「那覇そば処 たからまちがー」地域に溶け込む、無化調のあっさり系沖縄そば。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」本ソーキそば(中、600円)に三枚肉をトッピング(200円)した

古民家の沖縄そば屋さんといえばいくつか思い浮かびますが、また1軒「那覇そば処 たからまちがー」が追加になりました。那覇市高良の住宅街にある平家建てのお店です。栄町で人気の「大衆酒場 八六」オーナー上原さんの沖縄そば店で、開店前から楽しみにしていました。ということで、さっそくレポート行ってみよ〜!

古民家の沖縄そば屋「那覇そば処 たからまちがー」に行ってきた

どこにあるの?

たからまちがーは那覇市の小禄エリアにあります。那覇空港も近く、スムーズだと車で10分ほどの距離。この辺りにはレンタカー屋さんも多いので、乗り出し直後や返却直前に食べに立ち寄りやすいですね。ただ細い路地の住宅街を通行するため運転には注意が必要です。また有名な沖縄そば屋さんの木灰そば とらやも割と近くなので、今後は観光滞在の友人に2軒とも紹介しようと思います。

駐車場は?

ゆいレール駅から離れた立地だから車で訪れるのがベター。駐車場も完備しています。写真は店舗前の第一駐車場で、第二駐車場は写真の左後方にあり、合わせて16台ほど停車できます。バイク置き場も完備しているため、地元の方も利用しやすいでしょう。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の駐車場

お店の様子

車から降りてまず気になったのは、こちらの井戸。飲料用ではなさそうですが、近くに桶があることから今も現役なのでしょう。たからまちがーという店名は「たからまち→高良町」と「がー→井戸」から構成されていると推測しています。昔から沖縄では湧水などの水場を大切にしているんですよねぇ。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の外には井戸があった

中庭も立派。さまざまな草木が育てられていました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」のお庭

お食事処はこちらの平屋建てです。店内への出入りは、勝手がわからないと一瞬悩むかも。戸の開いた縁側からそのまま入店します。この時は暖簾があるわけでもマットが敷かれるでもなかったので「ここから入るんですか?」と確認したほどです。この放たれた縁側とそこから出入りする様子が、地域に溶け込んでいるように思いました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の外観

客席は畳の間。子連れで訪れやすい沖縄そば屋さんですよね。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の店内客席(18畳の畳席)

こちらのモダンな円卓カウンターも客席です。テーブル席もあるのでひとり・ふたりで訪れやすくもあります。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の客席(円卓カウンター)

客席には沖縄でメジャーな苗字の札が。我々は6番、宮里さんのお席でした。席によって名前が異なるので、次はどんな苗字だろうとわくわく。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」卓番は沖縄の苗字を使っている

メニュー

この時のたからまちがーのメニューは沖縄そば、サイドメニュー2種類、トッピング2種類という構成でした。この時、沖縄そばは本ソーキと三枚肉だけでしたが、現在はゆし豆腐そばやてびちそば、毎月の限定メニューを提供しています。また、沖縄そばもジューシーも大中小とサイズが選べて嬉しい。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」のメニュー表

実食!グルメレポート

本ソーキそば(小、500円)に三枚肉トッピング

お初のたからまちがー、わたしは欲張りました。本ソーキそば(小、500円)に三枚肉をトッピング(+200円)。沖縄そば屋さんをにはソーキと三枚肉のどちらも乗せられたミックスがあったりしますが、この時のたからまちがーにはそれがなかったのです。ならば勝手にミックスしちゃおうとトッピングしたわけですね。卓上のネギをたっぷり乗せていただきます。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」本ソーキそば(中、600円)に三枚肉をトッピング(200円)した

まずはスープから。どんぶりの底まで透き通ったスープは過去最高にあっさり。スープの出汁は、鹿児島県枕崎市の鰹節と沖縄県産鶏をベースにしているそうです。味付けは控えめの薄味、最後まで飲み干せるスープを目指しているのがわかります。無化調にこだわり、健康思考なのでしょう。先にネギを入れちゃったのですが、これはこれでおいしいけれど風味が変わってしまうので、本来の味を確かめる意味では失敗したぞ...

あっさりスープに合わせたのは、豊見城は亀浜製麺所のあっさり麺。率直に書きますと、正直、意外でした。最近は新店オープンする沖縄そば屋の多くが自家製麺を使うことが多いように思います。なので、たからまちがーもてっきりそうかと思ったら、古き良きの逆張りとは...!

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の沖縄そば麺は豊見城・亀浜製麺所のシンプルなストレート麺

三枚肉はくるりとまいたタイプ。あっさりとした味付けで、スープも麺も邪魔しません。食べてみると、丁寧に下処理していることがわかります。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」のぐるりと巻かれた三枚肉

こちらは本ソーキ。大きな肉の塊です。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」大きな本ソーキ

本ソーキは骨が硬く、食べる時に邪魔になるので先に外します。軽く引っ張るとスーッと簡単に抜けました。肉質はほどよく柔らか。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」本ソーキの骨がするりと抜ける

卓上には調味料や紅生姜、ネギが置かれています。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の調味料やネギ、紅生姜など

初回とあって、いろいろ試してみました。まずは定番のコーレーグス。控えめな味付けのスープに変化が生まれ、存在感が増します。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」コーレーグスを入れて味変

もうひとつ、ゆず七味も好みでした。スープに広がるゆずの香りに、ピリッと辛さのアクセントがおいしいです。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」七味で味変

フーチバージューシー(小、100円)

初回訪問はいろいろ食べてみたいので、フーチバージューシー(小、100円)もいただきました。ジューシーもサイズが大中小と選べて嬉しいなぁ。フーチバーと名はついていますが、そこまでヨモギ感は強くありません。沖縄そばと同様、ジューシーも味が薄めで、豚の脂もあっさり。とにかく全般あっさりです。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」フーチバージューシー(小、100円)

ジューシーといえば、そばのスープと合わせていただくのが大好きです。スープに加えたゆず七味の風味がジューシーに移って、味変を楽しみました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」沖縄そばのスープとフーチバージューシーを合わせて食べる

まとめ

ということで、那覇市高良にできた「那覇そば処 たからまちがー」でランチを食べて来ました。古民家をリノベーションした佇まいに、古き良きあっさり・さっぱりな沖縄そば。新店といえば変わりダネや新ジャンル、ラーメンのようなお店が多い今、この沖縄そばを提供するのはとってもチャレンジングに思います。メニューも少しずつ増えていますし、毎月の限定メニューもあって柔軟性も感じられます。おそらく、この先も更なる追求をされるでしょう。もしかするとメニューもどんどん増えていくのかも。また少し時間をおいて食べに行ってみたいと思わせるお店でした。
終わり。

お店の情報

店名那覇そば処 たからまちがー
住所〒901-0145
沖縄県那覇市高良1丁目6-13
営業時間11時〜15時/18〜22時(夜営業は要確認)
定休日木曜
駐車場第1・第2駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ランチ, 小禄エリア, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き, 高良
-