ビール ワイン 札幌市

札幌駅パセオの「ワインの円山屋」で立ち飲み有料試飲してきた。

投稿日:2017年9月22日 更新日:

札幌出身のビール好きM夫人に教えてもらい、札幌駅の「ワインの円山屋」へ行ってきました。札幌駅と一言で表してもだいぶ広範囲。札幌駅西口側のパセオ1階という情報は得ていたものの、どこにあるのか場所がわからず、だいぶウロウロしちゃいました。わかさいも本舗やスターバックスの並びにお店があるので、これを目印に向かうとわかりやすいと思います。

札幌駅パセオ1階にある「ワインの円山屋」。

ワインの円山屋は、その名の通りワイン販売をしています。「ワイン好きによるワイン好きのための専門店」というだけあって、北海道やフワンス、イタリアなどのワイナリーからこだわりのワインを取り揃えているんだそうです。

「ワイン好きによるワイン好きのための専門店」なだけあって、実に様々なワインがある。

店内で角打ちのように飲めるというのですが、それほど大きくはない店舗のどこで?と思ったら...

スタンドバーメニューがあった。

お店の脇にスタンドバーコーナーがありました。このスタンドバーではワインの有料試飲の他、一部クラフトビールも出しているとのこと。なるほど、スタンディングですか。あたしも飲んでみましょう。

お店の脇にスタンドバーが併設され、ここで立ち飲みすることができる。

この日のメニューはこちらです。グラスワインが4種類、他に限定ワインがあるみたい。おつまみも3種類あるようです。あれっ、クラフトビールがないなーなんて思ったら、カウンター上にPOPをみつけました。キャッシュオンでビールを注文します。

この日の「ワインの円山屋」の角打ちメニュー。

この日繋がっていたのは、Hobo Brewing(ホーボーブルーイング)の生活のラガー(600円)。Hobo Brewingって聞いたことがないけれどどういう醸造所なのだろう?と店員さんに伺ってみました。すると、札幌出身の川村さんという方が醸造設備を持たずにファントムブルワー形式で醸造している、とのこと。この生活のラガーはHobo Brewingとして第3弾のビールで、滝川クラフトビール工房にて仕込んだそうです。スタイルはアメリカンピルスナーとかホッピーピルスナーと呼ばれるもので、夏っぽいフルーティーなフレーバー、とも。流しの若いブルワーさんが北海道にいたなんて!驚きや喜びと同時に、クラフトビールの裾野の広がりを感じました。

ファントムブルワリーHobo Brewing(ホーボーブルーイング)の生活のラガー(600円)

生活のラガーを飲みながら、カウンター上のボードを眺め、2杯目はビールではなくワインにしようと決意。なんせ、北海道の自然派ワインが気になったのです。三笠や栗沢、札幌、余市、そして我が地元函館にも自然派ワイナリーがあるんですねぇ。

北海道の自然派ワインを取り扱っているらしい。

自然派ワインがいいか悪いか、それはともかく、おいしいワインが大好きです。円山屋は「ワイン好きによるワイン好きのための専門店」だもの、きっとおいしいワインを出してくれるはず。ワインをオーダーしたところ、ボトルではなくタップタワーで樽出しのワインを注ぎ始める店員さん。これにはびっくりしました。ワインの樽生なんてあるんだ!

ワインを1杯飲んでみることに。タップタワーから樽出しでワインを注ぐ店員さん。

葡萄の品種で、滝沢ワイナリーのデラウェア(600円)を注文しました。辛口で飲みやすい。舌先にビリリと酸味を感じます。空腹で飲んでいたのでおつまみも注文していました。こちらはファットリア・ビオ・ホッカイドウのモッツァレラ(600円)。南イタリアからチーズ職人を呼び、札幌で作っているチーズだそうです。

滝沢ワイナリーのデラウェア(600円)と、おつまみでファットリア・ビオ・ホッカイドウのモッツァレラ(600円)を。

このモッツァレラ、立ち飲みとは思えない洒落た盛り付けです。モッツァレラのもさっとした食感と、チーズを噛みしめるほどに出て来るドリップ。淡白であっさりですが、食べる手が止まりません。岩塩と粗挽き胡椒がよく合ってます。ウマかったなぁ!

立ち飲みなのに、ファットリア・ビオ・ホッカイドウのモッツァレラ(600円)の洒落たおつまみ。

もう1杯飲むなら本日の限定ワインから選ぼう、と思ったけれどタイムアップ!こちらの3本がこの日の限定ワインだそうです。真ん中のエチケットが気になる〜!ワインの円山屋にはオンラインショップ(楽天)があるので、おいしそうなワインをネット注文することもできますよ。

赤・白いろいろワインを有料試飲できる。

ということで、札幌駅のパセオにある「ワインの円山屋」で立ち飲みしてきました。北海道から出て12年になりますが、知らないお店、知らない作り手さんがどんどん増えているんだなぁ。全然知らなかったことを寂しくも感じつつ、道産子として誇らしくもありつつ、ちょいとおセンチな気持ちでお店を後にしました。

札幌駅の改札口からもすぐなので、出発直前までここで立ち飲みするもよし、到着してすぐ立ち寄るもよし。店員さんがとってもフランクで、質問すると丁寧に教えてくださるから、立ち飲みしながらいろんなことを覚えられそうだなぁ。ワインをボトルで購入する時も店員さんにアドバイスをもらえそうですね。スキマ時間にさくっと飲めるので、JRや地下鉄の空き時間に立ち寄ろうと思います。
終わり。

住所:〒060-0806 北海道札幌市北区北6条西2丁目 パセオウエスト1F

(*・ω・)つ 北海道食べ歩き情報もどうぞー♩
 



-ビール, ワイン, 札幌市
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.