浦添市「麺処まんねん」沖縄そば味噌スープに唸る。もはや味噌ラーメンではなくとも良い気がしてきた。

浦添市仲西「麺処まんねん」まんねんそば(中、900円)の味噌味に味玉トッピング(+120円)

知れば知るほどラビリンスでおなじみのDEEokinawa やんばるたろうさんから「ネパール食堂くまりの近くにおいしい沖縄そば屋がある」と教えてもらったので、すぐ食べに行きました。それが浦添市仲西の住宅街にある「麺処まんねん」です。税務署通りで赤い看板をよく目にしていたのですが、あれはこのお店だったのですね!

浦添市仲西「麺処まんねん」の外観

時刻は12時を少し回ったところ。いわゆるピークタイムです。店横にある駐車場4台はギリギリ入庫できたけれど、店内のテーブル席やお座敷席はほぼ満席。お客さんが入れ替わりでやってきます。雰囲気的に、地域に根付いた沖縄そば屋さんのようです。

浦添市仲西「麺処まんねん」の店内

麺処まんねんのメニューはこちら。2種類のお肉が乗せられたまんねんそば、豚バラ肉そば、軟骨ソーキそばとわりと定番なメニューがそろっているのですが、味が塩・醤油・味噌と3種類もあるのです。この味の展開、ラーメン屋さんでは普通でも、沖縄そば屋さんで見かけることほぼないと思います。

わたしは、やんばるたろうさんが「僕はもっぱら味噌食べてます!」とイチオシしてくれた味噌と決めていました。そんなわけで、まんねんそば(中、900円)を味噌で注文。ついでに味玉トッピング(+120円)。着丼したそれば、完全にラーメンでドストライクないい香り。

浦添市仲西「麺処まんねん」まんねんそば(中、900円)の味噌味に味玉トッピング(+120円)

たまらずスープをズズッ。えー!待って待って!ニンニクのきいたスープが懐かしい!ウマい!え、でもなんで?沖縄そば屋さんで、なんで???脳がバグりそう!!!

実は一時期、好みの味噌ラーメンを探しては「道産子を唸らす、北海道っぽいおいしい味噌ラーメンは沖縄にはないっぽい」と諦めてしまったわたし。ですがこの日、味噌ラーメン欲を麺処まんねんで満たすというライフハックを得ました。

浦添市仲西「麺処まんねん」ニンニクの香る味噌スープがウマい

スープで100点満点を叩き出したので、この後は超ホクホクで食べ進めます。やや幅広めで、スープを絡めやすいゆるっとした縮れ麺。

浦添市仲西「麺処まんねん」のやや幅広い麺

そしてトッピングの三枚肉。麺処まんねんでは少し前まで鶏を乗せていたようですが、最近は豚バラ肉に切り替えて提供しています。味噌スープと豚バラがよく合うし、三枚肉ではなく、あえての豚バラ表記なのもラーメン店っぽくてそれはそれでアリ。

浦添市仲西「麺処まんねん」三枚肉とシーサーかまぼこ

軟骨ソーキは甘い味付け。肉の部分も柔らかく、軟骨はとろっと濃厚。そして大きさも食べ応えがあります。

浦添市仲西「麺処まんねん」軟骨ソーキ

トッピングの味玉(120円)は、わたし好みのとろりな黄身でした。味噌スープと合うんだよ、これも!

浦添市仲西「麺処まんねん」味玉(+120円)

半分ほど食べたところで味変タイム。麺処まんねんの味噌スープには、コーレーグスではなく一味唐辛子がお似合いです。おいしかった!

浦添市仲西「麺処まんねん」味噌スープには一味唐辛子がよくあう

そして、お子サマーが注文した豚バラ肉そば(中、800円)の醤油味を味見させてもらいました。キリッと醤油と出汁が立っています。浮かべられた刻みタマネギがスープとよく合うし、めちゃウマい!

浦添市仲西「麺処まんねん」豚バラ肉そば(中、800円)の醤油味

ということで、浦添市仲西にある「麺処まんねん」でラーメン感の強い沖縄そばをいただいてきました。3種類から選べるスープのうち、味噌をメインに醤油を味見させてもらった今回。味噌は完全に優勝していたので、北海道の味噌ラーメンが恋しくなったらこちらに帰省しようと思います。醤油はキレと刻みタマネギの風味・食感がとてもよく、これも食べてみたくなりました。残すは塩。味噌・醤油がおいしいので、塩にも期待が高まります。また食べに行こうっと。
終わり。

お店の情報

店名麺処まんねん
住所〒901-2125
沖縄県浦添市仲西2丁目1-21
営業時間11時〜17時
定休日火曜
駐車場店前に4台分あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランチ, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島中部, 沖縄県, 浦添市, 都道府県別, 食べ歩き
-