「Ramen武蔵家 那覇牧志」アーケード街のシメラーは豚骨醤油で決まり!沖縄家系元祖に吸い込まれる。

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」味玉らーめん(950円)にほうれん草(+150円)をトッピング

月に一度か二度くらい、夜遊びを楽しんでおります。体調のこともありますし、コロナやらインフルやら流行病だって継続していますけれど、楽しく生きる上での息抜きはとても大事です。この日はいつものお店でまったり飲み、酔い覚ましを兼ねてアーケード街を夜散歩していました。すると、わたしの行く手を阻む看板があらわれた!

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」アーケード沿いに出された看板に釣られて店内に吸い込まれた

ここは那覇の中心地、豚骨醤油らーめんがクセになる「Ramen武蔵家 那覇牧志」があるサンライズなは商店街です。夜遅めの時間帯ですが、まだ暖簾は出てるし看板も灯いています。となると、ラストオーダーはまだ終わってないかも。淡い期待を抱えつつ、欲望のままにシューッと店内に吸い込まれました。

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」はサンライズなは商店街沿いにある

店内では、お酒を飲みながら談笑する酔客や、ソロ客数名がラーメンをすすっています。客席はカウンター6席、テープル2席ほど。店先にテラス席もあるので店内はコンパクトなのかもしれません。店員さんに確認するとラストオーダー前だったので、わたしはカウンター席に座りました。

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」の店内

店内を眺めていると「日本にはラーメンライスという美しい言葉がありまして…」という素晴らしいポスターが掲げられていました。これは美しい。美しすぎて眩しい。このポスターでめっちゃテンションが上がった酔っ払いのわたし。絶対いいお店でしょ!

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」日本にはラーメンライスという美しい言葉がありまして。

さて、Ramen武蔵家 那覇牧志店はお初ですから、しっかりメニューを確認します。基本の家系はトッピングで遊べそうだし、スペシャルトッピングな沖縄盛りなんてのもありました。麻辣豚骨もちゅら塩らーめんもおいしそうだけど、この日の気分的には豚骨醤油おつまみメニューも用意されてる。背脂ポテトとか、コレステロール気になるやーつ!このメニューは2023年9月のものなので、最新版はお店でご確認を。

この日は、豚骨醤油ラーメン(850円、2023年9月時点)に、味玉(+100円)とほうれん草(+150円)をトッピングでオーダーしました。Ramen武蔵家 那覇牧志では味の濃さ・油の量・麺の茹で加減をお好みで選べます。わたしは味と油はふつう、麺はやわめでお願いしました。

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」味玉らーめん(950円)にほうれん草(+150円)をトッピング

まずは茶濁なスープから。塩気を感じる豚臭系。ああ〜っ、これはギルティ!ウマすぎてけしからん!ゲンコツと背ガラのセキスたっぷりスープに鶏油を組み合わせているんだとか。ちょうどよい濃厚さにレンゲが止まらず、ゴクゴクと飲みました。

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」豚骨醤油らーめんのスープ

麺は柔らかめの中太ストレート。短めで啜りやすかったです。やわめにしたためでしょうか、臭旨スープとの相性がやたらとよく感じました。ところで、あっという間に麺が消えちゃったんだけど、誰かワイのラーメン食べたんかってくらい麺量が少なめでしょうか。シメラーにちょうど良いですね。

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」豚骨醤油らーめんの麺

ノーマルのトッピングは豚、ほうれん草、海苔3枚。厚めカットのチャーシューはホロホロ。口の中でほぐれるどころか、箸で持ち上げると崩れる柔らかさです。そこにほうれん草をトッピング(+150円)して野菜たっぷり。これはもうサラダだわ!豚骨醤油にほうれん草、どうしてこんなに相性がよいのでしょう。

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」トッピングしたほうれん草(+150円)

麺に海苔を巻いてズルズル。ほうれん草に巻いてズルズル。ウマぁ〜!

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」の豚骨醤油らーめんには海苔がめちゃくちゃ合う

後半、卓上調味料で味変祭りを開催しました。まずはおろしニンニクを。ウマすぎて飛びました。豚臭さが消えつつも、旨味がすこぶる伸びますねぇ。豆板醤を入れると、シャープな辛さにスープの伸び代を感じました。これもヤミツキです。白胡麻は風味が増しておいしさに広がりが出るし、お酢を入れると濃ゆさが和らぎ、さっぱりウマウマで食べやすくなります。何をやってもウマかった〜!

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志」豚骨醤油らーめんに卓上のすりおろしニンニクを入れてフィニッシュ

食後、目に飛び込んできたこちら。うーん、美しい言葉・ラーメンライスが頭に浮かびます。が、お腹パンパンで次回に持ち越すことに。いつか武蔵家でラーメンライスしたいしたーい!

那覇市牧志「Ramen武蔵家 那覇牧志家系豚骨醤油らーめんの食べ方覚え書き

ということで、那覇市牧志はサンライズなは商店街にある「Ramen武蔵家 那覇牧志」でシメラーしてきました。2002年創業の沖縄武蔵家は、幾度か移転をしています。小禄時代はわたしも食べに行きました。現在はこの那覇牧志店が本店で、浦添宮城店と浦添大平インター店もあります。場所を変えても沖縄武蔵家スピリッツは変わらずに、いつもどのお店でもラーメンファンを楽しませてくれる・・・わたしはそんな印象を持って食べに訪れています。

サンライズなは商店街周辺ではせんべろをハシゴする方が多くいます。Ramen武蔵家 那覇牧志にもせんべろがあるので、ここで飲んでシメに家系ラーメンをいただくのもよさそうですね。せんべろのおつまみはキャベチャーにホロホロチャーシューなど、実にラーメン店らしい一品です。その他にもおつまみがあり、背脂ポテトというパワーワードに反応しました。沖縄ラヲタなみなさん、これ、一緒に試しませんか?笑
終わり。

お店の情報

店名 Ramen武蔵家 那覇牧志
住所 〒900-0013
沖縄県那覇市牧志3丁目4-8
営業時間 月曜:11時〜15時/火〜木曜:11時〜23時/金・土曜:11時〜24時/日曜:11時〜23時
定休日 第1月曜
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-サンライズなは商店街, シメのラーメン, ジャンル別, ラーメン, 家系ラーメン, 沖縄本島南部, 沖縄県, 牧志, 那覇中心部エリア, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-