ビアバー ビール 赤坂 関東・甲信越

赤坂「デリリウムカフェ レゼルブ」ゴージャスな気分でベルギービールをいただく。

投稿日:2018年3月13日 更新日:

先日、マイナビBLITZ赤坂(旧・赤坂BLITZ)でライブを見て来ました。ライブ開始時間まで時間潰しするのは、赤坂駅直結の赤坂Bizタワーが便利です。この日は早い時間に赤坂に来たこともあり、赤坂Bizタワー内のお店をハシゴしました。1軒目に訪れたのは、ピンクの象さんがアイコンの「Delirium Cafe Reserve(デリリウムカフェ レゼルブ)」。ベルギービールの専門店です。

赤坂Bizタワーにある「デリリウムカフェ レゼルブ(Delirium Cafe Reserve)」の外観。

ベルギービール専門店とはいえ、ランチタイムもあればカフェタイムもあります。我々が訪れた時間帯はちょうどカフェタイムとなっていて、デザートセットやコーヒーなどの提供もされていました。何かと使い勝手が良さそうですね。

デリリウムカフェ レゼルブではベルギービールだけでなく普通のカフェ営業もしていた。

店内に入ると、円形カウンターが目に入ります。赤坂のデリリウムカフェといえばこのカウンター。びっしり並んだビールグラスが、キラキラ光ってゴージャス!カウンターの内側には20タップ以上も並んでいるんだって。これだけベルギービールを繋げてる店は、東京でもなかなかないのでは。

デリリウムカフェ レゼルブといったらこの丸くて豪華なカウンター席。

我々は、円形カウンターの奥の客席へと案内されました。奥の席は落ち着いた雰囲気です。

店内の様子。

それでは、メニューをチェックです。デリリウムカフェ レゼルブのメニュー表はビールごとに説明が書いてあり、それぞれ読んでいるとどれもこれも試してみたくて、結果迷ってしまいます。店員さんを待たせるのも悪いなぁと、個人的にも思い出深いビールをいただくことにしました。

ベルギービールのメニュー表一部

あたしはデ・ランケ醸造所のイクスイクスビター(専用グラス、790円)。ベルギービールって苦味の強いビールが少ないのですが、このビールは苦くてウマいんです。一方、ライブ仲間のJさんがはヒューグ醸造所のデリリウム・ノエル(S、590円)。クリスマス時期のシーズナルビールです。グラスのサンタ帽をかぶったピンクの象さんはかわいいけれど、アルコール度数10%です。

デ・ランケ醸造所の専用グラスに入ったイクスイクスビター(790円)と、ヒューグ醸造所のデリリウム・ノエル(S、590円)

2杯目はヒューグ醸造所のフローリス・フランボワーズ(S、490円)にしました。この日は午前中から細かく飲み繋いでいたため、さすがにアルコール度数が低いものにしました。フランボワーズやラズベリーのジュースみたいな、とってもライトな味わい。Jさんは、Rio BREWING&COの初陣(S、590円)を2杯目に選んでいました。

フローリス・フランボワーズ(S、490円)と、初陣(S、590円)

ということで、赤坂Bizタワーにある「Delirium Cafe Reserve(デリリウムカフェ レゼルブ)」でベルギービールを飲んできました。ライブ前の前上げ会場に選びがちなデリリウムカフェ。あたしが見に行くバンドのファンたちはここにはやってきません。きっと「(店内がゴージャスだから)高そう」とか、「ベルギービール、わかんない」とか、そんな感じだと思うのです。駅直結で便利だし、価格はそれほど高くないし、ゆっくり過ごせるメリットもあります。本命バンドの赤坂ライブは年に1度あるかないかくらいですが、また機会があればベルギービールを飲みに立ち寄りたいな。
終わり。

住所:〒107-6901 東京都港区赤坂5丁目3−1 赤坂Bizタワー1階

(*・ω・)つ 東京食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ビアバー, ビール, 赤坂, 関東・甲信越
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.