恩納村「ザ・ブロス サンドイッチスタンド」食事はもちろん併設のコーヒースタンドもオススメ!

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド))」のサンドイッチとコーヒー

恩納村の「THE BROS SANDWICH STAND(ザ・ブロス サンドイッチスタンド)」でランチを食べてきました。今回のお店は、家から遠いばっかりになかなか行けてなかったシリーズ。以前、真栄田岬へ行った日に見かけて、それからずっと気になってたサンドイッチ屋さんです。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」の外観

THE BROS(ザ・ブロス)の駐車場はお店の隣にあります。こちらが満車の場合は、店員さんに声がければ案内してもらえるとのこと。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」の駐車場

店内席はありますが、わたしが訪れた時はコロナ禍。そのためイートインはなく、テイクアウト専門で営業していました。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」の店内客席

テイクアウト専門といいつつも、テラス席は利用できます。そこで購入したサンドイッチをこちらでいただくことに。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」のテラス席

店内にはグッズ販売のコーナーもあって、マグやシャツなどのかわいいグッズが並んでいました。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」店内のグッズ販売コーナー

それではTHE BROS(ザ・ブロス)のメニューです。サンドイッチが8種類に、トッピングが多数用意されています。サンドイッチは単品とセットメニューが選べます。セットメニューはフレンチフライかオニオンリングのどちらかをお好みでチョイスするようです。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」のメニュー表

注文から15分ほど待って手渡されたテイクアウトボックス。シンプルながらかわいい仕様にテンションが上がります。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」待つこと15分、サンドイッチが出来上がった

フタを開けると、ボリューミーなTHE BROS SAND(980円)のセット(+220円)が箱いっぱいに詰め込まれていました。見るからに食べ応えがありそう!上からパン、レタス、ピクルス、トマト、タマネギ、卵、パン、ベーコン、チーズ、ハム、パン。おお〜、パンが3枚使われてる!

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」ブロスサンド(980円)のセットメニュー(+220円)

取り出して手に持つと、ずっしりと重みを感じます。新鮮な野菜もお肉類もたっぷり!とにかくギューギューに詰め込まれているんです。正直なところ食べるのが大変でしたが、ピクルスの酸味と新鮮野菜のシャキシャキ感がよく、ぺろっと完食。味付けが濃過ぎないのが食べ疲れないポイントですね。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」大きなサンドイッチはずっしりの重さ

セットのオニオンリング。甘めの衣がサクサクで、ジャンクなおいしさ。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」セットメニューはオニオンリングを選んだ

さて、THE BROS(ザ・ブロス)にはドリンク販売がほとんどありません。それは、お隣のTHE BROS COFFEE STAND(ザ・ブロス コーヒースタンド)での販売となっていて、こちらで注文するから。

恩納村「THE BROS COFFEE STAND(ザ ブロス コーヒー スタンド)」の外観

コーヒースタンドというだけあって、商品の中心はコーヒー。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」ドリンクのメニュー表

わたしはハンドドリップを注文したところ、コーヒー豆が選べると説明を受けました。こちらのTHE BROS COFFEE STAND(ザ・ブロス コーヒースタンド)では東京のロースタリーから豆を取り寄せています。どっしり濃い味のコーヒーではなく、サードウェーブな浅煎りやフルーティー系が多いそうです。

恩納村「THE BROS COFFEE STAND(ザ ブロス コーヒー スタンド)」のこの日の豆

わたしはコスタリカのアナエロビックコーヒーをいただきました。アナエロビックなんて聞き慣れませんが、発酵方法のひとつだそう。甘い香りにほんのり酸味でフルーティーなおいしさでした。飲み口が軽いので食事の邪魔をしないのがよいですね。お店にこだわりのコーヒーがあるとは知らなかったので、とっても驚きました。

恩納村「THE BROS SANDWICH STAND(ザ ブロス サンドイッチ スタンド)」のサンドイッチとサードウェーブコーヒーをいただく

ということで、恩納村にある「THE BROS SANDWICH STAND(ザ・ブロス サンドイッチスタンド)」でランチをいただきました。サンドイッチはオーダーが入ってから作り始めるので時間がかかるし、コーヒーも注文が重なっていると出来上がりに時間がかかります。それを理解した上で訪れた方がよいかも。サンドイッチ目的だったのに、併設のコーヒースタンドで心を奪われるという予期せぬ着地に自分自身びっくりしていますが、これもまたひとつの出会いなんですねぇ。面白いなぁ。
終わり。

お店の情報

店名THE BROS SANDWICH STAND(ザ・ブロス サンドイッチ スタンド))
住所〒​904-0416
沖縄県国頭郡恩納村山田590-1 1F
営業時間月〜土曜:10時〜16時(15時半L.O)/日曜:10時〜15時(14時半L.O)
定休日水曜
駐車場お店の並びに駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-カフェ・喫茶店, ランチ, 恩納村, 沖縄本島北部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-