニュー

寿司虎には120円〜600円まで9種類のお皿があります。主力のメニュー表の他、手書きの卓上メニューや天井から吊り下げられたオススメメニューがあります。回転寿司では好みの皿をパッと取りがちですが、一度落ち着いてメニューを眺め、それから食べるものを選択するのがベター。この日も珍しいメニューを見つけ、板さんにオーダーすることがありました。

宮崎「寿司虎」新別府本店のメニュー表。

レーン限定商品も回ってくるので気を抜けません。食べながらレーンを注目して見逃さぬよう注意しましょう。

宮崎「寿司虎」新別府本店の回転レーンを走るお寿司皿。

寿司虎のお寿司レビュー

さあ、それではいただきましょう。まずは活〆真鯛 塩レモン(240円)からスタートしました。塩レモンで食べるお寿司なんて珍しいと1皿目にチョイス。さっぱりとした白味魚に塩レモン。これは、確かに合う!魚の鮮度もバッチリ。この1皿で寿司虎のポテンシャルがわかりました。このお店はヤバいぞ、間違いなく食べ過ぎる...!

宮崎「寿司虎」活〆真鯛 塩レモン(240円)

お次は光物づくし(350円)です。この日はあじ・自家製しめさば・炙りさんまでした。おそらく日によって握られるネタが変わるでしょう。光物は好きだけど、それぞれ3つのネタを1皿ずつ食べるにはお腹がいっぱいになり過ぎる。そんな贅沢な悩みを持つ人には、光物づくしがマスト。

宮崎「寿司虎」光物づくし(350円)

虎の軍艦づくし(500円)は、うに・いくら・穴子の軍艦です。寿司虎野中では上から2番目の高級皿ですし、それぞれのネタも普通に注文したら高くなります。それを1貫ずつ乗せることで、リーズナブルに食べられるよう工夫していると思いました。

宮崎「寿司虎」虎の軍艦づくし(500円)

こちらはお子サマー向けに注文した、ひつまぶし(300円)。おいしいのと、食べやすくカットされているのとで、秒で消えました。

宮崎「寿司虎」ひつまぶし(300円)

たこ軍艦(180円)、珍しいですよね。握りではないので噛みやすく、年齢問わず食べやすい一皿です。

宮崎「寿司虎」たこ軍艦(180円)

かんぱちの頭が入ったあら汁(240円)もいただきました。大きな頭の存在感!トロトロの目の周りや、脂の乗った顔周りもたまらん。魚のエキスが滲み出た熱々の味噌汁もおいしかったです。これはまた食べたい。

宮崎「寿司虎」かんぱちの頭が入ったあら汁(240円)

炙りしまあじ(400円)をいただいてみました。この日は熊本県天草産のしまあじを使っており、炙った香ばしさと脂の旨味が引き立っていました。普通の握りもいいけど、炙りもおいしいなぁ。

宮崎「寿司虎」炙りしまあじ(400円)

ご主人サマーがしまあじ塩レモン(350円)を食べていたので、1貫もらって炙りしまあじと並べてみました。どっちもおいしい。選び難い。ひとつ言えることは、沖縄ではどちらも食べられないであろうこと。旅先での回転寿司は幸せです。

宮崎「寿司虎」しまあじ塩レモンと炙りしまあじを組み合わせて。

最後にサイドメニューから、海鮮かき揚げ(120円)をいただきました。揚げたて熱々!細かくカットされた海鮮をかき揚げにしているので、子どもでも食べやすいと思います。

宮崎「寿司虎」海鮮かき揚げ(120円)

この他にもいくつかいただき、お腹いっぱい食べすぎた〜!食後の感想は「感無量」でした。だって、沖縄にはこんなにおいしい回転寿司がないのだから!

宮崎「寿司虎」新別府本店で食べたお皿の山。

子連れが喜ぶ!ファミリー層の受け入れ体制。

寿司虎はファミリー層が訪れやすいお店作りをしています。今回気づいた点を4つまとめてみました。

予約受付・呼び出しシステム

先にも書きましたが、EPARKを使った予約受付システムの導入があること。これ、かなり便利です。幼い子どもに待合席で小一時間待っていろなんて無理なこと。なので別の場所にいても呼び出ししてもらえる仕組みは、非常によい取り組みと思いました。店外に出てしまえば他の待ち客に迷惑をかけることはなくなるので、親的にもありがたい。

キッズメニュー(おこさますし)

回転寿司で子ども向けメニューを見たのは初めてです。子どもの口に合わせて握りも軍艦も巻物も小さく作って出してもらえるんです。これは、非常に助かる!いつも手元で小さくしてから食べさせていたけれど、それがないだけでも本当にありがたい。

宮崎「寿司虎」新別府本店には、子供向けメニューが揃っていた。

巻物を例にしてみると、手前の普通サイズ、奥はキッズサイズです。小さめにカットすることで、子どもが食べやすいサイズになっています。尚、手前のさば鉄火巻き(150円)が想像以上にウマかったことも記載しておきます。

宮崎「寿司虎」さば鉄火巻き(150円)とお子様納豆巻(120円)

また、それ以外にも食べやすくなるようなネタの工夫(細かくカットしたものを軍艦にしている)が見られましたね。子ども向け、あるいは高齢者向けの対応であり、ロスを減らす工夫でもあるのだろうと思いました。

子ども向けのお箸類が選べる

外食を食べにいくと、子ども様のお箸やコップなどが客席にセットされていないことが多いのですが、寿司虎は箸・スプーン・フォークがセットされており、好きなものを好きなタイミングで使うことができました。子どもってすぐにテーブル下に落としてしまうけれど、その度に店員さんを呼んで交換をお願いすることもなくなるので、非常に合理的に感じます。一方で余計に取り出して遊んでしまう危険性もあるわけで、そこは親が目を光らせて注意する必要はあるなぁと思います。

宮崎「寿司虎」新別府本店の子ども用スプーンや箸など

乳児連れ向けのバウンサー

驚いたのがバウンサーです。これはすごい。バウンサーのある飲食店自体が初めてかも。これに入れておくと両手が使えるし、ゆらゆら揺れてご機嫌なので本当に便利なんですよね。この日滞在中に使っているお客さんはいなかったのですが、バウンサーは本当に驚きました。ただ、これいつ使うんだろう。空席待ちの最中に使うんだろうなぁ。まさかボックス席では使わないよなぁ。

宮崎「寿司虎」新別府本店にあったバウンサー。

まとめ

ということで、宮崎市内にある「寿司虎 新別府店」へ行ってきました。宮崎の回転寿司で寿司虎を訪れてよかった!九州はおいしい魚が食べられる場所。回転寿司でも十分おいしい海の幸を食べることができますから、旅行滞在中に訪れることをオススメします。また記載した通り、幼い子どもを連れた家族連れも食べに行きやすい点も人気の理由と思います。ネタの鮮度やお寿司のおいしさはもちろん、滞在しやすささえも考えられている点が素晴らしいと思いました。寿司虎は地元に欲しい回転寿司ですね。ご馳走さまでした!
終わり。

住所:〒880-0834 宮崎県宮崎市新別府町土田543-1

(*・ω・)つ 宮崎食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-お寿司, キッズメニューあり, ランチ, 九州, 宮崎県
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.