那覇市泉崎「味噌めしや まるたま」朝食もランチも!老舗のお味噌を使った定食がおいしいお店。

2016年4月11日

味噌めしや まるたま,ランチ,玉那覇味噌,泉崎,那覇

那覇市泉崎にある「味噌めしや まるたま」で朝ごはんとランチを食べてきました。店名からも分かるように、お味噌を使ったごはんを提供しているお店です。沖縄のみそ汁にハマッてから、お味噌がおいしくてたまりません。しかも使用している玉那覇味噌は、琉球王朝時代から続く由緒正しい老舗の味噌蔵なんですよね。沖縄県内にはいくつも味噌蔵がありますが、隠れた特産品だとわたしは思います。ということで、味噌めしや まるたまのレポート、さっそくいってみよ〜!

沖縄最古の味噌を食す!「味噌めしや まるたま」

どこにあるの?駐車場は?

味噌めしや まるたまは、那覇市の中心部にある食堂です。昼夜問わず車通りが多い、ハーバービュー通り沿いにあります。那覇市役所や国際通り入り口付近から徒歩10分ほどで食べにいけますし、那覇市内の路線バスに詳しいならバスで食べに向かうことも可能です。お店の専用駐車場はありませんが、近隣のコインパーキングに停車可能です。

お店の様子

味噌めしや まるたまは、木目をあしらったナチュラルテイストな入り口が目印。見つけやすいと思います。

味噌めしや まるたま,玉那覇味噌,泉崎,那覇

味噌めしや まるたまの店内は縦長く、カウンター席とテーブル席が4つほど配置されていました。レンガやコンクリート、そして木材をミックスしたようで、中もいい雰囲気です。カフェ寄りの定食屋さんという感じで、お洒落で居心地がよいです。

味噌めしや まるたま,玉那覇味噌,泉崎,那覇

ちなみに「味噌めしや まるたま」には味噌樽がどーんと飾られています。お店で使っている「玉那覇味噌醤油」のお味噌も販売しているので、ここで味噌を買うこともできます。

味噌めしや まるたま,玉那覇味噌,泉崎,那覇

こちらのお店では、琉球王朝時代から続く沖縄で一番古い味噌蔵「玉那覇味噌醤油」のお味噌を使っているそうです。この味噌蔵の創業はいまから170年ほど前のことで、琉球王朝御用達のお味噌屋さんだったそうです。今も昔も変わらずに無添加・天然醸造で作り続けていると聞いて、より一層食べてみたい気持ちになりました。

味噌めしや まるたま,玉那覇味噌,泉崎,那覇

メニュー

味噌めしや まるたまのメニューです。朝味噌めしの定食から始まり、昼味噌めし向けの定食やおつまみなどがあります。1日を通して定食が食べられること、そして沖縄らしい玉那覇味噌醤油を使っている点は、他のお店との大きな違いです。こちらのメニューは2023年1月時点の情報です。食事の内容や価格などの最新は、必ずお店でご確認ください。

実食!グルメレポート

具だくさん味噌汁定食(朝ごはん)

この日は、朝ごはんを食べに味噌めしや まるたまへ向かいました。朝味噌めしの時間は7:30〜10:00です。この日は、具だくさん味噌汁定食のスモールサイズ(830円、2019年時点)をいただきました。肉味噌納豆(150円)をトッピングして、朝から豪華!

那覇・泉崎「味噌めしや まるたま」の朝ごはんで食べた、具だくさん味噌汁定食(小、830円)に肉味噌納豆(150円)トッピング

具だくさん味噌汁は大きな器に盛り付けられて、見るからにたっぷり。沖縄の味噌汁は、大きな丼にたーーーっぷり入ってやってきます。食後は確実にお腹がたぷたぷです。

那覇・泉崎「味噌めしや まるたま」の味噌汁。

スープをある程度いただいた後、やっと何の具が入ってるのか確認できます。この日の具材は卵、豚肉、島豆腐、青菜、きのこでした。この豚肉、紅豚を使っているそうで、お肉が柔らかくておいしかった〜!味噌汁にはポーク(スパム)が入ってるより、豚肉が嬉しい派です。

那覇・泉崎「味噌めしや まるたま」の具だくさん味噌汁に入ってる玉子、豚肉、島豆腐、青菜、きのこなど。

味噌めしや まるたまのごはんは、白米か玄米を選べます。今回は玄米をチョイスしました。たっぷり一膳、朝には多いくらいのボリュームです。

那覇・泉崎「味噌めしや まるたま」のごはんは、白米か玄米を選べる。

定食の小鉢2つ(苦菜の白和えと漬物)と、トッピングした肉味噌納豆(150円)。器も綺麗ですね。

那覇・泉崎「味噌めしや まるたま」具だくさん味噌汁定食のおかず類とトッピングの納豆。

納豆には生姜味噌でしょうか。優しく甘みを感じる味付けで、こんな納豆もおいしいですね。こどもに食べさせられると思います。

那覇・泉崎「味噌めしや まるたま」

味噌屋のさば味噌煮定食(ランチ)

ランチタイムにいただいたのは、数量限定の味噌屋のさば味噌煮定食(920円、2016年時点)です。沖縄に来てからさば味噌をいただくのは初めてのこと。さっそくいただきます!

味噌めしや まるたま,ランチ,玉那覇味噌,泉崎,那覇

鯖は大きな切り身がふたつ、合わせて半身分のボリュームです。身がふわっと柔らかく食べやすい!鯖の脂と味噌が良く合ってごはんが進みます。味噌の味付けは甘すぎず、お味噌本来の味がよくわかる感じです。しみしみに炊かれたダイコンとニンジンもごはんのお供にピッタリ!

味噌めしや まるたま,ランチ,玉那覇味噌,泉崎,那覇

付け合わせの副菜はにニンジンとシメジの味噌バター炒めかな。こちらもおいしかったです。箸休めの漬物は、ピクルスのような酸味で緩急ついて良い感じ。

味噌めしや まるたま,ランチ,玉那覇味噌,泉崎,那覇

ランチタイムのごはんは、白米と玄米から選べます。今回は白米にしてみました。ランチのごはんとお味噌汁は、お代わり自由となっているので、1杯目を白米、2杯目を玄米と変更もできそうですね。お腹いっぱい食べたい人には、嬉しいサービスです!

味噌めしや まるたま,ランチ,玉那覇味噌,泉崎,那覇

紅豚味噌しょうが焼き(ランチ)

お久しぶりの訪問でいただいたのは、紅豚味噌しょうが焼き(1200円、2023年1月時点)でした。一般的なしょうが焼きって醤油ベースですが、こちらのお店ではお味噌を使ったしょうが焼きを提供しています。

那覇市泉崎「味噌めしや まるたま」ランチの紅豚味噌しょうが焼き(1200円、2023年1月時点)

自家製の味噌しょうがダレにはニンニクが入って、これがおいしくないはずがありません。普通とはひとくち違うまるたまオリジナルの味が楽しめます。脂のほどよい豚肩ロースと、サッパリとしたウデ肉を使っていて、確かに食感や味わいの違いで食べ飽きません。添えられたサラダで味覚をリセットしつつ、どんどん食べ進めます。

那覇市泉崎「味噌めしや まるたま」ランチの紅豚味噌しょうが焼きの豚肉は肩ロースとウデ肉を使っている

玄米と白米を選べるのですが、しょうが焼きにはこっちだろうと白米を選びました。豚の脂とニンニク味噌ダレが、めちゃくちゃドストライク!ごはんの上でワンバウンドさせながらいただきました。タマネギの火入れもちょうどよく、シャキシャキ感が良いアクセント。これがないと濃い味の豚肉炒めになるので、ほんと食のバランスって大事だなぁ。

那覇市泉崎「味噌めしや まるたま」紅豚味噌しょうが焼きをごはんに乗せて食べる

まとめ。

ということで、那覇市泉崎にある「味噌めしや まるたま」へ行ってきました。朝ごはんもランチも、どちらも満足度が高くて良かったです。ここでいう満足度というのは、おいしいごはんでお腹を満たせたことへの満足度はもちろん、琉球王朝時代から現代にまで続くお味噌をいただいたことへの感謝も含まれた満足度です。味噌めしや まるたまには、観光雑誌に載っているケバケバしい沖縄らしさはありません。地元民向けに、古き良きものを新しいカタチで提供している定食屋さんだと思いました。
終わり。

お店の情報

店名 味噌めしや まるたま
住所 〒900-0021
沖縄県那覇市泉崎2丁目4-3
営業時間 7時半〜14時半、17時〜22時
定休日 日曜、第2・4木曜
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ランチ, 朝食・モーニング, 沖縄の大衆食堂, 沖縄みそ汁, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 泉崎, 那覇バスターミナル周辺, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-,