「酒と旅 ガリンペイロ」ゆるゆる心地よい宮古島のワイン酒場でひとり飲み。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」よなよなエール(700円)

宮古島で必ず行こうと決めていたのは「酒と旅 ガリンペイロ」というワイン酒場です。飲み屋街・西里大通りから少し東にあるこの店に惹かれたのは、耳に残るガリンペイロの響きのせいでしょうか。店名を尋ねるとお店のフミオさんが「ブラジルの言葉で砂金を掘る人の意味」と教えてくれました。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」の外観

実はSNSで情報を探しても、このタイミングで営業しているのか、それとも休業中なのか… よくわからないままお店に向かいました。時刻は18時過ぎ。お店の扉が開き、陽気なサルサ(サンバ?)が流れています。よかった、お店やってた!わたしはカウンター席に入りました。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」の店内

まずはドリンクメニューを眺めます。宮古島までやってきたのです、ガリンペイロはワイン酒場だと知っていたのです。だけどもビールに目が行っちゃうんだなぁ。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」のドリンクメニュー

そんなわけで、よなよなエール(700円)を注文。正直、とても驚きました。宮古島でよなよなエール専用グラスと出会うなんて、思ってもみませんでした。準備するのも手配するのも、離島なら大変なはずなんです。だけど用意しちゃうガリンペイロ、この店はタダモノではなさそうだぞ。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」よなよなエール(700円)

喉を潤したら、カウンターの内側のワインメニューとおつまみメニューをチェックします。ワインは赤・白、カクテルもあるし、おつまみは野菜・肉・サンドイッチ・パスタとあるのですね。うーむ、どれにしようか悩むなぁ。短期滞在が悔やまれます。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」のフードメニュー

いろいろ食べるには、ペイロのつまみ盛り(1000円)がちょうどよいかもしれません。この日は5点盛りでした。きゅうりの食感でさっぱりといただけるポテサラ、さまざまな香りと食感が楽しめるきのこのマリネ、マスタードとクミンが香るキャロットラペ、しっかり酸味のピクルス、そして赤ワインが合いそうな鶏レバーのパテ。ひとり飲みでもいろんな味が楽しめて、お得感があります。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」ペイロのつまみ盛り(1000円)

鶏レバーと合いそうだけど、赤ワインを頼むにはまだ時間が早いなぁと時計と睨めっこ。そこで焙煎香を楽しめる東京ブラック(700円)を追加しました。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」東京ブラック(700円)

うんうん、鶏レバーに合いますね。すっかりまったり飲みモードです。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」東京ブラックと鶏レバーが合う

ガリンペイロはサンドイッチが評判だそうで、この日訪れていた常連さんも注文していたのですが、わたしは春菊とベーコンのペペロンチーノスパゲティ(1000円)を注文しました。宮古島産の春菊に惹かれちゃったんですね。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」春菊とベーコンのペペロンチーノスパゲティ(1000円)

全般薄めの味付けで、春菊とネギの香りにベーコンの塩気が引き立ちます。後からほんのり唐辛子の辛味が追っかけてきておいしいし、やや太めの麺がお腹に溜まります。フミオさん曰く「宮古の春菊はおいしい」んだとか。ちょうど春菊のシーズンだったらしく、島の駅やファーマーズマーケットにも並んでいるそうです。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」宮古島の春菊を使ったペペロンチーノがおいしい

せっかくの宮古島滞在、1軒目でお腹いっぱいになりたくないので、少なめで作ってもらったはずなのに、これが結構なボリュームでお腹パンパン!ペペロンに合わせて注文した樽生のスーパードライ(600円)。ゴクゴクッと喉を鳴らします。

宮古島「酒と旅 ガリンペイロ」樽生のスーパードライ(600円)

ということで、宮古島のワイン酒場「酒と旅 ガリンペイロ」を訪れました。こちらのお店、地元の常連さんも旅行客も半々くらいで訪れるんだそう。酒好きを呼び寄せそうなまったり&ゆるゆるとした雰囲気がとても好みでした。おつまみがおいしくて、燻製サバサンドや厚焼きたまごサンドなんかも食べてみたかったなぁ。ひとり飲みでもグループ飲みでも利用できる素敵な酒場でした。ご馳走さまでした。
終わり。

お店の情報

店名酒と旅 ガリンペイロ
住所〒906-0012
沖縄県宮古島市平良西里567
営業時間18時〜26時
定休日日曜
駐車場なし


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-クラフトビール, ビール, 宮古島, 宮古諸島, 居酒屋, 沖縄県, 都道府県別, 飲み歩き
-