「回転寿司 函館旬花」早くも人気!五稜郭タワー横の新店で地元ならではのおいしい寿司ネタを食す!

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」のお寿司

函館帰省中、天気のよかったこの日。朝から函館山登山をしたり、五稜郭公園で満期の桜を眺めたり。しっかりお腹を空かせて向かったのは、五稜郭タワー横の一等地にオープンしたばかりの「回転寿司 函館旬花」です。今回の帰省で絶対訪れたいと思っていたお店のひとつです。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」の外観

店内にはカウンター席とテーブル席がぐるりと設けられています。天井が高く、イカ釣り漁船のライト的なものが天井からぶら下がっていました。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」の店内

時刻は13時半。この時間なら間違いなく混雑しているだろうと腹を括りつつ、店頭で順番待ちの受付を済ませます。回転寿司 函館旬花では、番号が近くなったらスマホに着信が届くシステムを導入しているので、受付後に外で待てました。後から調べたところ、EPARKのネット予約もできたみたい。これ、今後のためにもメモっておこう。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」では順番待ち受付ができる

予約受付から60分は待つだろうと覚悟していたのですが、実際の待ち時間は20分程度でした。超ラッキー!カウンター席・テーブル席のどちらでもOKとしていたのも功を奏したのかもしれません。我々は8人は座れそうなテーブル席に案内されました。子連れなのでありがたし。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」のテーブル席

着席したら、まずはメニューをチェックです。回転寿司 函館旬花の回転寿司は130円〜600円まで8種類のお皿があります。価格設定は決して高くはありませんが、わたしの好きなネタは中盤から高額なお皿に集まっているなぁという印象。メニュー裏面にはドリンクや逸品メニューなどがあり、またこの日の一押しメニューも用意があって、何度訪れても旬の海の幸を楽しめそうだと思いました。

回転レーンにまわるお寿司もありますが、決して列をなしている状態ではありません。ここから取ってもよいけれど…

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」の回転レーン

やっぱり注文用紙でオーダーするほうが自分好みの寿司ネタをいただけそうです。メニューを見ながら、一気にガガッと書いて手渡します。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」の注文用紙

まずは、イカ耳(180円皿)。函館といえば、やっぱりイカ。近年の温暖化もあってかイカの水揚げ量が減っているのは地元から離れて暮らすわたしの耳にも届いています。それでもやっぱり食べたい。イカ耳はリーズナブルなお皿で回ってきますが、イカの胴体よりもコリコリとした食感がおいしいです。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」いか耳握り(180円皿)

続いて、にしん(230円皿)。北海道のでしか食べられない光り物であろう、にしん。丁寧に骨切りの処理がされて、おいしくいただけました。なんぼでも食べられるわ。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」にしん(230円皿)

そしてこの日の魚でいちばんおいしかった、活〆さめがれい(350円皿)。独特の脂乗りにさめがれい特有の香り。海の街に育った人間にはたまらんですね。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」活〆さめがれい(350円皿)

こちらはお子サマーの玉子(130円皿)。2皿分を一気に注文しなければ怒られるので、いつもこんな調子です。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」玉子(130円皿)

さば西京焼き握り(230円皿)は、火が通っている魚なのでおかんとシェアしていただきました。西京焼きのさばを想像してください。きっとそのまんまの味わいです。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」さば西京焼き握り(230円皿)

おかんがタラコだと思ったら、実は生魚だったためにわたしの手元にきたという、食べる予定になかったねぎとろ軍艦(180円皿)。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」ねぎとろ軍艦(180円皿)

活〆はまち(230円皿)は美しく、そしておいしい一皿でした。なんぼでも食べられる(本日2回目)。ところで回転寿司 函館旬花のお皿はアイヌ文様をモチーフにしているような柄で、色合いも可愛らしいと思いませんか。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」活〆はまち(230円皿)

こちらは北寄ひも(180円皿)。北寄貝の身も好きだけど、ひもも好きだったりします。こういうのは、活きがよくないと食べられないよね。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」北寄ひも(180円皿)

回転寿司 函館旬花には玉子系が3種類あるんですよね。握りに巻物にサンド。こちらはおかんがいただいた玉子サンド(130円皿)です。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」玉子サンド(130円皿)

この日、想像以上に回転寿司 函館旬花がおいしかったものですから、実のところ食べ過ぎました。でも最後の最後にどうしても食べたかったのが、紅鮭筋子醬油漬け(350円皿)です。大きめの粒に酒と醬油が効いて、なまらいんでないかい!食後のデザートの代わりになりました。

函館市五稜郭町「回転寿司 函館旬花」紅鮭筋子醬油漬け(350円皿)

ということで、函館の五稜郭タワー横にある「回転寿司 函館旬花」でランチを食べてきました。今回の帰省では、函館市内の回転寿司を2軒食べました。その結果、根室花まる キラリス函館店よりも回転寿司 函館旬花の方がおいしかったとわたしは思っています。リピートするならこちらだなぁ。

まだ新しいお店なので今後どのようになるかわかりませんが、グルメ回転寿司 函太郎やその他のチェーンもあるのでおいしさを切磋琢磨してほしいものですね。次回の帰省を楽しみにしています。
終わり。

お店の情報

店名回転寿司 函館旬花
住所〒040-0001
北海道函館市五稜郭町29-18
営業時間11時〜21時
定休日不定休
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-お寿司, ランチ, 五稜郭, 函館市, 北海道, 和食, 都道府県別, 食べ歩き
-