ランチ 沖縄そば 沖縄本島南部 那覇市

那覇・曙「Ajazz(あじゃず)」で沖縄そばを食べてきた。

投稿日:2014年8月11日 更新日:

那覇にはいろんな沖縄そば屋がありますが、沖縄移住してから散歩中に見かけて気になったお店に突撃しました。58号線から那覇新港側へ曲がり、5分ほど歩いたところにある「Ajazz(あじゃず)」です。何が気を引いたって、この外見、この佇まいです。建物の高さ半分くらいは緑に覆われています。

那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ

15時くらいにお邪魔したところ、お客さんは3組ほどおりました。店内も広ければ駐車場も広いです。沖縄は車社会ですし、駐車場がないとこの立地は厳しいでしょう。

那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ

こちらがあじゃずのメニューです。そば、うどん、ご飯ものが並んでいます。ここでいうそばは日本蕎麦ではなく、沖縄そばです。うどんと並列すると、日本蕎麦だと思っちゃいそう。さらに、インバウンド客が翻訳アプリで「そば」だけ翻訳したら、単なるSobaになりそう。でも沖縄でそばと言ったら沖縄そばなんですよねぇ。沖縄そばに混ざって納豆そばとかざるそばもあるし... ああ日本語って、難しい。

那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ

文字だけのメニューを見ても、どんなものが出てくるのか想像がつかないと思っていたら、写真付きのメニューがありました。

那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ

なるほど、ありがたい!わかりやすくてスバラシイ!目を通した結果、あたしは一番シンプルな沖縄そば(520円)をチョイスしました。沖縄そば=三枚肉、ソーキそば=骨付きの肉、という違いなんですね。ピークタイムはとっくに過ぎていたこともあり、沖縄そばはオーダーしてすぐに出てきました。

那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ

これぞ沖縄そばって感じ。三枚肉に、かまぼこ。麺は固めのストレート細麺で、歯ごたえがありました。スープは鰹ではなく豚骨系かな?でもあっさりしていて、ジャンク感があまり感じられず、毎日でも食べられそう。

那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ

お肉は端の方は繊維質っぽかったけど、真ん中は柔らかくて、ちょうど良い味付けでした。ウマい!

那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ

沖縄そばを食べる時は、最後に必ずコーレーグスを入れて味変します。コーレーグスは、泡盛に島唐辛子を漬け込んだ調味料で、入れすぎると辛いし、泡盛っぽいだけになってしまうので、少しずつ入れることをおすすめします。バランス良い量を入れた時の、味の変革たるや!あたし好みの調味料です。

那覇,安謝,あじゃず,Ajazz,沖縄そば,ランチ

ということで、那覇・曙にある「Ajazz(あじゃず)」で沖縄そばを食べてきました。安謝(あじゃ)にあるから「Ajazz(あじゃず)」なんだろうな~、と思っていたんですが、お店の住所は曙なんですよね... でも安謝新港が近いし、安謝と思ってもいいのかな... そうそう、入店してからだいぶ経過して店内に流れるジャズが耳に入ったのですが、そこで「安謝+ジャズ=Ajazz(あじゃず)!」と気付きました。なるほど、納得です。
終わり。

住所:〒900-0002 沖縄県那覇市曙2丁目9-18

沖縄県那覇市曙2丁目9-18

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, , 沖縄そば, 沖縄本島南部, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.