「那覇そば処 たからまちがー」無化調あっさりの古き良き、だけど新式の攻め要素も感じる沖縄そば。

2021年8月16日

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」スペシャルそば、小(750円、2023年3月時点)

古民家の沖縄そば屋さんといえばいくつか思い浮かびますが、また1軒「那覇そば処 たからまちがー」が追加になりました。那覇市高良の住宅街にある平家建てのお店です。栄町で人気の「大衆酒場 八六」オーナー上原さんの沖縄そば店で、開店前から楽しみにしていました。ということで、さっそくレポート行ってみよ〜!

古民家の沖縄そば屋「那覇そば処 たからまちがー」に行ってきた

どこにあるの?

たからまちがーは那覇市の小禄エリアにあります。那覇空港も近く、スムーズだと車で10分ほどの距離。この辺りにはレンタカー屋さんも多いので、乗り出し直後や返却直前に食べに立ち寄りやすいですね。ただ細い路地の住宅街を通行するため運転には注意が必要です。また有名な沖縄そば屋さんの木灰そば とらやも割と近くなので、今後は観光滞在の友人に2軒とも紹介しようと思います。

駐車場は?

ゆいレール駅から離れた立地だから車で訪れるのがベター。駐車場も完備しています。こちらは店舗前の第一駐車場。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の駐車場

第二駐車場も近くにあり、合わせて16台ほど停車できます。バイク置き場も完備しているため、地元の方も利用しやすいでしょう。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」第二駐車場の案内

お店の様子

車から降りてまず気になったのは、こちらの井戸。飲料用ではなさそうですが、近くに桶があるので、今も現役の井戸なのでしょう。店名・たからまちがーの意味は「たからまち→高良町」と「がー→井戸」から構成されていると推測しています。昔から沖縄では湧水などの水場を大切にしているんですよねぇ。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の外には井戸があった

中庭も立派。さまざまな草木を大家さんご夫婦が愛情込めて育てられているそうです。この敷地内にはマンゴーやパパイヤなども実るそうで、タイミングが良ければ沖縄の南国感溢れる家庭の庭を楽しめるかもしれません。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」のお庭

お食事処はこちらの平屋建てです。店内への出入りは、勝手がわからないと一瞬悩むかも。戸の開いた縁側からそのまま入店します。この時は暖簾があるわけでもマットが敷かれるでもなかったので「ここから入るんですか?」と確認したほどです。この放たれた縁側とそこから出入りする様子が、地域に溶け込んでいるように思いました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の外観

週末の混雑時などは入店待ちができていたりします。入り口付近にはウエイティングリストがあるはずなので、そちらに名前と人数、そして希望の席(お座敷席 or カウンター席)を記入して、呼び出しを待ちましょう。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」ウエイティングリストに名前を書いて待つ

店内に入ると、畳のお座敷席が広がります。子連れで訪れやすい沖縄そば屋さんですよね。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の店内客席(18畳の畳席)

こちらのモダンな円卓カウンターも客席です。テーブル席もあるのでひとり・ふたりで訪れやすいと思いました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の客席(円卓カウンター)

客席には沖縄でメジャーな苗字の札が。我々は6番、宮里さんのお席でした。席によって名前が異なるので、次はどんな苗字だろうとわくわくしますよね〜。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」卓番は沖縄の苗字を使っている

メニュー

こちらがたからまちがーのメニュー(2023年3月時点)です。沖縄そばは8種(①月替わりの限定、②スペシャル、③ソーキ、④三枚肉、⑤ゆし豆腐、⑥てびち、⑦コロコロラフテー、⑧鶏卵)ありました。沖縄そばのカスタマイズコーナーもあり、トッピングを数えると12種類ほど用意されていました。サイドメニューのごはんものも充実していて、おかぁ特製じゅーしー4種と、京都のおあげのいなり寿司4種が選べます。久しぶりに訪れたら、めちゃくちゃメニューが増えていました。進化してる〜!

実食!グルメレポート

本ソーキそばに三枚肉トッピング

お初のたからまちがー、わたしは欲張りました。本ソーキそばの小(500円、2021年7月時点)に三枚肉をトッピング(+200円)。沖縄そば屋さんをにはソーキと三枚肉のどちらも乗せられたミックスがあったりしますが、この時のたからまちがーにはそれがなかったのです。ならば勝手にミックスしちゃおうとトッピングしたわけですね。卓上のネギをたっぷり乗せていただきます。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」本ソーキそば(中、600円)に三枚肉をトッピング(200円)した

まずはスープから。どんぶりの底まで透き通ったスープは過去最高にあっさり。スープの出汁は、鹿児島県枕崎市の鰹節と沖縄県産鶏をベースにしているそうです。味付けは控えめの薄味、最後まで飲み干せるスープを目指しているのがわかります。無化調にこだわり、健康思考なのでしょう。先にネギを入れちゃったのですが、これはこれでおいしいけれど風味が変わってしまうので、本来の味を確かめる意味では失敗したぞ...

このシンプルなスープに合わせるのは、豊見城・亀浜製麺所のあっさり麺。率直に書きますと、正直、意外でした。最近は新店オープンする沖縄そば屋の多くが自家製麺を使うことが多いように思います。なので、たからまちがーもてっきりそうかと思ったら、古き良きの逆張りでくるとは...!

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の沖縄そば麺は豊見城・亀浜製麺所のシンプルなストレート麺

三枚肉はくるりとまいたタイプ。あっさりとした味付けで、スープも麺も邪魔しません。食べてみると、丁寧に下処理していることがわかります。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」のぐるりと巻かれた三枚肉

こちらは本ソーキ。大きな肉の塊です。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」大きな本ソーキ

本ソーキは骨が硬く、食べる時に邪魔になるので先に外します。軽く引っ張るとスーッと簡単に抜けました。肉質はほどよく柔らか。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」本ソーキの骨がするりと抜ける

卓上には調味料や紅生姜、ネギが置かれています。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」の調味料やネギ、紅生姜など

初回とあって、いろいろ試してみました。まずは定番のコーレーグス。控えめな味付けのスープに変化が生まれ、存在感が増します。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」コーレーグスを入れて味変

もうひとつ、ゆず七味も好みでした。スープに広がるゆずの香りに、ピリッと辛さのアクセントがおいしいです。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」七味で味変

スペシャルそば

この日は豪勢に食べたかったので、スペシャルそば注文してみました。スペシャルそばはその名の通り、お肉が3種類も乗せられてとってもスペシャルなおそばです。お肉がたっぷりなので、麺のサイズは小(750円、2023年3月時点)を選びました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」スペシャルそば、小(750円、2023年3月時点)

まずはいつものようにスープから。カツオ、鶏、昆布と塩のみで作られ、雑味がなくクリアであっさり。このお店以上にあっさりのスープは出会ったことがないほどだし、文字通り最後まで飲み干せるおいしさです。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」スペシャルそばのスープ

麺はベーシックな亀浜製麺。沖縄そばのサイズが小なので、麺量は100gです。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」スペシャルそば小の麺は100g

スペシャルそばのお肉3種類のうち、まずは三枚肉から手をつけました。薄いカットで食べやすく、あっさりの味付け。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」スペシャルそばの三枚肉

お次のお肉は、軟骨ソーキです。お肉の部位がほとんどなく、ポリポリ・ポロポロとした食感の軟骨ソーキがドーンと乗せられていました。トロンな部位もあったけれど、もうちょいトロトロに煮込んでもらった方がわたし好みかも。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」スペシャルそばの軟骨ソーキ

そして、てびちです。とろとろ、ぷるっぷる。ものすごく丁寧に仕込まれているのがわかります。てびちの軟骨も食べれてしまうくらい柔らかく仕上がっていいました。コーレーグスを垂らすと風味が変わって、より食べやすくなります。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」スペシャルそばに乗せられたてびちが大きい

コロコロラフテーそば

いつの間にかレギュラーメニュー入りしていた、コロコロラフテーそばはお子サマー用に注文。食べ盛りだろうと麺を中サイズ(150g、700円、2023年3月時点)で注文したら、想定以上にボリューミー!メニューの写真以上にコロコロラフテーがトッピングされています。柚子と甘みを感じるスープは子どもウケが良かったのですが、お肉と麺量が多くてお腹パンパンでした。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」コロコロラフテーそば、中(700円、2023年3月時点)

辛い!ゆし豆腐そば(限定)

2022年7月の限定メニュー、辛い!ゆし豆腐そば(中、800円)をいただきました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」2022年7月限定の辛い!ゆし豆腐そば(中、800円)と鰻と玉子のいなり寿司(200円)

沖縄そばの上には辛いゆし豆腐、つまり麻婆豆腐が乗せられています。辛ニラもトッピングされて本格的です。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」2022年7月限定の辛い!ゆし豆腐そば(中、800円)

まずはスープから。たからまちがーらしいあっさりとした味わいに、食べながらじんわり汗がにじむような辛さです。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」2022年7月限定の辛い!ゆし豆腐そばのスープ

麺は他の沖縄そばと同じタイプ。このスープには、この麺がいい。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」2022年7月限定の辛い!ゆし豆腐そばの麺

たっぷり乗せられた辛いゆし豆腐は豆豉が使われて、わりと本格的。あっさりとした味わいですが、時々スパイスで咽せそうになったりして。みなさまもご注意を。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」2022年7月限定の辛い!ゆし豆腐そばは麻婆豆腐っぽいゆし豆腐がたっぷり

穴の空いたレンゲも添えられて、最後まで具材をすくって食べられました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」穴の空いたレンゲで最後までおいしくいただく

ふーちばーじゅーしー

ふーちばーじゅーしーもいただきました。ジューシーもサイズが大中小と選べて嬉しいです。今回注文したのは、小サイズ(100円、2021年7月時点)。ボリュームは100gほどで、食べやすいサイズ感です。ふーちばーを使っていますが、そこまでヨモギ感は強くありません。沖縄そばと同様、ジューシーも味が薄めで、豚の脂もあっさり。とにかく全般あっさりです。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」ふーちばーじゅーしー(小、100円)

ジューシーといえば、そばのスープと合わせていただくのが大好きです。スープに加えたゆず七味の風味がジューシーに移って、味変を楽しみました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」沖縄そばのスープとフーチバージューシーを合わせて食べる

柚子ラフテーいなり寿司

柚子ラフテーいなり寿司(200円、2023年3月時点)をいただいてみました。お肉は優しい甘めの味付けで、柚子の香りが爽やかです。お肉はたっぷり詰められているし、食感もしっかりめで食べ応えがありました。

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」柚子ラフテーいなり寿司(200円)

鰻と玉子のいなり寿司(限定)

たからまちがーには毎月の限定いなり寿司があります。2022年7月は鰻と玉子のいなり寿司(200円)でした。夏ですからね〜、鰻が嬉しい!うずらの卵を一度凍らせて黄身を取り出し、その後漬けにして鰻に乗せたそうです。おいしかった!

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」鰻と玉子のいなり寿司(200円)

漬けホタルイカいなり寿司(限定)

2023年3月の限定いなり寿司は、漬けホタルイカいなり寿司(250円)でした。京都のおあげを使ったいなり寿司に、春の食材ホタルイカをトッピング。自家製出汁醤油に漬け込み、食感と山椒の香りが楽しめます。甘めの酢飯に白ゴマの風味、そしてホタルイカ。これ、最高だったなぁ!

那覇市高良「那覇そば処 たからまちがー」漬けホタルイカいなり寿司(250円)

まとめ

ということで、那覇市高良の人気沖縄そば店「那覇そば処 たからまちがー」に行ってきました。築55年以上の古民家をリノベーションした佇まいに、オールドスタイルを踏襲したあっさり・さっぱりな沖縄そば。沖縄そばの新店が話題になるときは、おおよそラーメンっぽいニュースタイルなお店が多い昨今ですが、たからまちがーのような古き良き沖縄そばを提供するのって、とってもチャレンジングなことと思います。

ただ単に懐かしき沖縄そばを目指しているわけではなさそうです。それは訪れる度にメニューが増えていることや、毎月の限定メニューのおいしさからも、この店の柔軟性を感じられます。つまり、この先も更なる追求をしていくのでしょう。こういうお店は、定期的に食べに訪れたくなるものですよね。
終わり。

お店の情報

店名 那覇そば処 たからまちがー
住所 〒901-0145
沖縄県那覇市高良1丁目6-13
営業時間 11時〜21時(L.O.20時半)変更時あり、SNS要確認
定休日 SNSを要確認
駐車場 専用の第1・第2駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-ランチ, 小禄エリア, 沖縄そば, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き, 高良
-