ニューパラダイス通り ランチ 沖縄そば 沖縄本島南部

那覇・牧志「元祖大東そば」そばと大東寿司のセットでお腹いっぱい!

投稿日:

来沖していた友人と共に、那覇・牧志の「元祖 大東そば」に行ってきました。ニューパラダイス通りにあるので、お店の前はよく通りかかるものの、沖縄移住後に食べに来たのは今回が初めて。前に来たのは10年ほど前かもしれません。国際通りもすぐなので、前回は観光ついでに食べに来たんですよね。それが今では沖縄移住しちゃってるんだから、人生何が起こるかわからない。

那覇・ニューパラダイス通りにある「元祖大東そば」の外観。

お店の前で友人と待ち合わせをしつつ、店前に出されているメニュー看板を眺めます。大東そばの大東って、南大東島に由来するそばなんですって。このそばの特徴は、縮れた太麺と豚+鰹ベースのあっさりスープ。そばだけじゃなく、ちゃんぷるーもメニューに乗ってるということは、そば専門店というよりも地域の食堂に近いのかもしれません。

「大東そば」の店先に出ていたメニュー看板。

この日は週末で、我々は12時ちょうどに店内に入りました。客席はカウンター席とテーブル席、お座敷席があって、それぞれそばを食べてるお客さんが既に何組か。奥にはスーツケースがいくつも並び、観光客が多く食べに来ていることがわかります。

「大東そば」の店内。

さて、店内のメニュー表に目を通しつつ、あたしはそばとご飯もののセットを注文しました。

「大東そば」のメニュー表。

ほどなくしてやってきたのが、こちらのお得セット(800円)です。お得セットの内容は、三枚肉とソーキ入りそばと大東寿司2貫の組み合わせ。大東寿司が5貫ついてくる大東寿司そばセット(1000円)もありますが、それじゃちょっと多いかな〜とお得セットをチョイス。

那覇「大東そば」のお得セット(800円)には、そばと大東寿司がついてくる。

まずはスープからいただきます。豚骨やカツオ節、鶏ガラを使ったスープは半濁。こってりと思いきや、見た目と違ってあっさり。塩と出汁の旨味を感じます。

「大東そば」のスープは白濁系。見た目よりも濃くない味。

そんなスープに合わせるのは縮れ太麺。柔らかでコシはなく、見た目も食感もまるでうどんのようです。ここまで太い麺の沖縄そばは初めて!これは好みが分かれるかもしれません。ちなみにこの麺、大東島の海洋深層水と亜熱帯植物の灰汁の上澄みを小麦粉に混ぜているそうです。亜熱帯植物の灰汁ってどんなだろ、この目で確認してみたいものです。

「大東そば」は太くてうどんのような麺。

具材は、大きな三枚肉とソーキ、かまぼこ2枚とネギ。三枚肉はほどよく油が抜け、ソーキも柔か。どちらのお肉も食べられるので、お得感がありますね。その名の通り、まさしくお得セット!

お得セットのそばには、三枚肉とソーキが乗せられている。

大東そばの卓上調味料は、紅生姜やコーレーグス、七味がありました。

「大東そば」の卓上調味料。

このお店のスープには、やっぱりコーレーグス。そのままでもおいしいのですが、コーレーグスで味変すると、味がしまって旨味が引き立つような気がします。ただ、コーレーグスは辛いので入れすぎに注意が必要です。数滴垂らすので充分おいしくなります。

白濁スープにコーレーグスが合う。

こちらは、お得セットの大東寿司2貫です。大東寿司は、マグロやカジキ、サワラなどの魚を醤油やみりん、砂糖で作られた特製タレに漬け込んだ、いわゆる保存食なんですよね。漬けの刺身は飴色で、もっちり食感。ぎゅっと握られたシャリは大きく、一般的なお寿司と比べて甘酸っぱさも強かったです。

お得セットの大東寿司は2貫。

ということで、那覇・牧志にある「元祖 大東寿司」でランチを食べてきました。地元のお客さんもいたけれど、日本人観光客が多く見かけました。国際通りが近く、ホテルJALシティ那覇の裏手という立地なので、客層がそうなるのかも。うどん的な太縮れ麺や半濁スープが特徴の大東そばを数年振りに食べて、ふと思い出しました。前回訪れた時は、小柄なお母さんがお店に立ち、麺をカウンター上に広げる作業をしていたんです。あのお母さん、元気でしょうか。また確かめに行かなきゃ、とお店を後にしました。
終わり。

住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志1丁目4-59

沖縄県那覇市牧志1丁目4-59

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ニューパラダイス通り, ランチ, 沖縄そば, 沖縄本島南部
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.