「麺屋TAMOTSU 柏店」伊吹いりこやカツオを使用した超あっさり和風出汁ラーメン。

柏市「麺屋TAMOTSU」香の梅(800円)

柏神社の裏手にある「麺屋TAMOTSU」を訪れました。腹ごしらえできるお店がないかウロついて、パッと目に入ったので入店することに。この周に詳しくないのですが、意外と飲食店があるんですね。平日の中途半端な時間帯だったので、営業していないお店もある中、こちらのラーメン屋さんは通し営業されていて入店でききました。

柏市のラーメン店「麺屋TAMOTSU」の外観

麺屋TAMOTSUは小さなラーメン屋さん。店内にはカウンター5席と、これまで食べてきたラーメン屋さんの中でも客数は少なめです。店内には長野のありがとう製麺の麺箱が置かれていて、この製麺所直営ラーメン店のようです。渋谷に1号店があり、この柏店は2号店とのこと。最近大阪に3店舗目ができたっぽいです。

柏市「麺屋TAMOTSU」の店内

こちらのお店、和風出汁の醤油ラーメン店だそう。スープは伊吹いりこが使われ、麺には食塩・かん水を使っていないようでした。メニューを確認し、最もシンプルなメニューを注文することに。

柏市「麺屋TAMOTSU」のメニュー

ということで、麺屋TAMOTSUの香の梅(800円)をオーダー。ピンク色のレアチャーシューに、味付け卵1/2個と穂先メンマ、そしてネギが乗せられています。

柏市「麺屋TAMOTSU」香の梅(800円)

まずはスープから。色合いからもわかるように、かなりあっさりとしたスープで塩気をほぼ感じません。もちろん使っているとは思うんだけど、かなりマイルドでやんわりとした味わいです。店内は香川の讃岐うどん店みたいな香りがします。なるほど、これは香川県インスパイアの伊吹いりこや昆布・カツオのスープゆえなのでしょう。

柏市「麺屋TAMOTSU」香の梅のスープ

麺はかなりのあっさりとした細麺。コシと旨味を感じるそれはかん水を使っておらず、パツ系の食感です。

柏市「麺屋TAMOTSU」香の梅の細麺

チャーシューは2種。脂多めの方は豚もも肉でしょうか、低温調理で柔らかくお肉の旨味もおいしいです。もう1枚は豚肩ロースかな。脂身のない赤みの部位で煮込まれたチャーシューでした。

柏市「麺屋TAMOTSU」香の梅の低温調理チャーシューと煮込みチャーシュー

卵は固茹でのちょい手前。

柏市「麺屋TAMOTSU」香の梅のトッピングの味付け卵

一通り食べたところで味変タイム。かなりあっさりとしたスープと麺なので、卓上調味料の方が風味が強くなってしまいそう。

柏市「麺屋TAMOTSU」の卓上調味料

ニンニク、ゆず胡椒、山椒をお試ししたところで、最終的な味変はゆず胡椒にしました。香りと辛味が麺屋TAMOTSUのスープに合うと思います。

柏市「麺屋TAMOTSU」香の梅にはゆず胡椒がおいしかった

ということで、柏市にあるあっさり和風醤油ラーメンの「麺屋TAMOTSU」に行ってみました。この日は昼飲みのシメラーだったのですが、全体的に軽くてわたし的にはおいしかったです。いりこを使っていることからおうどんのような味わいで、このくらいあっさり和風なラーメンがあっても良いなぁと思いました。ただ、いわゆるラーメンを食べたい人からすると物足りないだろう、とも。味の濃ゆいラーメンが多い中で、一つの選択肢として存在するのも全然アリではないでしょうか。
終わり。

お店の情報

店名麺屋TAMOTSU 柏店
住所〒277-0005
千葉県柏市柏3丁目6-6
営業時間11時〜23時(売り切れ次第終了)
定休日火曜
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

-ランチ, ラーメン, 千葉県, 都道府県別, 関東・甲信越, 食べ歩き
-