北谷町「Sandbox Burgers」肉厚でウマい!味わいマシマシなアメリカンハンバーガー!

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」のハンバーガーを食べてきた

ご主人サマーが「北谷のハンバーガー屋さんに行きたいのよ〜」というので、ホイホイついて行くことにしました。向かったのは北谷町宮城にある「Sandbox Burgers(サンドボックス)」です。こちらはサンエー北谷はまがわ店横にあるハンバガーショップで、以前から気になってはいたものの、駐車場台数が少ないため訪れられていなかった宿題店でした。

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」の外観

我々は平日のオープン時間ピッタリに訪れたので、お店下の駐車場に入庫できました。が、やっぱり専用駐車場は店舗下の2台分しかないようで、満車の場合はコインパーキングなどを探して停めるしかないかもですね。

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」駐車場の説明

Sandbox Burgersの入口は建物の2階にあります。アメリカンな感じにテンションが上がる!やっぱハンバーガーといったらアメリカだよね〜!

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」の入り口

Sandbox Burgers店内もアメリカンな雰囲気。米軍関係者の多い北谷らしさが溢れています。このあと12時のピークタイムを境に、店内は満席近く賑わいました。週末はアメリカ人で溢れるそうで、それはそれでいい空間だろうなぁ。店内は甘いバンズの香りが漂い、わくわく感が増します。

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」の店内

注文方法はセルフオーダー式でした。タッチパネルの券売機で、自分で注文と決済を済ませます。日本語バージョンもあるので、落ち着いてメニューを確認できれば注文は難しくないはず。現金もクレジットカードも使えます。

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」はセルフオーダーを導入している

とはいえ、タッチパネルに抵抗のある人もいるかもなので、一応メニューの写真もこちらに用意しておきます。お店のオススメはサンドボックス、トリュフうまみバーガー、ラムバーガーあたり。初回訪問なので、わたしはここから注文を選びました。単品オーダーなら1000円以下のハンバーガーもあるし、お腹いっぱい食べたいならポテトセットを選べば良いでしょう。キッズプレートもありました。こちらは2023年7月時点の情報なので最新版はお店でご確認を。

わたしはサンドボックスセット(1490円)にドリンクバー(+290円)をつけて、合計1780円でした。ちょい高めの設定と思ったけれど、出てきたバーガーのビジュアルに心が浮かれて、値段のことは忘れました。めっちゃうまそー!

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」サンドボックスセット(1490円)にドリンクバー(+290円)をつけた

バンズはふわっと甘い香りが漂う自家製のブリオッシュ系で、焼き目がザクッ。下にはサクサクのケイジャンオニオンストリングス、自家製ベーコン、アボカド、チェダーチーズ、オリジナルのスパイシーソース、そしてつなぎ無しのアンガス牛100%ビーフパティが重ねられていました。

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」サンドボックスバーガーのポテトセット(1490円)

目測2cm以上ありそうなパティは、とにかくビーフみに溢れています。牛肉のおいしい香りで、どこかスモーキー。かぶりつくとほろほろと崩れる柔らかさでした。オリジナルスパイシーソースそのものは結構辛めですが、ナチュラルチェダーチーズとアボカドでスパイシーソースがマイルドになります。ベーコンのオイリーさと旨みは控えめかな。ケイジャンオニオンストリングスがサクサクとおいしいです。これ、キャプテンカンガルーのスパーキーバーガーを思い出しますね。

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」の肉厚なパティはほろほろと崩れる柔らかさ

添えられたセットのポテト。ボリュームが結構あってスゴいんです。ジャガイモにもこだわっているんだそう。カリッと揚げられたポテトに甘めのケチャップがおいしかったなー。

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」のポテト(+300円)

ドリンクバーはセルフサービスです。グラスを店員さんから受け取ったら、マシンで自分で注ぎます。この日はコーラを2杯いただきながら、ハンバーガーとポテトを食しました。

北谷町宮城「Sandbox Burgers(サンドボックス)」ドリンクバー(+290円)

ということで、北谷町宮城にある人気バーガーショップ「Sandbox Burgers(サンドボックス)」へ行ってきました。このお店のハンバーガーは確かにおいしいです。おいしいのですが、ただ、ちょっとゴテゴテしている気もします。というのも、ブリオッシュバンズを使用しているのが要因と思うのです。

Sandbox Burgersのバーガーからは、パティや具材にこだわっている様子がうかがえます。であれば、バンズはシンプルがベストでは…と個人的に思うのです。具材もソースも足し算で、卵やバターの風味をふんだんに味わえるブリオッシュバンズも足し算すると、全体感がコッテリしすぎちゃうなぁとわたし個人は考えるんですよね。

北谷のハンバーガーは、ブリオッシュバンズが多いかもしれません。これ、もしかすると、エリア的にアメリカ人の好みに寄せているのかなぁ。それはそれで戦略としてアリですよね。肉汁をバンズに染み込ませて口の中でとろけさせるならば、ブリオッシュが最適かもしれません。でも、この店の具材を引き立てるなら、もっとシンプルなバンズの方がわたし好みだな〜って思いました。完全に自分の好みの話です。笑

わたしの味覚をアメリカ寄りにするのか、アメリカ好みから離れた方がいいのか。これはもう少しブリオッシュバンズを食べ慣れてから、改めて検証する必要がありそうです。沖縄ハンバーガーを極める旅は、まだまだこれからも続きそうだなぁ。
終わり。

お店の情報

店名 Sandbox Burgers(サンドボックス)
住所 〒904-0113
沖縄県中頭郡北谷町宮城1-20
営業時間 11時半〜20時
定休日 月曜
駐車場 お店の1階部分に2台分あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-お肉, ハンバーガー, ランチ, 北谷町, 宮城エリア, 沖縄本島中部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-