「丸亀製麺」でうどん以外の天丼アレンジ!揚げたて天ぷらを好きなだけ盛り付ければ完成!

「丸亀製麺 宜野湾」白ごはん(140円)の上に天ぷらを盛り付けて完成

我が家の週末ランチでよくお世話になっている丸亀製麺。お子サマーが「うどん食べたい!」となったら、だいたい宜野湾店へ出向きます。久しぶりだし、何を食べようかな〜とこの日の限定メニューをチェックしているうちに、お店に到着しました。

「丸亀製麺 宜野湾」の外観

丸亀製麺 宜野湾店は駐車場が広々。これだけ台数が停められるのに、週末ランチのピークタイムになると、ほぼ埋まっています。でもうどん屋さんは回転は早いもの。ちょっと待てばどこかしら空くはずです。

「丸亀製麺 宜野湾」の広々とした駐車場

お店入り口の看板。牛すき釜玉、とってもおいしそうだったなぁ。ただ、この日はそんな気分でもなく…

「丸亀製麺 宜野湾」店の入り口にあったメニュー

店内に入り、ライブキッチン的な調理場をぐるりと回って注文コーナーへと向かいます。

「丸亀製麺 宜野湾」の店内

ここ、楽しいですよね。わたしはいつも「茹でたての麺を丼に盛り付けるのは難しそうだなぁ」と思いながら眺めています。かけ・ぶっかけ・釜玉・釜揚げのそれぞれで茹で時間も異なるでしょうし、器に盛り付けるまでの工程も違います。なので、このライブキッチンを眺めながらレジ待ちの列に並ぶのは、いろいろと違いが楽しめるんですよね。

「丸亀製麺 宜野湾」茹でたてのうどんを計る店員さん

この日のメニューです。秋口だったので熱々系のうどんが推されています。が、わたしはうどんをスルーして「白ごはん、ひとつ」と注文しました。うどん屋に来たのに「うどんを食べたい気分じゃないから」とうどんを頼まないのは初めてのことで、できるのかどうかちょっと不安になりながらオーダーしました。

「丸亀製麺 宜野湾」のメニュー表(2023年10月時点)

うどんを注文した後は揚げたての天ぷらコーナーへ移動。皆さんご存知のように、セルフで取り分けてレジに向かいます。いつもはひとつふたつですが、この日は4つも取りました。白ごはんに天ぷらを乗せ、オリジナルの天丼を作ろうという魂胆です。

「丸亀製麺 宜野湾」セルフで取り分ける揚げたての天ぷらコーナー

家族みんなの食べたいものが違うなら、丸亀製麺で天丼を食べればいいじゃない!ただ、この日は都合がちょっと違いました。ネットで見てお目当てにしていた半熟玉子天ぷらがない…だと…!メニュー札すらないじゃないか… うどん以外のトッピングは店長などの裁量で決めているみたい。よく出る天ぷらを並べているのでしょう。

「丸亀製麺 宜野湾」食べたい天ぷらがなかった…

そんな天ぷらに思いを馳せ、レジを通って無料の天かす・青ネギ・おろしショウガのコーナーへ。宜野湾店では、ここに天丼のたれが置かれていました。小皿に天丼のたれを入れて、客席に向かいます。

「丸亀製麺 宜野湾」ではレジの後に天丼のたれが置かれていた

この日、わたしが注文したものはこちら。白ごはん(140円)、えび天(180円×2尾)、かしわ天(180円)、まいたけ天(180円)、そして温泉玉子(90円)。総額950円。天丼専門店や天ぷら屋さんで天丼を食べようと思ったら、もうちょい高くなりそう。価格面では丸亀製麺は負けてませんよ!

「丸亀製麺 宜野湾」わたしオリジナルの天ぷらセット(えび180円×2、かしわ180円×1、まいたけ180円×1)

無料のトッピングコーナーで、なんとなく青ネギを白ごはんに広げてしまいました。色味的にちょっと寂しいかなって思ったくらいで、特に理由はありません。が、これはこれで後半によいアクセントとなったので、結果わたしナイス!という感じ。

「丸亀製麺 宜野湾」天ぷらを盛り付けるごはんの上に無料のネギを敷いた

購入した天ぷらを盛り付けます。えび天をそそり立つように盛り付けるのがポイントです。

「丸亀製麺 宜野湾」白ごはん(140円)の上に天ぷらを盛り付けて完成

盛り付けたら小鉢に取り分けた天丼のたれを回しかけようかなと思ったのですが、天丼のたれだけで完食を目指すのは変調がなく、味に飽きそうだなぁと思い、一口ずつつけて食べる作戦に変更。

「丸亀製麺 宜野湾」カツオ出汁が香る甘めの天丼用たれに天ぷらをつけて食べる

ときどき塩で食べてみたり、うどんの出汁に天ぷらをつけて食べたり。味を変えるのが最後まで戦えるポイントです。こうなると、天丼ではなく天ぷら定食化してる気がするけど、まあキニシナイ。

「丸亀製麺 宜野湾」天ぷらを塩で食べてもいい

途中、薬味の青ネギと白ごはんだけを食べたりしました。お口のリセットです。丸亀製麺の青ネギは辛すぎないし、シャッキシャキの食感で、お口直しにちょうどいいんです。

「丸亀製麺 宜野湾」天ぷらの合間に、無料ネギと白ごはんを頬張る

えび天の後ろに潜んでいたのは、茶色くてデッカいまいたけ天と、とり天。特にとり天はボリューム満点で、戦う相手としてかなり大変でした。ほんとは半熟玉子天やかぼちゃ天でいいんだよ… 戦う相手を間違えたというか、天ぷらコーナーにそもそもいなかった…

「丸亀製麺 宜野湾」かしわ天ぷらがワイルドな大きさで苦戦した

天ぷらをやっつけた後、白ごはんが残っていたので温泉玉子(90円)でTKG的にいただきます。

「丸亀製麺 宜野湾」温泉玉子(90円)を乗せて食べる

間も無く完食というところで、ご主人サマーから「半分食べるっていうから取ったのに…」と、野菜かきあげ(170円)が半分回ってきました。ここに来て天ぷら界最強のライバルが出現!まあ、そんなことは言いながらも、なんとかお腹に収めました。

「丸亀製麺 宜野湾」ご主人サマーから回ってきた野菜かきあげ(170円)の半分

ということで、丸亀製麺 宜野湾店でうどんを食べずに、お好み天丼的なハイカロリーランチをこなしてきました。消化の悪そうなイカ・ちくわ、そして繊維質のレンコン・サツマイモを外すと、胃全摘したわたしが食べられそうな天ぷらがほとんどなく… ほんとはキノコ類もえび天もあまり良くないかもしれません。が、なるべく無理のない範囲で食べられそうなものを選びました。

後からじっくり天ぷらメニューを振り返り、メンチカツも乗せておけばよかったなぁと思ったりして。野菜かきあげとメンチカツの組み合わせ、ハイカロリーでネタ的には悪くないよね。

余談ですが…
白ごはんに無料サービス類(天かす・青ネギ・うどん出汁)だけをかけた「天かす丼」「丸亀丼」「たぬき丼」「天茶」とか呼ばれているアレ。丸亀製麺公式SNSでも試していたので、アリッちゃーアリなんでしょうけれども。記事ネタとして使いたいライターの気持ちはわからなくもないけれど、うどんのサイドとしてならまだしも、お代が白ごはん140円だけというセコすぎる姿勢が大の苦手で、わたしは絶対にやりません。逆に、天ぷらをトッピングしまくりたいよ〜!
終わり。

お店の情報

店名 丸亀製麺 宜野湾店
住所 〒901-2224
沖縄県宜野湾市真志喜5丁目2-8
営業時間 10時半〜23時
定休日 不定休
駐車場 お店の敷地内にあり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-ランチ, 丼もの, 和食, 宜野湾市, 沖縄本島中部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-