「キングタコス金武本店」元祖タコライスは山盛り過ぎてパックが閉じません!

2017年4月26日

キンタコ本店のタコライスとハンバーガー、チキン。

金武町方面まで遠出した時のこと。ランチで「キングタコス金武本店」に立ち寄りました。金武町でランチといえば、大盛りタコライスのキンタコです。観光客はもちろん、地元民やキャンプハンセンの米軍関係者も立ち寄ります。おいしい故にわたしも何度もリピートしているし、有名店だから沖縄滞在中の友人を連れて行くと喜ばれます。ということでさっそくキングタコス金武本店のレポートいってみよ〜!

元祖タコライスのお店「キングタコス金武本店」

どこにあるの?

キングタコス金武本店は金武町の繁華街の一角にあります。金武町は人口1万人ほどで、日中は街中に人が溢れることはそうないエリアだと思いますが、いつ訪れてもキングタコス金武本店だけは人口密度が高い状態です。国道328号線から少し入った場所に、これだけ集客力の強いお店があるなんて!

駐車場は?

キングタコス金武本店の専用駐車場はないものだと思っていたら、少し離れた場所に2箇所ありました。歩いて3分ほどの距離です。こんなに広々。大きな看板が出て、明らかにキンタコの駐車場だとわかります。

金武町「キングタコス金武本店」の駐車場(その2)

すぐ近くにある別の駐車場。これだけ用意してもらえれば停められないなんてことはないでしょう。ただし、この周辺は道路が狭めで一方通行が多いエリアです。運転に注意してください。

金武町「キングタコス金武本店」の駐車場(その1)

キンタコ専用駐車場の場所はリンク先で確認できます。また、お店近くの金武アクティブパークの無料駐車場も利用できますので、便利な方を利用しましょう。

お店の様子

金武町はタコライス発祥の町。さらに元祖タコライスのお店・キングタコス金武本店(通称:キンタコ)です。絶対に混雑してるだろうなぁと思ったら、案の定お店の外にまで人が並んでいました。こちらは数年前の写真ですが、2021年現在もこれくらい人が溢れかえっています。

金武町「キングタコス金武本店」の外観

店内に入るまでに10分待ち、その後オーダーから手元に届くまで更に10分かかりました。これ、ハイシーズン時には、一体何分待ちになるんだろう。お店の方も大変だ〜!時間に余裕を持ってお店に行きましょう。

金武町「キングタコス金武本店」の店内(レジ前)

キンタコのメニュー

キングタコス金武本店のメニューです。いつの間にか、券売機を導入していました。こちらは2021年1月時点の情報なので、価格改定やメニュー変更などは現地で直接ご確認ください。

金武町「キングタコス金武本店」の券売機とメニュー(2020年1月)

メニュー部分をアップしておきます。タコライスのお店として有名ですが、他にもタコス、フライライス、バーガー、サンドイッチなどがあるんですね。以前は日本円でも米ドルでも支払いOKだったけれど、今はどうなんでしょう。ドリンクは外の自動販売機で購入します。

金武町「キングタコス金武本店」のメニュー(2020年1月)

注文後、ソースを選ぶよう案内を受けます。ソースは辛味のあるスパイシータコソースか、辛さのないケチャップの2種類。写真はわかりにくいのですが、透明なボードに書かれていて現地でも見えにくかったです。

金武町「キングタコス金武本店」スパイシータコソースとケチャップが選べる

こちらは以前、お店に出されていたボードです。2015年に閉店してしまったパーラー千里とキングタコス金武本店は、創業者が同じ。発案したタコライスがここまで沖縄に定着するなんて、当時は思わなかったろうなぁ。

すぐに提供できるホットスナックも。

受け取った食事、どこで食べる?

食事を受け取り、イートインの2階席へ向かいました。客席数に限りがあるので、週末のピークタイムはここでいただくのは難しいかも...

金武町「キングタコス金武本店」の2階イートイン

お店の外にもテラス席が2つあります。が、こちらもお客さんの入れ替わりが激しく、常に誰か座っている感じ。お店で食べるのは難しそう。

お店の外にはテラス席がある。

どこにも座るところがない、そんな時は金武アクティブパークで食べるのがオススメです。金武アクティブパークはキンタコから歩いてすぐある公園で、屋外テーブルや自動販売機、トイレ、無料駐車場が完備してとっても便利。ただ、屋根がないから天気が悪い時や天気が良すぎる時も直射日光が厳しいです。利用の際は日焼け対策をお忘れなく。

キンタコ本店からテイクアウトしたら、近くの公園で食べよう。

実食!グルメレポート

タコライスチーズ野菜(700円)

キングタコス金武本店で手渡された袋の中を覗き込んでみました。パックのフタが全く閉じてないのがおわかりでしょうか。デカ盛りキタコレ!

テイクアウトの袋の中には、はみ出さんばかりのタコス。

袋からタコライスを出してみました。キングタコス金武本店で買ったのは、タコライスチーズ野菜(700円)です。通常よりサルサソースを増量してもらうこともできますが、その場合は直接かけて手渡されます。それにしてもパックのサイズ、完全に間違ってますよね。もう一回りデカいの使えば、こんなに山盛りにならずに済むのに!だが、これがいい!

キンタコ本店のタコライスチーズ野菜(700円)。ソースを増量してもらった。

パックに敷き詰められたご飯を土台に、濃い味のタコミート、チェダーチーズ、そしてレタスとトマトが山。ピリ辛のサルサソース、増量してもらって正解!味に変化をもたらしてくれるので、最後まで飽きずにガツガツ食べられました。ジャンク感あり、野菜のシャキシャキ感ありで、ウマかった!これなら1パックぺろっとイケますわ。

ごはん、タコミート、チーズ、野菜の層。

ジャンボチーズバーガー(350円)

キングタコス金武本店にはハンバーガーもありました。ジャンボチーズバーガー(350円、2017年当時)はその名の通り、ホントにデカい。手のひらサイズで、ずっしり重い。目測で直径15cmくらいありそうです。これで350円だなんて安い!ビニールに入ってるのが、沖縄っぽいですね。

キンタコ本店のジャンボチーズバーガー(350円、2017年当時)

バンズは柔らかいタイプで、ハンバーグ、チーズ、レタスと挟まれています。どうやらパンにマーガリンを塗っているようで、これでコッテリ感が強くなります。ケチャップやマスタードが欲しかったなぁ。

手のひら大サイズのB級ジャンボバーガーは食べ応えがある。

ホットチキン(400円)

もう1つ、ホットチキン(400円)も食べてみました。ホットチキンは、ピリ辛のから揚げです。タコライスとハンバーガーで口が飽きてきたところに、ホットチキンでリセットしつつ食べました。ところで、キンタコでチキンといえばチキンバラバラなんですが、それは次回のお楽しみ。

キンタコ本店のホットチキン(400円)

まとめ

ということで「キングタコス金武本店」のタコライス&バーガー&チキンを食べてみました。週末ランチ時のキンタコは、さすがに行列がすごかったなぁ。ちなみにキンタコのタコライスって、ご飯の上にタコミートが乗ってるだけのメニューなんです。タコライスチーズはご飯+タコミート+チーズ、タコライスチーズ野菜はご飯+タコミート+チーズ+野菜です。これを知らずにタコライスを注文すると、ご飯+タコミートのシンプルタコライスがやってくるので、ご注意ください。
終わり。

お店の情報

店名キングタコス金武本店
住所〒904-1201
沖縄県国頭郡金武町金武4244-4
営業時間10時半〜21時
定休日不定休
駐車場専用駐車場あり。また近隣公園の駐車場も利用可。


 あわせて読みたい

-タコライス, テイクアウト(持ち帰り), デカ盛り, ランチ, 沖縄の禁煙店, 沖縄タコライス, 沖縄テイクアウト, 沖縄料理, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 金武町, 食べ歩き
-