恩納村「ホテルムーンビーチ」豊かな緑と自然を感じる開放感に息をのむ至高の老舗リゾート。

2020年10月23日

恩納村の老舗リゾート「ホテルムーンビーチ」に宿泊してきました。この日はこどもとプール遊びが一番の目的だったのですが、想定していた以上にわたし自身の心に刻まれたものがあり、いま振り返っても非常に満足度の高い滞在となりました。ホテルムーンビーチ、何度でも訪れたい... ということで、さっそく宿泊レポート行ってみよ〜!

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」のメインビジュアル

恩納村の老舗リゾート「ホテルムーンビーチ」の宿泊レポート

どこにあるの?アクセスは?

ホテルムーンビーチは沖縄本島北部のリゾートエリア・恩納村にあります。周辺には飲食店も多く、ホテルムーンビーチの近くには沖縄民謡を楽しめる居酒屋が並び、お店とホテルを送迎してくれるサービスを行っていたりします。三線の花や、おいしい自然派ワインが揃うビストロおんな食堂もホテルムーンビーチから近くてオススメ。徒歩圏内にコンビニがあって便利です。観光客ナイズされているので、便利に滞在できるでしょう。

ホテルムーンビーチは沖縄本島の玄関である那覇空港からは45kmほど、時間にして1時間弱の場所にあります。那覇空港から直行の空港リムジンバスや路線バスもありますが、自家用車やレンタカーで訪れるのがベストです。車があると旅の自由度や満足度が格段に上がりますし、特にファミリー層には緊急のアレコレに対してフットワーク軽く応じることができますね。タクシーやバス以外の足が揃わない沖縄旅行なら特にレンタカーもワンセットで考えましょう。

チェックイン/チェックアウトの時間

ホテルムーンビーチの一般的なチェックイン・チェックアウト時間です。プランによってアーリーチェックインやレイトチェックアウトもあるかと思います。予約したプランを必ずご確認ください。

チェックイン14時
チェックアウト11時

エントランス

ホテルムーンビーチはV字構造の外観となっています。駐車場は建物に向かって左手側にエントランスと車寄せが、右手方面には駐車場がありました。エントランスにスタッフの方がいらして、荷物を持ってくださったり、車のフロントガラスに張り付いた落ち葉を払ってくれたりの対応を受けました。落ち葉は考えていなかったのでうれしかったなぁ。ちなみに、エントランス付近に空港リムジンバスが止まるみたい。大荷物を抱える旅行ならこの停車場所はとっても便利ですね。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」の車寄せ

ロビーやフロントの共用設備

エントランスから建物内部に入ると、年季の入った、それでいて手入れが行き届いたテーブルチェアが目に入りました。このロビーは吹き抜けで、海からの風が自然と感じられます。窓の外には南国植物の緑と砂浜も見えます。素敵...!

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ビーチまで吹き抜けのロビー

はやる気持ちを抑えつつ、まずはフロントでチェックイン。ウィズコロナの時代ということで館内はマスク着用、検温も必須です。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」のフロント

客室までの廊下は半屋外。四季や天気を肌で感じるスタイルです。ここ、なんとなく海外の雰囲気を感じました。ハワイのよう。この建物の作りは夏に暑いし、冬は寒いと思うんです。台風の時は大変そう。不便であっても心に残っているのは、自然を感じられるからだと思いました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」客室棟の半屋外な廊下も素敵だ

半屋外の作り、とても気に入りました。下の階への踊り場も自然光が心地よく、エレベーターを使うのではなく階段での行き来を選びました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」客室棟の階段で下の階に向かう

自然光とグリーンが映える踊り場には、アートが飾られています。ちょっとした空間ですが、開放的でとても好き。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」階段部分にはポトスとアート

アトリウムのグリーンカーテン

ホテルムーンビーチが素晴らしいホテルと改めて確信したのは、この幻想的でダイナミックなアトリウムを訪れた時のこと。低層4階建てという特徴を最大限に活用し、吹き抜けの天井付近から垂れる力強いグリーンカーテンが真に美しく... 見る者の目を心を奪うような光景に、言葉が出ません。どの角度を切り取っても心を打たれます。階段の踊り場からの眺めも美しければ...

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」アトリウムの長さ10m以上のポトスが作るグリーンカーテンが印象的だった

地下一階ビーチフロアから見上げるグリーンカーテンも素晴らしく。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ポトスのグリーンカーテンは角度を変えても美しい

朝食会場のレストラン「コラーロ」の横もポトスのカーテンでこの眺め。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ポトスのグリーンカーテンと館内展示アート

夜のアトリウムも美しく... 吹き抜けの天井から月を眺めました。吹き抜けで空調はきいておらず、雨が降ると通路が滑って危ない気もします。それでもこの空間と眺めが本当に素晴らしく、気に入って何度も訪れました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」夜になるとポトスのグリーンカーテンがより一層神秘的だ

グリーンカーテンの下には池があり、海水を汲みあげて魚を泳がせているんだそうです。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」の中を歩くお子サマーとご主人サマー

池の淵まで行ってみます。沖縄らしいトロピカルカラーの魚もいれば、シュノーケルで見かける地味な魚までいろいろです。人慣れしている感じでもなく、それとなく泳いでいる魚たちに気持ちが穏やかになります。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」海水が引かれた池は、さながらミニ水族館のようだった

中庭と人魚の像

ビーチやプールに目が行きがちですが、ホテルムーンビーチには手入れの行き届いた中庭があります。ふらりと立ち寄りたくなるような場所です。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」手入れされた中庭

ところどころにテーブルとイスが配置され、ビーチを眺められるようになっています。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」中庭に設置されたテーブルからはビーチが眺められる

中庭を進むと下りの階段が目に止まりました。気になって降りてみたところ、人魚の銅像がありました。人の手が加えられていない小さな湾と人魚の銅像、そして東シナ海。目立ったスポットではありませんが、この眺めも美しいものでした。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」中庭の奥には東シナ海を眺める位置に人魚の像があった

お土産や日用品が揃うショップ

ホテルムーンビーチの館内にはマハロというショップがありました。お土産や日用品が売られる店舗内も天井が高く開放感があります。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」内のショップも天井が高くて開放感がある

お土産品として衣類やホタルガラスやシーサー、紅型アイテム、お菓子類などが売られていました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」お土産品などが販売されているショップ

泡盛も品揃え豊富です。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」のショップには泡盛の種類が豊富だった

お部屋で飲むソフトドリンクやビール類もそこまで高くない金額で売られているので、コンビニまで買いに出る必要はないかなーと思いました。こどもの歯ブラシやおむつなどもあったので、持参し忘れた場合も安心です。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」のショップでドリンクを購入する

館内の飾りやアートなど

ホテルムーンビーチの中には様々なアートが飾られています。白黒の写真は昔のホテルムーンビーチに関するものでしょうか。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」の昔を展示する白黒写真

エントランスに入って正面にある1975の数字が確認できます。このホテルは1975年開業で、沖縄のリゾートホテルで最も古いと言われています。沖縄返還から3年後にこの規模の素晴らしいホテルができたのですね。建物自体は古いけれど、手入れが行き届いて何一つ不自由なく滞在できました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」エントランスに入ってすぐの場所にあった1975の年号が入るアート

元気をもらえるタッチの絵。お子サマーが気に入ってました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」こどもに人気のありそうなカラフルアート

沖縄の海を感じさせるエメラルドグリーンのアート。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」沖縄の海をモチーフにしていそうなアート

ホテルムーンビーチの設備を捉えたアートも飾られていました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」の施設

客室の様子

ナチュラルスーペリア(ツインルーム)

今回は4階にあるツインルームのお部屋に滞在しました。わりと最近リノベーションされた客ナチュラルルームの、ナチュラルスーペリアという客室です。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」宿泊滞在したナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)

ルームキーはカードタイプではなく、普通の鍵でした。老舗を感じさせる、重厚なタツノオトシゴのキーホルダーがついてます。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」客室の鍵はタツノオトシゴ型のキータイプだった

ベッドルーム

窓側から客室の様子です。広さ32.4㎡、定員2名のホテルムーンビーチの中では小さめのお部屋となっております。とはいえ、恩納村のリゾートホテルで一般的な客室としては決して狭い部類ではありません。ホテルムーンビーチって全体的に客室が広めの設計なのですが、今回滞在したナチュラルスーペリアのツインルームはその中では狭めということです。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)を窓側から撮影

こちらはベランダ方面にカメラを向けたお部屋の様子です。ベッドサイズはセミダブルサイズでした。ベッドと家具の間のスペースが広めでありがたい。小さめのスーツケースなら広げられそうです。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)を入り口側から撮影

ソファとテーブル、ライトなども配置されていました。ナチュラルルームは木目の自然で落ち着いたインテリアとなっています。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)の室内

今回は大人2名、こども1名(3歳児)での利用でした。2名定員の部屋に3歳児がいてちょこまか動き回っても狭さは感じず、手の届くちょうどよい広さかな。こどもが5歳くらいになったらセミダブルに3人川の字は狭いかも。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)で過ごす様子

バルコニー

バルコニーにもテーブルとイスがあります。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のベランダ

ナチュラルルームはグリーンビューとなっており、基本的に海が眺められません。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のベランダの眺め(昼間)

でもバルコニーの際まで来れば、ちらっと恩納村の海が見えたりします。4階の高さだから見えるのかも。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のベランダからは、遠くに海が見えた

夜の眺め。明るいあたりは前兼久漁港でしょうか。その奥にシーサイドドライブインなどがあります。わりと近くなのですね。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のベランダからの眺め(夜)

バスルーム

バスルームと洗面所、トイレは同じ場所に集められています。お風呂場はガラスの仕切りで丸見えの状態です。扉の下から水漏れすることはなく、使いやすく思いました。ブラインドを開けるとベッドルームからお風呂が丸見えです。我が家の3歳児はひとりでお風呂に入ることがあるので、ベッドルームから見守りできて便利です。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のバスルーム

お風呂場のアメニティ類も一通りそろっています。お風呂にお湯を貯めようと蛇口をみたら、バブリーな作りになっていました。滑り台か噴水を思わせる蛇口にこども受けも抜群です。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のバスルーム(シャンプー・ボディーソープ)

こちらは洗面台まわりとトイレ。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のバスルーム(トイレと洗面台)

アメニティも一通り。固形石鹸、歯ブラシセット、シャワーキャップ、ひげ剃り、ヘアーブラシ、コットン、綿棒と不足ありません。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のアメニティ

ドライヤーはパナソニックのイオニティでした。壁と分離したタイプってありがたいですね。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のドライヤー

お部屋のタオルに関する案内がありました。連泊の際、タオル類はバスタブに入れなければ交換しないとのことです。エコ!

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)にあったタオル交換の案内

客室設備

客室内にはちょっとした洗い場があるので、室内で利用したグラスなどの他、ベビー連れの時には哺乳瓶やマグなどを洗えて便利です。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)にはミニシンクがあって便利だった

冷蔵庫の中はカラ。外で買って持ち込む派としてはありがたい。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)の冷蔵庫は空だった

マグカップや無料サービスのお茶類。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)の無料ティーセット

ミネラルウォーターはひとり1本無料でついてました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)の無料のお水

ルームウエアはワッフル生地のガウンでした。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」の部屋着はワッフル生地のガウンだった

今回の滞在では海やプールで遊ぶ予定だったので、家からビーチサンダでやってきたのですが、客室に貸し出し用のビーサンがありました。ホテルムーンビーチくらいの格式ならビーサンで訪れたくないのが本音です。貸し出し用のビーサンがあったんだなぁ... 次回はラフすぎない格好で訪れようと反省。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)館内用のビーチサンダル

クローゼットの中には金庫や使い捨ての紙スリッパ、物干しスタンドがありました。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ナチュラルスーペリア(32.4平米、ツインルーム、グリーンビュー)のクローゼット

プール&ビーチ

半屋外のアトリウムプールは年中遊べる

ホテルムーンビーチのアトリウムプールは半屋外の設計。吹き抜けの天井から自然光が差し込み、垂れ下がったグリーンがエキゾチックな雰囲気を醸します。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」のアトリウムプール

南国植物に囲まれる空間はいかにもリゾート。沖縄県内のリゾートホテルはまだ少ししか訪れていませんが、至高の施設だとわたしは思います。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」アトリウムプールとポトスのグリーンカーテンが素敵

プールはキッズ用と普通の深さの2段階に分かれていて、キッズ用では3歳児が楽しく遊べました。夏場に訪れたけれど水が冷たく、体がひんやりします。アームリングの貸し出しもあって助かったし、持ち込みの浮き輪などを膨らますエアインフレーターも完備されています。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」アトリウムプールで遊ぶお子サマー

夜に通りかかったアトリウムプールも素敵。リゾートだなぁ。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」夜のアトリウムプールとポトスのグリーンカーテン

アトリウムプールの利用に関する注意です。一通り目を通してから利用するとよいでしょう。こちらは年中利用が可能なプールだそうです。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」アトリウムプールの注意書き

ラグーンプール

2016年に完成したラグーンプールは、4~10月の夏季のみ利用可能だそうです。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」朝のラグーンプール

こちらはこども向けの浅いプールはなく、こどもが自由にはしゃぎ回るというよりも浮き輪やアームリングでプカプカと浮いてゆったり過ごす感じ。プールサイドに捕まってバタ足くらいが限界です。もう少し大きくなったら潜水とかしてくれるかなー。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ラグーンプールは深いのでプールサイドにつかまってバタ足を楽しんだ

ラグーンプールの先にはビーチが広がります。砂地の海はいろいろ処理が大変〜という方には、絶対プールがオススメです。我が家の3歳児を海に連れて行くと、ポケットにたっぷりの砂を仕込んで帰るため洗濯で地獄を見ます。そんな背景から最近は海よりプールの方がラクだなぁと思っています。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ラグーンプールにぷかぷか浮かぶお子サマー

ラグーンプールの利用についても注意書きがありましたので、利用の前にご一読を。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ラグーンプールの注意書き

ビーチの砂を落とすシャワーもあるので、しっかり落としてから楽しみましょうね。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ラグーンプール付近にあるシャワー

ビーチ

三日月型の砂浜が広がるムーンビーチは天然のビーチです。客室とビーチが至近で嬉しい!滞在客は無料ですし、宿泊なしでも有料で利用できます。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」ラグーンプールからのビーチ方面の眺め

思っていたより沖の方までネットが張られていました。海の透明度も高そう。砂地ですが、魚は見られそうですね。

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」砂地の天然ビーチの遊泳区間は結構沖まで広かった

レンタルビーチグッズや遊泳時間の案内、利用案内などはこちらに記載されています。その日の天気や季節によって利用できないこともありそうですが、そんな日はプールを楽しみましょう!

沖縄・恩納村「ホテルムーンビーチ」天然ビーチの注意書きやレンタルビーチグッズなどの案内

まとめ

ということで、沖縄本島のリゾート地・恩納村にある「ホテルムーンビーチ」に宿泊してきました。沖縄で最も古いと言われる老舗リゾートは、それはそれは素晴らしい施設でした。各所で目にするポトスのグリーンカーテンが圧巻で、吹き抜ける海風が心地よく、このホテルの設計意図を至る所で感じました。ホテルムーンビーチは至高のリゾートホテル。建物の古さも良い味です。近い将来、またここに泊まろうと心に決めたのでした。
終わり。

お店の情報

店名ホテルムーンビーチ
住所〒904-0414
沖縄県国頭郡恩納村字前兼久1203
営業時間24時間
定休日定休日なし
駐車場350台(1泊500円、上限3泊1500円)


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ホテルのクチコミ, リゾートホテル, 恩納村, , 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別
-

© 2020 yukipod