沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ホテルの口コミ リゾートホテル 台湾 旅行記 朝食・モーニング 高雄

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」の朝食は和洋中のビュッフェ形式でした。

2019年2月27日

先日、台湾・高雄(たかお・カオション)の四つ星ホテル「リーズホテル(麗尊酒店)」に滞在しました。予約したプランには、リーズホテル2階の艾可柏菲自助料理(Cercle Buffet & Restaurant)で食べる朝食がセットになっていました。1歳児連れでの滞在ですから、朝ごはんは必須。しかも何を食べるか日によって違ったりするので、主食やフルーツなどが複数用意できるビュッフェスタイルはありがたいですね。ということで、リーズホテルの朝ごはんについてレポートします。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」の外観(昼間)。

高雄「リーズホテル」の朝食ビュッフェのレポート。

リーズホテルの朝食会場は2階にある「艾可柏菲(CERCLE)」です。4つ星ですから館内や客室はとても高級感がありました。朝食会場のレストラン付近もスペースに余裕があって開放感。受付に向かうとにこやかなスタッフがお迎えしてくれます。お料理は和洋中が揃い、また台湾料理もいただけるビュッフェ形式の朝ごはんとのこと。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)というビュッフェレストランだった。

朝食ビュッフェの料金。

朝食の料金は大人TWD450、7〜12歳TWD225、4〜6歳TWD99、3歳以下無料です。日本円だとそれぞれ1600円、800円、350円といったところ。さらにサービス料10%が上乗せされるので、大人2人+子供数名のご家庭だは朝から5000円近くかかってしまいます。我が家は朝食付きの宿泊プランで滞在していたのでレストランでの支払い手続きはなしでした。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェの料金表。

朝食会場「艾可柏菲(CERCLE)」の客席の様子。

受付からスタッフに誘導され、まずは朝食レストランの客席へと案内されました。客席が広めに取られ、周りの会話が耳に入るような環境ではありません。また客席とお料理を取り分けるスペースが仕切られているので、食事中に食器音や人の出入り・動きが気になることはありませんでした。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の広々とした客席。

年末年始のお休みで利用しましたが朝食会場は混雑しすぎるわけでなく、落ち着いて食事ができました。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ブッフェを食べるご主人サマーとお子サマー。

朝食ビュッフェのお料理は和洋中、そして台湾料理も。

朝食ビュッフェのお料理を紹介します。季節や日によって異なるかもしれません。4泊中2度朝食を食べに訪れましたが、日替わりの煮込み鍋以外はほぼ同じメニューでした。こちらは洋食の前菜コーナーです。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェのアペタイザーコーナー

サラダコーナーもあります。ドレッシングは4種類。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェのサラダコーナー

ビネガーやオイル類、トッピングもいくつか用意されています。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェのドレッシングやビネガー。

チーズが嬉しい!いくつか取り分けていただきました。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェのチーズ。

ちらし寿司的なものもありました。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェにあったちらし寿司。

こちらは中華料理コーナーです。食べたことがない食材も並んでいたり、野菜や豆腐を使ったものが多めでパッと見た感じヘルシーでうs。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェの中華料理コーナー

台湾ごはんを代表する、魯肉飯(ルーローハン)の素とも言えそうな鍋がありました。結構なオイリー具合なので、なるべく具だけすくうよう努力します。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェの魯肉飯(ルーローハン)の具。

パンも豊富です。自分でカットするバゲットも2種類あって、好きな枚数・厚みでいただけます。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェのパンコーナー

こちらは温かい洋食コーナー。野菜類・お肉類が並んでいます。日替わりで異なるメニューが並んでいたのもこのあたり。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェの洋食コーナー

ライブキッチンもありました。大きな塊肉をカットしてもらえたり、卵料理をお好みで焼いてくれたり、麺類をつくってもらえます。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェのライブキッチン

フルーツコーナーもありました。1月にスイカが食べられて嬉しい!

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェの様子(乳製品・フルーツコーナー)

ヨーグルトや乳酸飲料が氷上に並べられているのを見て、「ファビュラス...」と思いました。この他にもドリンクバーがあったのですが、何故かそこには牛乳が見当たらず、朝・晩は牛乳を欲しがるお子サマーを誤魔化すためにヤクルト的なものを与えました。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェのやたらとファビュラスな乳製品たち。

いただいた朝食。

1回目の朝食

あたしは、旅先での朝食は軽めに済ませたいものの、毎回それが叶わない欲張りな人間です。今回も「今日はさらっと軽くで済まそう」と思い、まずはこちらのサラダとオムレツのワンプレートを用意しました。オムレツはしっかり焼かれたタイプ。日本では半熟とろ〜がデフォルトですが、台湾ではかた焼きスタイルなのかもなぁと思いました。パンコーナーにあったガーリックバターがおいしかったです。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェで食事(その1)

2皿目は中華や台湾料理に寄せてみました。中国で食べる初めての麻婆豆腐、全然辛くなくて拍子抜け。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェで食事(その2)

台湾のあげパン(油條)、今まで食べたことがなかったんです。リーズホテルの朝食で食べてみたら、おいしい!スープに入れたらハマりました。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)で食べてハマッた台湾のあげパン(油條)。

2回目の朝食

朝食の内容が大きく異ならないことを理解した2度目の朝ごはんこそ控えめに、と思いつつ... バゲットとガーリックバターやらあげパン(油條)がウマくてたまらんのです。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェで食事(その3)

特にあげパン(油條)は、こうしておかゆに浸して食べるという。おかゆの味がほぼないので、味付け的にはものなりなかったかな。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)でこの日も台湾のあげパン(油條)をいっぱい食べた。

コーヒーに合わせ、甘いものも。振り返ると、この日は炭水化物ばかり食べいました。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)で食べた甘いもの系。

1歳11ヶ月のお子サマーが食べたもの。

さて、1歳児のお子サマーに食べさせたものも少しご紹介しておきます。1歳児と言えど、まもなく2歳になるくらいの大きさです。ベビーチェアや子ども用の食器類をお借りできました。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェではキッズチェアの貸し出しをしてくれる。

こちらがお子サマー用に取り分けた食事です。卵アレルギーを持っているので、問題なさそうなものばかり取り分けてきました。麺はあっさりスープでおいしかったし、高雄のちょっと甘めな魯肉飯もおいしかったです。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食ビュッフェでお子サマー用に取り分けてきた食事。

「ごはんおいしいひとー?」の問いかけに手を上げて応えるお子サマー。目線は魯肉飯に行ってます。どうやら本当においしいらしい。

台湾・高雄「リーズホテル(麗尊酒店)」艾可柏菲(CERCLE)の朝食がおいしいと意思表示するお子サマー。

まとめ。

ということで、台湾・高雄(たかお・カオション)の四つ星ホテル「リーズホテル(麗尊酒店)」で朝食をいただいてきました。1食にかかる料金を考えると、ホテル周辺の屋台や食堂で済ませる方が圧倒的に安上がりです。しかし天候や子連れの緊急性を考えると、ホテル内で済ませられることの快適さが上回ることも理解できます。今回このホテルに4泊して4回分の朝食がついていました。しかし、実際は2回しか朝食を使いませんでした。ホテル予約サイトを見ると、素泊まりと朝食付きの差は1泊2000〜4000円程度の開き。滞在中すべての朝食をホテルで食べるわけではないので、素泊まりにしておいて朝食を使った都度支払ってもよかったかも。いずれもケースバイケースですが、この先家族で海外旅行する時の参考にしたいと思います。
終わり。

住所:No. 105號, Wufu 1st Road, Lingya District, Kaohsiung City, 台湾 802

(*・ω・)つ 台湾食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ホテルの口コミ, リゾートホテル, 台湾, 旅行記, 朝食・モーニング, 高雄
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.