ランチ 恩納村 沖縄本島北部 黄色いカレー

恩納村「シーサイドドライブイン」24h営業の老舗レストランがオススメ!

投稿日:2017年1月4日 更新日:

先日、沖縄本島のリゾートエリア・恩納村へ行ってきました。那覇から路線バスを使って向かいつつ、途中下車してランチを食べに入ったのは、長いことお邪魔するのを狙っていた「シーサイドドライブイン」。こちらは1967年創業、24時間営業の老舗レストランです。

恩納村「シーサイドドライブイン」へ行ってきた!

那覇から北上する路線バスを「仲泊(なかどまり)」というバス停で降り、約500mほど歩いて「シーサイドドライブイン」に到着しました。今までお店の場所がわからなかったのですが、国道58号線から外れた場所にあるからなんですね。車で通りかかっても見つけられないわけだわ。

恩納村の老舗レストラン「シーサイドドライブイン」の外観

いざ、老舗ドライブインの店内へ!

こちらがお店の入り口です。表に人気メニューがいくつか掲げられていました。シーサイドドライブインで何が食べたいとか、どれが名物なのかとか、まったくわからずにやって来たので、入り口でしげしげとメニューを眺めつつ入店です。

恩納村「シーサイドドライブイン」の入り口

店内に入ると、まず目に飛び込んでくるのは、待合席と順番待ちリスト。スタッフは見当たらず、ここで待てばいいのかな〜なんて思っていたら、キッチン側から「お一人ですか?」と声をかけられました。そしてそのまま「27番ね〜」と案内を受けます。が、どこに27番テーブルがあるのか。

入り口を入るとすぐに受付がある

初めて来たので、言われたテーブルの場所がわからず、店内を見回します。テーブル席は2名席、4名席、団体席と分かれていて、人数に合わせて客席を合体させたりもするみたい。

恩納村「シーサイドドライブイン」の店内(その1)

店名通り、シーサイドドライブインは海沿いにあります。そのため店内から沖縄西海岸の海を眺めることも可能です。この日は干潮だったのですが、満潮の時はお店側まで波がありそうですね。

シーサイドドライブイン裏手から西海岸の海を臨む。

海沿いの窓側にあるのは4名、6名席ばかりでした。

恩納村「シーサイドドライブイン」の店内(その2)

おひとり様用の27番テーブルは駐車場側にありました。テーブルに座り、窓の外に並ぶ車を眺めます。ナンバーを見ると地元客が多いようです。ちょうど12時頃に入店したのですが、タクシー運転手や作業服のおっちゃんも食べに来ています。シーサイドドライブインは地元客がよく食べにくるお店なんですね。

店員さんに「27番ねー」と言われ、27番テーブルへ移動する

シーサイドドライブインのメニューをチェック!

それでは、こちらのお店のメニューをチェックです。さすが24時間営業のお店、朝8〜11時までのモーニングメニューもありました。モーニングは玉子料理がメインのようですね。中にはステーキと玉子という沖縄らしさが溢れ出すものも。朝からがっつりイケないあたしは、フレンチトーストとコーヒーかな。

恩納村「シーサイドドライブイン」のメニュー(その1)

こちらはモーニング以外のメニューです。定食屋さんのAランチのような、こってり&ガッツリ系のスペシャルランチがあったり、揚げ物系、フライライス、カレー、定食系、丼物など、和洋中が揃っています。

恩納村「シーサイドドライブイン」のメニュー(その3)

ご飯もの以外だと、パン系も揃っています。サンドイッチ類やハンバーガーメニューは単価が安いんです。250〜500円ととってもお手頃!

恩納村「シーサイドドライブイン」のメニュー(その2)

あれもこれも気になっちゃってどれを食べようか、10分くらい悩みました。地元客のみなさんのオーダーを聞いて見ると、白身魚フライとかスパゲティミートソースが人気っぽい。何を食べようかアレコレ悩んで、結局後ろの席のタクシー運転手さんを参考に、オーダーしてみました。困ったときは、地元のお客さんの注文をマネするのが間違いない!

お腹ペコペコ!名物スープ&ビーフカレーを食す!

まずやってきたのは、スープ(200円)。これ、シーサイドドライブインの名物なんです。

恩納村「シーサイドドライブイン」の有名なスープ(200円)

クラムチャウダーやシチューのようなクリーミーで、それでいて飾らない優しい味。細かく刻まれた具材が入っています。スパムのようなものも。これは沖縄特有のスープだなぁ。お皿いっぱいに入って200円は安い!味・価格ともに大満足です。

おいしいスープには、細かく刻まれた具が入っている

続いて、ビーフカレー(800円)がやってきました。ビーフカレーというか、沖縄らしさ満載の黄色いカレーですね。久しぶりにいただきます!

恩納村「シーサイドドライブイン」のビーフカレー(800円)は沖縄らしい黄色いカレーだった

黄色いカレーは、お店によってルウのとろみ加減がかなり異なります。シーサイドドライブインの黄色いカレーは一般的なカレーと同じくらいのかたさです。辛さは全然強くないけれど結構スパイシー。食べ進めるとじわっと汗をかいてきます。これはウマいなぁ。

シーサイドドライブインの黄色いカレーは、スパイシーでおいしい

薄切りのお肉は柔らかく食べやすいです。野菜は玉ねぎ、にんじん、ピーマン。少し硬めのご飯の炊き方もカレーによく合います。どことなく中華出汁のような風味を感じるのですが、それが隠し味なのかなぁ。カレー皿はそんなに大きく見えませんが、お皿に深さがあるのでボリュームがしっかり。おかげでお腹いっぱいになりました。

薄切りの牛肉は柔らかく、思いの外ボリュームたっぷり

歴史を感じる、旧車バイクとジュークボックスが店内に。

お腹が満たされた後は、店内でしばし休憩です。シーサイドドライブインの店内には旧車バイクやジュークボックスなどが並んでいて、それらを眺めさせてもらいました。塩害の激しい沖縄で、こんなにピッカピカの旧車バイクをお目にかかれるとは!元ライダーとしてはめちゃくちゃ嬉しくなりました。こんな楽しみ方も、老舗ドライブインならでは。

カスタムしまくりのイカしたマシンたち!

まずはホンダのドリームCB400FOURと思しきマシン。ホイールがスポークじゃないのと、シングルシートになっていること、それとエンジンからマフラーに繋がるパイプが黒いので、いろいろカスタムしてそうです。が、いずれにしてもカッコイイ!元ナナハンライダーのおとんに見せたら、とっても嬉しがりそう!

店内には往年の中型バイクが並んでいた(ドリームCB400FOUR)

お次はカワサキのKH400。1976年か77年に発売されたマシンでしょうか。タンクに入ったゴールドのラインや社名ロゴを参考にネット検索しても、なかなかヒットせず。こちらもホイールがスポークからキャストに変更してますね。あとはハンドルがバーハンからセパハンにチェンジされてる模様。ライムグリーンじゃない渋めのカワサキカラーもイカしてる!

店内には往年の中型バイクが並んでいた(その2)

そして最後にミニバイク。ホンダのモンキーみたいだぞ?と近づいて見ると、カワサキでした。えーっ、カワサキに50ccのスポーツタイプがあったんだ!こちらはAV50というマニアックなマシンです。シートやマフラー、ホイール周りをかなりカスタムしてますね。ああ、しかもフロントフォークを倒立にしてるし!めっちゃカッコイイ〜!

店内には往年の中型バイクが並んでいた(その3)

中免を持ってる程度のあたしでも大興奮でした。まさか、恩納村のドライブインでこんなにバイクに興奮するとは。沖縄本島をツーリングしようと思っているライダーの皆さん。安全運転のためにも、是非シーサイドドライブインで休憩をしてください。

ジュークボックスやおもちゃ・ミニカーも。

バイクの他、ジュークボックスやおもちゃなども展示がありました。ジュークボックスは現役で、2曲100円で流すことができるみたい。ピンクレディーやテレサテン、キャンディーズ、アリス、QUEENなどの有名アーティストが流せるみたいです。おもちゃ類はキカイダー、アラレちゃん、アトム、ノラクロくんなどが並んでいました。ミニカーの展示コーナーもあったのですが、そちらはあまり詳しくないので割愛。

シーサイドドライブインの店内にはジュークボックスも

テイクアウト専用カウンターを使ってみた。

車の練習で恩納村まで行ったので、シーサイドドライブインのテイクアウト専用カウンターに立ち寄ってみました。ここでランチをいただきます。

お店の外からオーダーしてテイクアウトも可能

テイクアウト専用カウンターのメニューはこちらです。ドリンク各種にサンドイッチ、ハンバーガー、フライドチキン、タコスボール、フライドポテトなど。食事ものはさっと食べられるメニューばかりです。

恩納村「シーサイドドライブイン」のテイクアウト専用メニュー

テイクアウトカウンターで注文とお支払いを済ませると、出来上がりを教えてくれるブザーを手渡されました。出来上がりまで、車の中で待ちます。

テイクアウトのフードが出来上がったらブザーでお知らせしてくれる

今回テイクアウトしたのは、シーサイドサンド(480円)。ワックスペーパーで包み、輪ゴムでさっと止めただけのこのスタイル、好きです。

テイクアウト用のシーサイドサンド(480円)

ワックスペーパーを開けると、シーサイドサンドのお出まし。具材はレタス、トマト、ベーコン、ハム、チーズ。酸味のあるマヨネーズがよく合う!食パン3枚のボリュームはお腹をほどよく満たしてくれます。パンは焼かれてほんのり温かいので、パサパサしないから食べやすかったです。これはウマいわ。

シーサイドサンドを包みから出してみた。

ちなみにドライブイン店内は朝8〜夜24時までの営業ですが、このテイクアウト専用カウンターは24時間利用可能。さくっと食べられるフードばかりなので、夜中や朝方に重宝しますね。

恩納村「シーサイドドライブイン」のまとめ!

ということで、恩納村にある24時間営業の老舗店「シーサイドドライブイン」へ行ってきました。ランチはもちろん美味しかったのですが、ホンダとカワサキの旧車マシンに出会うという思わぬ収穫もあり、非常に印象に残るお店となりました。次回は天気の良い日に海側のテーブル席に座りたいなぁ。お店は沖縄本島の西海岸沿いなので、サンセットも楽しめそうですね。ちゃんぷるーなどの観光客向け沖縄料理はありませんが、地元民向けの飲食店に行きたいと考えている旅行客にオススメしたいです。
終わり。

住所:〒904-0415 沖縄県国頭郡恩納村仲泊885

沖縄県国頭郡恩納村仲泊885

(*・ω・)つ 沖縄のランチまとめもどうぞー♩ 

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ



  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, 恩納村, 沖縄本島北部, 黄色いカレー
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.