函館「泣く子も駄菓子」ここはお菓子の天国!自主的に駄菓子を選び買い物を学ぶ場としても使えます。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」で売られるパウダージュース

函館山とは逆サイドの山の上に、謎めいた駄菓子屋さんがありました。その名も「泣く子も駄菓子」。函館の市街地から離れた陣川町という山の上にありながら、子ども連れの親子で賑わうお店です。函館伏白稲荷温泉の向かい側にあるので、通り過ぎることはないと思います。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」の外観

入り口には「店内写真撮影OK」の文字。したっけ、ガッツリ写真撮ってきましょう。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」は店内撮影OKなのでガシガシ撮影していく

泣く子も駄菓子の店内には仕切りがなく、ワンフロアにズラリと駄菓子が並べられています。わたしがイメージする駄菓子屋さんは手の届くサイズ感のお菓子屋さんだったけど、ここは稀に見る大きさです。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」の店内

この日は飛石連休の平日だったのですが、少子高齢化が進んでいる函館の割にキッズがいっぱい。週末はもっとわんさかいるんだろうなぁ。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」の店内写真

駄菓子を見て回ると、駄菓子業界にも税込表示の義務が。昔は5円10円のわかりやすい価格だったろうに、最近の小学校低学年の子たちは暗算しにくかろうなぁ。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」で売られている駄菓子

うまい棒もいつの間にか13円になっていました。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」で売られているうまい棒

パウダージュースが気になる様子のお子サマー。この懐かしいパッケージ、カーチャンは七夕でもらったことを思い出しました。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」で売られるパウダージュース

見たことのないお菓子も揃っています。くるみ餅とかミルク餅に混ざって美鈴珈琲のお菓子が並んでいるのが函館らしさ。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」いろんなお菓子が売られている

駄菓子屋さんといえば、くじ引き!1回300円の千本つり大会なる大掛かりな装置に、カーチャンが子どもの頃とは全然違うぞ!と驚き。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」千本つり大会のくじ

一方で、懐かしのオレンジヨーグルが健在だとわかりホッとします。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」オレンジヨーグルも売られている

駄菓子に混ざり、おもちゃ類も販売されていました。お子サマーが無駄に欲しがらないよう別ルートへ誘導し…

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」懐かしい駄菓子も知らない駄菓子もある

いまどきペロペロキャンディなんて欲しがる子どもいるの!?とおかんと会話しつつ…

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」大きなペロペロキャンディー

え、待って。このカレー味のせんべい懐かしい、食べたい!と目を輝かせるなど。遠い昔に通ってた駄菓子屋さんにあったんだよなぁ、これ。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」なつかしカレー味も売っている

若き日にお世話になったヤングドーナツもお元気そうで、何よりでございます。いろいろ懐かしくて、子どもはもちろん大人も楽しめそうですね。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」ミヤタのヤングドーナツも!

泣く子も駄菓子の店内には、無料でいただけるドリンクもあります。お菓子とサービスのお茶で休憩できちゃうの、いんでないかい。

函館市陣川町「泣く子駄菓子」無料サービスの煎茶・コーヒーもある

この日、カゴを持たせたお子サマーが購入した駄菓子はこちら。購入点数16点、金額にして410円でした。滞在時間25分もお買い物を楽しめてこの価格なら全然安上がりです。

函館市陣川町「泣く子も駄菓子」お子サマーが購入したお菓子類

ということで、函館市陣川町にある「泣く子も駄菓子」でお買い物してきました。懐かしい駄菓子がいろいろと売られているので大人もキョロキョロしてしまいます。まさにお菓子の天国!

今回はお子サマーに自主的に買い物をさせてみたのですが、本人に買う量を決めさせられたのも、学びにつながったのではと思います。アレもコレも欲しがってカゴに突っ込むのではなく、しっかり選んで「もうこれでいい」なんて言えるんだねぇ。購入の様子を眺める側も子どもの成長が楽しめてよかったです。
終わり。

お店の情報

店名泣く子も駄菓子
住所〒041-0833
北海道函館市陣川町107
営業時間10時〜18時
定休日不定休
駐車場店前に駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-スイーツ, 函館市, 北海道, 美原・桔梗, 都道府県別, 食べ歩き
-