沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ビール 北谷町 沖縄本島中部 沖縄県 焼鳥・焼きとん・もつ焼き

北谷「アラコヤ 美浜店」サンセットを眺めながら、ウマいもつ焼きを食べられます。

投稿日:2018年3月22日 更新日:

2017年12月14日、北谷・アメリカンビレッジの一角に「アラコヤ 美浜店」がオープンしました。場所はデポアイランドの海岸沿い。公式FBページでは、美浜のアラコヤで「ハマコヤ」なんて呼び方をしていますが、まさかこんな立地とは思わなかった〜!サンセットウォーク北谷に面しているので、沖縄西海岸を眺めながらもつ焼きを食べられるのです。沖縄の人気スポットで、おいしいもつ焼きが食べられるなんて、最高過ぎやしませんか!

北谷・アメリカンビレッジのオークファッションビルにオープンした「新子屋(アラコヤ)」の美浜店。

北谷のアラコヤは屋外にお店があります。客席は調理場に面した立ち飲みカウンター席と、海岸沿いにあるテーブル席です。雨避けの屋根とビニールカーテンはありますが、真冬の寒気と夏場の湿気&横からの日差しは避けられそうにありません。しかもここはサンセットビーチの並び。夕暮れ前の太陽って意外と強いんですよね。防寒や暑さ対策、紫外線対策はしたほうが良いかも。我々は立ち飲みが楽なので、カウンター席へ入りました。

北谷のアラコヤは立ち飲みスタイルのカウンター席がある。

こちらがアラコヤのドリンクメニューともつ焼きメニューです。ドリンクを注文し、パッと目についたアテも注文。

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」のドリンクともつ焼きのメニュー。

すると、ビール(サントリーモルツ、450円)と同じスピード感で、ポテトサラダ(380円)もやってきました。しょっぱい煮豆が乗せられたポテサラなんて初めて!

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」のビール(サントリーモルツ、450円)と、ポテトサラダ(380円)。

串物もさくっとやってきました。手前にあるのがのどべら(1本180円)はムチッとした食感というか、強めの歯ごたえです。声帯なんだって、ウマかったなぁ。奥に見える管っぽい食べかけのは、ふえがらみ(1本180円)。これは動脈で、コリコリ食感が楽しいのです。

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」ののどべらとふえがらみ(いずれも1本180円)

そして、栄町のアラコヤでも人気のてっぽう(1本250円)。とろとろじゅわっと脂が滲み出て、タレと脂の最高コラボがめちゃくちゃウマい1串です。これはもう1串食べたかったわぁ。

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」のてっぽう(1本250円)

もつ焼きには、こちらの辻田の上七味をかけてもおいしいです。アラコヤのウマさに、おいしい七味をふりかけたなら、相乗効果でもっとおいしくなっちゃうってもんです。

もつ焼きには、辻田の上七味をかけてもウマい

カウンターの上を見上げると、手裏剣がシュシュッと刺さった一品料理の札メニューがありました。なるほど、北谷のアラコヤは栄町のアラコヤとトミヤランドリーを足したようなお店だなぁ。アラコヤのおいしいもつ焼きと、トミヤランドリーのおいしいおつまみを一挙に集めた、そんなお店です。どちらも好きでハシゴしちゃうって人は、北谷のアラコヤに行くと便利ですよ。

新子屋(アラコヤ)の店内には一品料理の札メニューが貼られていた。

一品料理をいくつか注文しました。こちらは牛ハチノスの唐揚げ(600円)です。香ばしいハチノスの上にかけられたチーズの組み合わせがウマい!これはビールにもワインにも合いますねぇ。

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」の牛ハチノスの唐揚げ(600円)

ガツ山椒和え(500円)もやってきました。鮮度のいいガツに山椒。酒飲みが好きなアテでしょ!

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」のガツ山椒和え(500円)

ガッツリ系も食べたいなと思い、ソーキ黒胡椒揚げ(500円)もお願いしました。沖縄そばでよく食べるソーキですが、一般的にはスペアリブとして知られる部位のお肉です。

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」のソーキ黒胡椒揚げ(500円)

思い切りかぶりついてみました。肉質は食べやすい柔らかさで、筋もなく食べやすい。これ、いいわ〜。アラコヤの手にかかるとこんな風に変身するんですねぇ。脂も程よく抜けて、いいアテでした。

スペアリブのようにガツンと肉を食らう!

そろそろシメの流れでもつ焼きを追加。これは確か、たん元(1本230円)だったかな。

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」のたん元だったかな?

そして子持ち昆布と岩海苔のサラダ(780円)でシメ。プチプチの子持ち昆布が食べたくて注文しました。これはこれでおいしかったのですが、真冬に長く立ち飲みしていると足元が冷えて来るので、シメは温かい塩もつ煮込みとか肉豆腐にすればよかった!

北谷・美浜にある「新子屋(アラコヤ)」の子持ち昆布と岩海苔のサラダ(780円)

ということで、北谷にオープンした「アラコヤ 美浜店」に行ってきました。先にも書きましたが、アラコヤとトミヤランドリーのいいとこ取りしたようなフードのラインナップで、どちらも好きな方がここに来ればめちゃくちゃ幸せになれるハズ。今回は冬の立ち飲みでしたが、夏場にも来てみたいなぁ。夏の方が暑くてビールが捗る気もするんですよね。ただ、那覇まで帰るのに時間がかかってしまい(代行がなかなか捕まえられなかった)、その点だけは自分なりにもう少し工夫が必要だなと反省です。次回は作戦を立てて代行を呼ぼうっと!
終わり。

【2018年10月14日追記】沖縄オクトーバーフェストから流れて、アラコヤへ!

2018年10月13・14日、北谷フィッシャリーナで沖縄オクトーバーフェストが開催されました。イベント会場から流れて2次会はアラコヤへ。美浜のおいしいもつ焼きを食べたかったのです!いやー幸せ。売り切れ前に入店できてよかった。まずはビール(サントリーモルツ、450円)で乾杯。

北谷・美浜「新子屋(アラコヤ)」のサントリーモルツ生で乾杯。

まずやってきたのは、はつ青唐辛子醤油(500円)です。那覇・栄町のトミヤランドリーで食べてハマッた1品です。アラコヤでも食べられて嬉しい!ウマかった〜。

北谷・美浜「新子屋(アラコヤ)」はつ青唐辛子醤油(500円)

土曜日の21時頃に訪れたのですが、売り切れているもつ焼きが多かったです。さすが人気店。たんすじ(1本180円)は食感も楽しめるし、肉の旨味を引き出す味付けが絶妙。

北谷・美浜「新子屋(アラコヤ)」たんすじ(1本180円)

たん元(1本230円)もウマかったー。あっという間に食べてしまう。

北谷・美浜「新子屋(アラコヤ)」たん元(1本230円)

アラコヤ行ったら必ず注文するてっぽう(1本250円)。脂とタレと焦げ感がたまらんのです。1切れ口に入れるたび、ビールががぶがぶ減っていきます。最高すぎる。あー今度はいつ来れるだろう。また北谷飲みの予定を立てねば。

北谷・美浜「新子屋(アラコヤ)」てっぽう(1本250円)は食べねばなるまい。

住所:〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜9-39 オークファッションビル1階

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ビール, 北谷町, 沖縄本島中部, 沖縄県, 焼鳥・焼きとん・もつ焼き
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.