池袋東口「万事快調」クラフトビール&日本酒と和食のマリアージュで悦に入る。

池袋「万事快調」なかずみ(550円)

ひさしぶりの東京滞在。宿を池袋駅に取り、夜は「クラフトワークダイニング 万事快調」へ向かいました。池袋東口から歩くこと7〜8分。人通りがまばらな1本裏の通りにお店があります。時刻は21時過ぎ、万事快調の窓越しに店内の様子が伺えます。

池袋「万事快調」の外観

2階に向かう階段を登ってみましょう。

池袋「万事快調」の入り口

賑わう店内には、テーブル席とカウンター席がありました。おひとり様のわたしはカウンターの一番奥へ。お店は和モダンっぽい感じもありますが、この日流れていた野球中継が居酒屋っぽさを演出している気がして。一人客でも全然臆せず気楽に飲める雰囲気でした。良き良き。

池袋「万事快調」の店内

万事快調はクラフトビールのお店です。最大10タップですが、コロナの影響でビールメニューの数を絞って提供されているとのこと。

池袋「万事快調」は10タップ

こちらがこの日のタップリスト。国内のクラフトビールを提供されているみたい。グラスはS(275ml)とM(450ml)の2展開です。

池袋「万事快調」クラフトビールのメニュー

脊髄反射的に、Y.MARKETのパープルスカイペールエール(S、750円)を。スルスルいけちゃう5.5%のおいしいヤツ。

池袋「万事快調」Y.MARKETのパープルスカイペールエール(S、750円)

この日のお通し。ビアバーで和風なお通しが出されるの、なんだか珍しい気がします。

池袋「万事快調」のお通し

ビールをいただきながらフードメニューを眺めました。そうか、万事快調はクラフトビールと和食のお店なのですね。和食に飢えているので、これはすっごくいい…!

池袋「万事快調」のおつまみメニュー

まずは、ナカズミ(550円)。ナカズミって聞いたことあります?わたしはなかったです。コハダが大きくなるとナカズミになるんだそう。確かにコハダみたいな模様を纏っています。軽く酢でシメているようでした。

池袋「万事快調」なかずみ(550円)

脂乗りはそこまでではないけれど、ワサビを乗っけてもいいし、ショウガやミョウガでもおいしいお魚です。シソとの相性もよかったなぁ。

池袋「万事快調」なかずみをワサビでいただく

ナカズミをアテに、ハーフパイントのグラスをごくごく。おお、底に蛇の目。グラスが空くまで全然気付かなかった!

池袋「万事快調」ハーフパインとの底に蛇の目があった

2品目は冬の味覚、白子天ぷら(770円)。これも内地じゃないとなかなか食べられないおつまみです。大ぶりな白子がいち、に、さん、し、ご。一人で5個も食べられます。好物なのでめっちゃ嬉しい!

池袋「万事快調」白子天ぷら(770円)

お店の方に「白子天ぷらに合うビールってなんでしょう?」と投げかけたところ、「セゾンですかね」とレスポンス。そこで箕面ビールのブライトセゾン(S、750円)をオーダーしました。酸味&アルコール感の後にフルーティーで芳醇なセゾン酵母を感じます。この感じ、ちょっと日本酒っぽい。こりゃあ確かに和食に合うなぁ。白子天ぷらはもちろん、先のナカズミとのマリアージュもよかったです。

池袋「万事快調」箕面ビールのブライトセゾン(S、750円)

この日は遅めのスタートだったこともあり、お次で最後のドリンクです。万事快調はクラフトビールと日本酒を提供しているお店。日本酒の品揃えだって、ほらこの通り。

池袋「万事快調」日本酒メニュー

グラスは90ccと一合(180cc)の2種類用意があります。時間的にも余力的にもハーフサイズにしておこうと小さめのぐい呑みを選びました。

池袋「万事快調」目の前でとくとく注がれる日本酒

常温の秋鹿(純米山田錦生酛、グラス600円)。黄色味がかった液色で、フルーティーで優しい酸味の飲み口。なんだか酔いが回ると思ったら、どっしりの17%です。どこか甘酒のような風味が感じられ、白子の天ぷらと合わせるとクイクイッと入ってくんです。久々の日本酒ウマい〜!

池袋「万事快調」常温の秋鹿(純米山田錦生酛、グラス600円)

白子天ぷらでシメようかとも思ったけれど、ハーフサイズがあると知ってらーめん(半玉、495円)を注文しました。酒もある、シメラーもある、万事快調ったら素晴らしいお店!

池袋「万事快調」らーめん(半玉、495円)

自家製スープはあっさりでキリッとした旨味を感じます。

池袋「万事快調」自家製スープはあっさり系

このスープを味わった瞬間「日本酒に合うのでは?」と思い、ちびちびと試してみました。すると、とても日本酒にあうのです。日本酒をおいしく飲ませるラーメン…!

池袋「万事快調」ラーメンをアテに日本酒を飲む

万事快調にかかればラーメンすらもお酒のアテになるというのでしょうか。麺やスープをすすっては日本酒をやり、日本酒の口になったところでまた麺やスープをすする。これぞ口福!

池袋「万事快調」半玉のラーメンが嬉しい

トッピングの鶏チャーシューを食べて日本酒。卵と、タケノコと、ワカメと、日本酒。ひとつ難点があるとすれば、日本酒のペースが早くなり、酔いも早まるところです。ああ、おいしかった〜!

池袋「万事快調」鶏肉のチャーシュー

ということで、池袋駅東口にある「クラフトワークダイニング 万事快調」に行ってきました。クラフトビールと日本酒を楽しめるお店では新しい発見がありました。和食とクラフトビールのマリアージュもそうだし、ビール酵母によっては日本酒の代替として食を楽しめること、そしてシメラーと日本酒との出会い。やっぱね、大都会・東京ってスゴいわ。そんなことを思いながら帰路についた夜でした。
終わり。

お店の情報

店名クラフトワークダイニング 万事快調
住所〒170-0013
東京都豊島区東池袋1丁目47-5 モリハタビル2F
営業時間平日:ランチ11時半〜14時/ディナー17時〜23時
土日祝:15時〜23時
定休日水曜
駐車場なし


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-クラフトビール, ビアバー, ビール, 居酒屋, 日本酒, 東京都, 池袋, 豊島区, 都道府県別, 関東・甲信越, 飲み歩き
-