「守良屋(すろーやー)」集落にひっそりと佇む、無化調の優しい沖縄そば。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」守良屋そば(750円)とお庭

何かの拍子に目にした店名に惹かれることってありませんか。わたしにとってのそれは、名護市許田の「守良屋(すろーやー)」でした。沖縄そば屋さんを探しているときに存在を知り、その日から店名が気になって訪れるチャンスを待っていたのです。さっそくレポート行ってみよ〜!

名護の沖縄そば「守良屋(すろーやー)」について

どこにあるの?

守良屋(すろーやー)は沖縄県北部の名護市許田にあります。沖縄自動車道の許田ICからすぐ、ヘリオス酒造も目と鼻の先といった場所。お店の周辺はいわゆる集落で、道路は狭くスピードを出して走るような雰囲気ではありません。ゆっくりと、人や車が出てきても瞬時に止まれるような速度で移動しましょう。集落といっても、店名をカーナビアプリに打ち込めば迷うことなく到着できるはず。

こちらは集落に入る直前に見かけた看板です。恩納村方面から目に入るような場所に立てかけられていました。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」の看板

駐車場は?

場所柄、車での移動が必須な場所かと思います。お店から1分ほどの場所に駐車場が完備されていました。広々とした駐車場で、いったい何台停められるのでしょう。かなりのスペースがありました。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」の駐車場

お店の様子(外観・店内)

緑の中に佇むこぢんまりとした古民家が守良屋(すろーやー)です。まるで山と共存しているかのよう。自然に囲まれて生活する贅に、自分の幼少期を思い出させます。

名護市許田の沖縄そば「守良屋(すろーやー)」のお店外観

入り口が開け放たれた店内に入るとカウンター席、テーブル席、お座敷席がありました。大雨に見舞われた平日のためか、お客さんは我々のみ。濡れた足元を拭いて、畳に上がらせていただきました。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」の店内(小上がり席から)

お座敷席を選んだのは、古民家の窓の外に広がる原生林やお庭を楽しみたかったから。カタブイが去り、太陽の光をたっぷりと受け止める葉のなんと眩しいこと!庭先にバナナが実る沖縄そば屋さんなんていかにも沖縄らしくて、自然体でいいお店ですね。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」古民家のお庭は緑が豊か

メニュー

守良屋(すろーやー)のメニューです。沖縄そばは4種類。三枚肉の沖縄そば、本ソーキが乗せられたソーキそば、三枚肉と本ソーキが乗った守良屋そば、その名の通りてびちが乗ったてびちそば。そしてサイドはジューシーと島らっきょ塩漬けと、オリオンビールといった構成です。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」のメニュー

実食!グルメレポート

守良屋そば(750円)

わたしは三枚肉と本ソーキのどちらもいただける、守良屋そば(750円)を注文しました。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」守良屋そば(750円)

まずはスープから。あっさりと上品なカツオが香ります。守良屋(すろーやー)は化学調味料不使用のお店なので、味わいは優しい感じ。最初は薄味に感じたけれど、食べ慣れるとこのくらいでちょうどいい気も。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」守良屋そば(750円)のスープ

手打ち麺は幅広い縮れ系。お店の方が夜な夜な手打ちしているそうです。もちっとして、お腹に溜まるのでボリュームが多いのかな、とお店の方に尋ねてみたところ「200グラムあるかないか」とのこと。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」守良屋そば(750円)の平打ち縮れ麺

三枚肉と本ソーキも濃い味付けではありません。分厚いお肉が柔らかで、本ソーキの骨はするりと抜けるよう炊かれています。どちらも豚臭さがなく、丁寧な仕事が伺えました。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」守良屋そば(750円)のお肉は三枚肉と本ソーキだった

生の針生姜を出してくれる沖縄そば屋さんは、わたし的に大当たり。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」守良屋そば(750円)の生姜の千切り

お店の方に「フーチバーは大丈夫ですか?」と問われ、大好きです!と回答。サービスでいただけて、とっても嬉しい!

名護市許田「守良屋(すろーやー)」トッピングにフーチバーをつけてくれた

早々にフーチバーでいただきます。守良屋(すろーやー)のそばは全体的に優しい味なので、存在感の強いフーチバーの個性が優位です。わたしはフーチバーが好きなので、おいしくいただきました。肉とフーチバーを合わせてもよし、麺&スープにフーチバーを合わせてもよし。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」守良屋そば(750円)とフーチバー

最後はやっぱりコーレーグスで味変。風味が変わり、辛味も加わって、味がギュッと強まる感じがしました。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」守良屋そば(750円)にコーレーグスを入れて味変

沖縄そば(650円)

こちらはお子サマー用に注文した沖縄そば(650円)です。三枚肉とかまぼこ、小口切りのネギがたっぷりと盛り付けられています。この日、守良屋(すろーやー)を訪れる前に海遊びをしていた我々。体を動かしてお腹ペコペコという背景もあったと思いますが、味の濃さも麺の食べやすさも4歳児にちょうどよかったようで、1人前をぺろっと食べてしまいました。

名護市許田「守良屋(すろーやー)」沖縄そば(650円)

ジューシー

帰り際、「今日はもうお客さんが来ないと思うから」とジューシーを手渡されました。えっ、いいんですか!サービスでいただいたジューシーは沖縄そばと同様、アッサリとした味付け。食べていると甘味が深まり、このジューシーを沖縄そばのスープに沈めて食べたい欲が強まりました。次回はジューシーを注文するんだ!

名護市許田「守良屋(すろーやー)」帰りにジューシーをいただいた

まとめ

ということで、名護市許田にある「守良屋(すろーやー)」でランチしてきました。やんばるの森に抱かれる沖縄古民家は客席からの眺めが素敵で、健康的なスープに手打ちの平打ち縮れ麺がおいしかったです。子連れ客用にミニチェアや絵本なども用意されていました。家族で安心して食べに訪れられるのも嬉しいです。帰り際、店先にいるカメを見せてもらいました。子どもが「カメさんのいる沖縄そば、またいきたいね」と時々口にするので、リピート確定です。
終わり。

お店の情報

店名守良屋(すろーやー)
住所〒905-0024
沖縄県名護市許田380
営業時間11時〜16時
定休日木曜
駐車場近隣に専用駐車場あり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランチ, 名護市, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-