沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

カフェ・喫茶店 ランチ 久茂地 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」昭和レトロな純喫茶で食べるランチ。

那覇・久茂地にある「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」でランチを食べてきました。見るからに昭和レトロで 、店内の様子が伺いにくいことからちょっぴり入店しにくい印象です。しかし以前に同僚からオススメされてずっと気になっていました。この日はランチミーティングのため訪れたのですが、打ち合わせ先からも「ずっと気になってたけど入ったことがない」という反応。みんな気になってるお店なんだなぁと思いつつ、お店に向かいました。

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」の外観

入り口にはランチメニューの看板。雨が降ってきたのでサッと入店します。

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」の店先に出ていたランチメニュー

店内は照明暗めで、これぞ昭和な純喫茶という雰囲気。カウンター席と2〜4名のテーブル席があります。仕事の打ち合わせをしているサラリーマンやランチ使いの女性客など、客層は近隣で働く会社勤めの人に偏り、観光客は圧倒的に少なそうです。

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」の店内

あたしは入り口付近のテーブル席にお邪魔しました。ステンドガラスやソファーの赤いベルベット生地、シックなテーブル色が昭和レトロ感を強調し、お店の歴史を感じさせます。沖縄にもこんなお店があったのですねぇ。

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」のステンドガラスが印象的なテーブル席

改めまして茶暮里のランチメニューをチェックです。ランチタイムは10〜15時、ちょっと読みにくいのですが全てのメニューにソフトドリンク(コーヒー/紅茶)が付くようです。日替りやカツカレー、ハンバーグ、ビーフシチューに混ざり、納豆定食という珍しいランチメニューもあります。

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」店内にあったランチメニュー

同じ時間帯にお客さんがバーッと立て込んだ様子から、さくっと提供されそうなカツカレー(780円)をチョイス。提供時間は5分程度。早くてありがたいですね。

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」ランチに食べたカツカレー(780円)

カレーは沖縄の黄色いカレーではなく、一般的なタイプ。具はルウに溶けています。辛さはほどほど、カツも小さめ。ボリューム感的には腹8分目で、この後のミーティングに支障が出ないサイズ感でした。

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」カツカレーのカツは薄くもなく、厚くもなく、程よい感じ。

セットのサラダはお皿にたっぷり盛られています。グリーンリーフ、豆苗、キャベツ、ハンダマの内容で手抜きしないスタイルを感じました。ドレッシングが和風でハンダマに合います。

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」ランチについてきたサラダ。

食後、アイスコーヒーをお願いしました。大きいグラスにたっぷりと注がれて満足!

那覇・久茂地「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」ランチのソフトドリンク(アイスコーヒー)

ということで、那覇・久茂地にある「珈琲屋 茶暮里(さぼうる)」でランチを食べてきました。昭和レトロな喫茶店は、久茂地サラリーマン御用達のお店でした。外からだと店内の様子が見えにくく、ちょっと躊躇しちゃうけれど入店すると懐かしい雰囲気で落ち着けます。喫煙可な点がちょっとなぁ・・・と思いつつ、喫茶店という文字列を見ると仕方ないのかなとも。久茂地って打ち合わせに使える喫茶店が少ないので、コンセントやwi-fiはないけれどちょっとしたビジネス利用にも使えるお店ですね。
終わり。

住所:〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3丁目11-6

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-カフェ・喫茶店, ランチ, 久茂地, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.