沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

クラフトビール ビアバー ビール 宜野湾市 沖縄の禁煙店 沖縄本島中部 沖縄県 飲み歩き

宜野湾のビアバー「BEEAR(ビーアー)」まったり空間で大好きなビールを飲んできた。

投稿日:2018年7月13日 更新日:

宜野湾にあるビアバー「BEEAR(ビーアー)」に行ってきました。その存在は知ってはいたけれど、お店のオープンとノンアル期がモロ被りだったので、オープンから1年半後にやっと訪れられました。場所は普天間でいご通り(ぎのわんヒルズ通り)沿いです。この辺り、気になるお店が多いんですよね。今回のビーアーもぱっと見ではビアバーとは思えないかもしれません。ビールののぼり旗やネオンが飾られていないし、シックなカラーの外観にお店のアイコンが描かれただけのシンプルな感じ。

宜野湾のビアバー「BEEAR(ビーアー)」に行ってきた。

入り口には「CRAFT BEER, IMPORT BEER and COFFEE」というテキストとビールっ腹のクマさん。このクマさんが可愛いのなんの!

宜野湾のビアバー「BEEAR(ビーアー)」の扉に書かれたクマ。

店内に入ると、日本のビアバーらしからぬまったりな雰囲気です。落ち着いた空間で海外にありそうだなぁ。客席はテーブル席がメイン。ビアバーというよりもカフェバーな要素が強いかな。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」の店内。

こちらがこの日のビーアーのドリンクメニューです。取り扱っている樽生ビールは3種類。この日はオリオンドラフト、バスペールエール、そしてヤッホーのインドの青鬼がありました。沖縄でドラフトのヤッホーなんて珍しい!

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」のドリンクメニュー。

ビーアーはキャッシュオンのお店なので、注文はカウンターで行い、その場でお会計を済ませます。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」の樽生は3種類。

それでは1杯目、沖縄では珍しい樽生のインドの青鬼(ラージ、880円)をいただきました。かなり飲みやすいIPAです。ビールはサイズが2種類あるのですが、まわりに流されて大きなサイズを注文してしまい... 久々の外飲みで後半かなりいい気分でした。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」樽生で繋がっていた、インドの青鬼(ラージ、880円)

この日は2軒目で、そんなにお腹が減っていませんでした。が、少しつまもうとフードメニューをチェック。簡単なおつまみが多いですが、多くのメニューにハーフサイズがあって、ありがたいなぁと思いました。ひとり飲みだと1品フルサイズでお腹いっぱいになってしまうんですよね。ハーフサイズを2品頼めるとお酒も捗るだろうし、いい戦略だなぁ。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」のフードメニュー。

ということで、ポテトフライ(ハーフ、300円)とケイジャンポテトフライ(ハーフ、350円)です。ケイジャンポテトフライ、味が濃くてビールもグビグビ。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」のポテトフライとケイジャンポテトフライ(いずれもハーフ、300円と350円)

こちらは本場リーペリンウスターソースで食べるメンチカツ(550円)。リーペリンウスターソースって初めて食べたけど、世界初のソース屋さんのソースなんだそうです。サラサラのウスターソースに肉厚のメンチ、これオススメです。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」本場リーペリンウスターソースで食べるメンチカツ(550円)

ビーアーには樽生の他にもボトルビールを販売しています。冷蔵庫を眺めると、アメリカやベルギー、日本のクラフトビールが並んでいました。この中であたしが目をつけたのは...

ボトルビールを多く取り扱っている。

はい、アサヒスタウトです。これ、大好きなんです!沖縄で飲めるとは全く思っていなかったので、めちゃくちゃ嬉しかった!このビールは大変貴重な、且つ世界に誇れる日本のスタウトです。飲み口の特徴は、スタウトの甘みと焙煎の苦味、そしてほんのり酸味も感じる重いビールです。どこか醤油を思わせるような味・香りもあります。キンキンに冷やすのではなく、常温に近づけて香りを立たせながら飲んで欲しい。ウンチクが止まりません。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」にはアサヒスタウト(600円くらいだったかな?)があった!

キャッシュオンで支払いを済ませ、席に戻ると全員が国産の黒ビールを飲んでいました。お店の照明も暗めだし、今夜はダークナイト気分!

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」で黒ビール祭り!

もう少し飲むのにおつまみを追加。コーントルティーヤチップス サルサソース(600円)です。この後ポテトフライをもう一度おかわり。酔うとジャンキーなおつまみが捗ります。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」コーントルティーヤチップス サルサソース(600円)

最後のシメに、アサヒスタウトをもう1杯。ウンチクをもう少し追加すると、アサヒスタウトは昭和10年に発売され、現在は年間醸造回数も少ないとアサヒビール吹田工場で聞きました。アルコール度数8%なんですが、度数を感じさせないのも気に入ってます。こんな上等なスタウトが小売価格280円前後だなんて安くて驚き!ビーアーの販売価格も600円くらいだったかな(記録漏れではっきりせず)。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」相変わらずアサヒスタウトが好き。

沖縄ではお目見えしない好きなビールを飲めて、めちゃくちゃ嬉しかったあたしは、酔いとテンションの上がり方と子守りに追われ、ビーアーのTシャツを買い忘れてしまいました。お店オリジナルのTシャツ、めっちゃ可愛いでしょ。欲しいわー。隣のアカガーラ帽もかわいいわー。

宜野湾「BEEAR(ビーアー)」のお店グッズがかわいい。

ということで、宜野湾のビアバー「BEEAR(ビーアー)」へ行ってきました。まさかインドの青鬼やアサヒスタウトに出くわすとは、予想もしておらず、印象に残る滞在となりました。沖縄県内でアサヒスタウトが飲めるのは、かなり珍しいと思います。ただ、ビールのラインナップは日によって異なるかもしれません。

ビーアーの主なお気に入りポイントは3つ。①ビールの品揃えが好み、②店内禁煙、③お店の雰囲気がいい、です。東京都内のビアバーだと禁煙が当たり前ですが、沖縄では分煙もしていないお店が多いです。地方は仕方ないなぁと諦めているのですが、ビーアーのように禁煙を掲げているお店はストレスなく過ごせると再認識。子連れでも訪れやすいですし、近くにあればフラッと訪れたい雰囲気です。

最後に。我々が飲みに行った時とは営業時間・曜日が変更になったようです。詳しくはお店のSNSアカウントでご確認を。
終わり。

住所:〒901-2201 沖縄県宜野湾市新城1丁目36-2

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-クラフトビール, ビアバー, ビール, 宜野湾市, 沖縄の禁煙店, 沖縄本島中部, 沖縄県, 飲み歩き
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.