那覇市天久「麺処 てぃあんだー」カツオ系アッサリスープに手打ち麺がおいしい沖縄そば。

2014年10月3日

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」軟骨そーきそば(中、800円)

沖縄そばの店「麺処 てぃあんだー」は、那覇市の天久りうぼう楽市裏にあります。店名のてぃあんだーとは、ウチナーグチで手の油を指します。愛情いっぱいに手間ひまかけてつくった沖縄そば、というのが店名由来です。心を込めた自家製手打ち麺とカツオ出汁のスープがおいしいお店です。ということで、さっそくレポートいってみよ〜!

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」について

どこにあるの?駐車場は?

麺処 てぃあんだーは、那覇市の天久りうぼう楽市裏にあります。那覇新都心の裏通りにありますが、車の交通量はそこそこ多く、また周辺には小学校や住宅が並ぶので子どもも多く、運転に気を使うエリアです。わたしのお気に入りのル・キュイップも近くですね。

麺処 てぃあんだーの駐車場は建物真向かいにあるコインパーキングが提携駐車場となっています。こちらに停めてお店に向かいましょう。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」の駐車場

お店の様子

麺処 てぃあんだーはガラス張りのオシャレな建物1階にあります。那覇新都心の街並みに溶け込み、お店の看板などは大きく出ていないので少し見つけにくいかもしれません。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」の外観

入り口の外には空席待ち用の椅子が置かれています。待つのを覚悟で、まずは店内へ。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」の入口

この日は少し遅めの13時過ぎに到着したためでしょうか、待ち時間ゼロでラッキー!店内は打ちっぱなしのコンクリートに、どこか昭和っぽい雰囲気もあります。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」の店内

テーブル席はミシン台を再利用したもの。このセンス!レトロだし味わい深いです。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」レトロなミシン台がテーブル代わり

メニュー

麺処 てぃあんだーのメニューをチェックしてみましょう。沖縄そば(三枚肉)・ソーキ・軟骨ソーキ・てびちとトッピングによってメニューが異なります。麺は太麺(平打ち麺)と細麺(宮古・八重山の丸麺)の2種類からお好みで選べます。フーチバーを練り込んだ麺のメニューもあるようです。スパイスカレーやジューシーなどのメニューもありました。こちらは2022年10月時点の情報なので、最新はお店でご確認ください。

実食!グルメレポート

フーチバーそば

初回訪問では、フーチバーそば(中サイズ、670円)をいただきました。トッピングは三枚肉にヨモギ、それから細切りの生姜が乗っています。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」フーチバーそば(中、670円)

器が少し変わっていて、丼に足がついていました。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」足付きの器が珍しい

ヨモギが練り込まれたフーチバーそばは、つるんとした口当たり。一般的な沖縄そばと異なり、フーチバーの風味が感じられます。麺処 てぃあんだーの自家製手打ち麺は、普通の沖縄そばと違って油をまぶさない生麺です。そのため、注文が入ってから茹であげんだそう。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」麺にはフーチバーが練り込まれている

透明度の高いスープはかなりアッサリ。塩味がきいてる鰹ベースでおいしいです。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」フーチバーそばのスープ

そばにヨモギが乗っているので、麺と一緒にすすれます。これがおいしい!

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」フーチバーそばとヨモギと一緒に食べる

分厚い三枚肉は2つ乗せられていました。柔らかく、食べ応えのあるサイズ感です。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」フーチバーそばの三枚肉

いつもは味変でコーレーグスを入れるのですが、この日は島唐辛子の入った容器が気になりました。ふたつあり、蓋を開けるとこの様子です。にんにく入りとにんにく無し。どちらも試したところ、にんにく入りが好みでした。液体ではないコーレーグスもあるんですね。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」のコーレーグス2種類

最後はにんにく入りのコーレーグスをまぶしていただきました。辛さもアルコール感も少なく、にんにくの風味と旨味が加わって更においしくなりました。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」フーチバーそばにコーレーグスをまぶして食べる

半そばとジューシーセット

2年半ぶりの訪問。この日は半そばとジューシーセット(630円)を注文です。お腹ペコペコだったので、提供時間が早くて嬉しかったなぁ。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」の半そばとジューシーセット(630円)

まずはスープから。透き通ったあっさりスープは優しいカツオ出汁。ほんのり甘みを感じます。これは誰が食べてもおいしいと言うはず。どことなくラーメンスープに近い印象です。初回訪問時にも同じように思っていましたが、フーチバーの風味がない今回は改めてそう感じました。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」スープはあっさり。ほのかに甘みを感じる

お次は麺を。麺処 てぃあんだーの麺は、太麺(平打ち麺)または細麺(宮古・八重山の丸麺)から選べます。今回は太麺をチョイス。プリッとほどよいコシを楽しめます。小麦の味が感じられて、おいしかったなぁ。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」麺は太麺(平打ち麺)または細麺(宮古・八重山の丸麺)から選ぶことができる

半そばのトッピングは三枚肉と生姜、そしてネギというシンプルな構成です。三枚肉は2cmほどの厚みで甘く煮込まれ、脂身部分がとろけます。これはウマい!三枚肉と生姜の相性もバッチリです。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」半そばのトッピングは、三枚肉と千切りのしょうが。

麺処 てぃあんだーのジューシーは柔らかい炊き上がり。ところどころにおこげが混ざっています。具材は豚肉がゴロゴロとたっぷり入り、シイタケ、ニンジン、上からパラッとネギ。塩気が強めに感じましたが、豚の脂が中和してくれておいしかったです。そばのスープと雑炊風にしてもよいですね。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」半そばとセットのジューシー。

沖縄そば

3年ぶりの麺処 てぃあんだーでは、シンプルに、沖縄そば(中、680円)を注文しました。黄金のスープはほんのり甘く、優しい塩気。丁寧な針生姜と小口のネギが良い仕事をしています。三枚肉は柔らか、とろとろの脂がウマいんだなぁ。肉を頬張ると、ほんのり泡盛の香り。仕込み時に使っているのでしょう。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」沖縄そば(中、680円)

麺は太麺(平打ち麺)と細麺(宮古八重山の丸麺)からお好みで選べます。今回は細麺でオーダーしたのですが!が!普通の平打ち麺じゃん!?と思うほどの太い麺がやってきました。つるつる、もちもちの生麺タイプでおいしいから、太麺でも細麺でももちろん問題ないのですけれど、逆に2種類の麺を比べてみたくなっちゃったな。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」麺は太麺(平打ち麺)と細麺(宮古八重山の丸麺)が選べる

軟骨そーきそば

1年ぶりの訪問です。過去の履歴を辿ってみると、軟骨そーきそばを食べたことがないようでした。それじゃあと今回は軟骨そーきそば(中、800円)を注文です。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」軟骨そーきそば(中、800円)

まずはスープから。いやぁ、おいしい。体に沁みるクリアなスープです。カツオの香るアッサリとした味わいです。そう、麺処 てぃあんだーをはこの味でした。熱々のスープもいい。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」軟骨そーきそばのスープ

2種類から選べる麺は、今回も平打ちの太麺をチョイス。この日はパツ感のインパクトが強くって。コシの感じは過去にここで食べた中で一番あったかも。沖縄そばというより、きしめんのような麺でした。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」麺は太麺をチョイス

軟骨そーきそばには、三枚肉が1枚乗せられています。軟骨そーきも三枚肉も食べられて、とても満足感がありました。生生姜の千切りも嬉しいですね。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」軟骨そーきそばに乗せられた三枚肉と針生姜

そして軟骨そーきは別皿に2切れ乗せられていました。とろっとろ、むっちむちの軟骨がたまりません。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」別皿になっている軟骨そーき

軟骨そーきを丼に移し、そこににんにくこーれーぐすを乗せてパクリ!にんにく好きに推したい味わいです。

那覇市天久「麺処 てぃあんだー」軟骨そーきにニンニクコーレーグスを乗せる

まとめ

ということで、那覇市天久にある「麺処 てぃあんだー」に行ってきました。この界隈には沖縄そば屋さんが少なく、おいしくて貴重なお店だと思っています。が、なかなか食べにいけず…年単位でご無沙汰な感じで訪れています。いつも通りかかってはお客さんがいっぱいな雰囲気を眺めています。定期的に通っても間違いなくおいしいので、いつも安定しているのだろうと思います。

珍しいヨモギの麺だとか、スパイスカレーが増えたりだとか、少しずつ進化している様子も伺えます。那覇新都心に住むわたしが、これからも長く食べに訪れたいお店のひとつです。
終わり。

お店の情報

店名 麺処 てぃあんだー
住所 〒900-0005
沖縄県那覇市天久1丁目6-10
営業時間 11時〜14時(売り切れ次第終了)
定休日 月・火曜
駐車場 店舗向かいのコインパーキング(Dパーキング天久1丁目第2)が指定駐車場


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-ランチ, 天久, 新都心エリア, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-