ランチ ラーメン・つけ麺・まぜ麺 函館市

函館駅前「はこだて塩らーめん しなの」麺&丼のセットを食べてきた。

投稿日:2017年11月29日 更新日:

函館駅前を訪れたある日のこと。ラーメンが食べたくなり、近くの「はこだて塩らーめん しなの」へ行ってきました。函館駅前周辺にはいくつか行列ができる人気店がありますが、今回お邪魔したしなのは、そこまで混雑し過ぎず、味も期待できそうだなと思っていたラーメン店です。この日は平日の13時半過ぎに訪れたのですが、あたしの他に1組待ち。でも、数分でさくっと店内に案内されました。

函館駅前にある「はこだて塩らーめん しなの」に行ってきた。

こちらがしなのの店内。カウンター席とテーブル席がありました。おひとり様なので、カウンター席に入ります。

「はこだて塩らーめん しなの」の店内。

しょうが塩なんていうものもあるんですね。ウマそうだ。ラーメンは他には正油、みそ、辛みそがあり、トッピングも豊富、あとはご飯ものと餃子がありました。この日はガッツリ食べたかったので、セットメニューを注文します。

「はこだて塩らーめん しなの」のメニュー。

注文から数分で豚バラ丼セット(950円)が着丼です。普通サイズの塩ラーメンと、お茶碗サイズの豚バラ丼がセットになっています。セットのラーメンは塩のみで、他の味は選べません。

塩ラーメンと丼がセットになった、豚バラ丼セット(950円)を注文した。

まずはラーメンからいただきます。ラーメン丼の中が黄金色で美しい!これぞ、函館ラーメンのイメージそのもの。やっぱ、こういうビジュアルからしてあっさりしてそうなラーメンが好きだな。

しなののはこだて塩ラーメン。

透き通った黄金色のスープは、まろやかな塩気。そして、どこかしらトウモロコシ的な穀物風味がありました。これは麺の湯切りが甘いせいかなぁ。あっさりと澄んだスープはおいしいですが、余計な味がちょっともったいない。

透き通った黄金色のスープは、まろやかな塩気。

麺は細麺で、ゆる〜い縮れのある黄色い卵麺です。茹で加減がちょうどよく、口に入れるとほどよい歯ごたえが楽しめます。

麺はゆる〜く縮れた黄色い卵麺。

塩ラーメンの具材はチャーシュー、ほうれん草、めんま、お麩、味玉、なると。とろとろのチャーシューは濃いめの味付けで、脂の旨味もたまらんです。特筆すべきはお麩です。小さな頃からラーメンにはお麩が入っているものだと思っていたのですが、函館以外ではまだお麩入りラーメンを食べた記憶がないんです。スープを吸い込んだお麩、大好きなんだよなぁ。お麩のトッピングがあったらいいのに、と思うほど。

具材はとろとろのチャーシュー、ほうれん草、めんま、お麩、味玉、なると。

ラーメンを食べ終えたら、お次は豚バラ丼に着手します。薄切りの豚バラは、粉末ニンニクと塩で炒めているような、ジャンク的な味付けです。あっさり系ラーメンとの対比がよいですね。

セットの豚バラ丼は、薄切りの豚バラをにんにくと塩で炒めたものが乗せられている。

残ったごはんは、ラーメンのスープに投下します。ラーメンライスを食べるために生きているような気がします。

塩ラーメンのスープにごはんを浸して食べる。

食後、お店の外の看板を眺めていたら、駐車場代当店負担という男気溢れる文字が目に入りました。お店の隣にあるコインパーキングに限るようですが、駐車場代を負担してもらえるそうです。ありがたいお話ですね。しなのの営業時間は11時半〜14時半、それと中休みを挟んで17〜24時となっています。定休日は日曜のみです。

「はこだて塩らーめん しなの」の隣にあるコインパーキングを使えば、駐車場代がタダになる。

ということで、函館駅前にある「はこだて塩らーめん しなの」へ行ってきました。見るからに函館らしい塩ラーメンで、味覚的にも視覚的にも満足。ラーメンと丼のボリュームランチで、お腹いっぱいになりました。先にも書きましたが、あたしはラーメンスープとお麩の組み合わせが大好きなので、しなのに限らず、お麩トッピングがあれば幸せなんだけどなぁー。また函館に帰ったら、追加料金発生してもいいからお願いできないか交渉してみようと思いました。
終わり。

住所:〒040-0063 北海道函館市若松町20-10

(*・ω・)つ 北海道食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 函館市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.