「山原そば」プリプリ食感のソーキに豚骨・鰹ベースのスープ、本部そば街道の人気店。

本部町「山原そば」トップに盛られたムチムチのソーキ

名護から本部町渡久地までつなぐ県道84号は本部そば街道と呼ばれ、実に20軒以上の沖縄そば専門店があると言われています。ずっと憧れていたんです、本部そば街道!カヌチャリゾートのアンバサダーとしてやんばるドライブを楽しんだ後、お昼を食べに向かったのは「山原そば」でした。白瓦の古民家の軒先に、入店待ちの行列があるのはよく見る風景です。

本部町「山原そば」の外観

山原そばの建物右側には広い駐車場があります。こちらに駐車して、入店待ちの行列に加わりました。

本部町「山原そば」の駐車場

15分ほど待ったでしょうか、思ったよりも早く古民家の中へと案内されました。店内にはテーブル席とお座敷席があり、特に希望のないわたしは空席のお座敷に割り振られました。

本部町「山原そば」の店内

こちらが山原そばのメニューです。沖縄そばのメニューは至ってシンプルで、ソーキそば・三枚肉そば・子供そばの3種類。サイズ違いで金額が異なります。あとは御飯があるだけ。

本部町「山原そば」のメニュー表

注文から5分ほどでやってきたソーキそば(900円)。提供も早ければ、食べるのにも時間がかかりません。行列でもわりと早めに入店できちゃうのはココですね。

本部町「山原そば」ソーキそば(大、900円)

まずはスープから。濃いめの醤油はキレを感じさせる味わい。懐かしい…!出汁は豚骨とカツオだそう。他の沖縄そば屋さんでは食べたことのない味です。ありふれた表現ですが、昭和の醤油ラーメンっぽい感じ。舌にじんわりと独特な旨味が広がり、ありがたみを感じるスープに心を打たれました。好きだ〜!

本部町「山原そば」ソーキそばのスープ

お次は麺を。山原そばの麺は、やや不揃いの平麺でした。これが丼にギューギューと詰め込まれているのです。普通サイズじゃなくて小サイズにしておけばよかったかなと思わせるボリュームでした。醤油の立ったスープとの相性もよく、しっかり平らげます。

本部町「山原そば」ソーキそばの麺

トッピングは大きいソーキが5個にネギ。でも、山原そばのソーキは一般的なそれとは全然違いました。まず、骨がするりと外れない。そう、外れないんです。これ、珍しいでしょ。

本部町「山原そば」ソーキの食感や味が特徴的

手で持ち上げかぶりつくと「この食感、めっちゃスペアリブだ!」と思いました。もちろん部位としてはスペアリブですが、沖縄料理になると煮込まれて食感も硬くなっている場合がありますし、焼いたり洋食風に煮込んだ時の食感とは全く異なるんですよね。でも、山原そばのソーキはムッチリ感・プリプリ感が残った肉で、この食感こそスペアリブだって思ったんです。それを昭和な醤油ベースの甘辛味に仕立てて、めちゃくちゃウマかった〜!

本部町「山原そば」ソーキにかぶりつくと、スペアリブのような食感だった

後半はコーレーグスを。キリッとしたスープに合わせてもおいしい味変でした。ソーキにちょい垂らししてもおいしいよ。

本部町「山原そば」ソーキそばにコーレーグスで味変

ということで、本部町の人気店「山原そば」に行ってきました。スープとソーキが珍しく、沖縄そば屋さんの多い本部町の奥深さを知れたような気分です。前々から沖縄本島北部は沖縄そばがおいしいと思っていたけれど、もっと本部町で開拓したくなりました。こちらのお店、売り切れ次第終了だそうです。11時から営業しているのでお早めにどうぞ。
終わり。

お店の情報

店名山原そば
住所〒905-0221
沖縄県国頭郡本部町伊豆味70−1
営業時間11時〜15時(売り切れ次第閉店)
定休日月・火曜
駐車場隣に駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランチ, 本部町, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-