函館「ラーメンの高龍」五稜郭本町の飲み屋街に赤く灯る行燈に惹かれてシメの塩ラーメン。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」あっさり系の塩ラーメンのたまご麺

公共交通機関の終わりが早い函館。帰るべき実家が市内中心部から離れているわたしは、五稜郭飲みの帰りは徒歩移動か家族にお迎えに来てもらう、あるいはタクシーしかありません。とりあえず移動しようと五稜郭本町の飲み屋街をてくてくショートカットしていると、赤く灯された提灯が目に入りました。飲み屋ビルの1階に構える「ラーメンの高龍」です。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」の外観

チョロいわたし、まんまと引っ掛かります。ラーメンの高龍に入るとカウンター席とテーブル席がありました。テーブル側はほぼ満席で、酔っ払い客が餃子をつまみながらビールを飲んでいる光景が広がります。いいじゃない、わたしもシメラーメンをいただきましょう。ラーメンの高龍には塩・正油・みそ・辛みそがあり、スープはあっさり系・とんこつ系が選べるようです。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」のメニュー

散々飲んで食べてきたわたしはあっさり系の塩ラーメン(750円)の一択。器の盛り付けと丼の柄がキレイだな、と思いました。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」あっさり系の塩ラーメン(750円)

まずはスープから。あっさりとしたスープは底まで透き通るほどの清湯で、飲み終わりに嬉しい塩気です。これなんです!わたしの好きなラーメンはこんなタイプなんですよ!レンゲがひたすらに丼と口とを往復しました。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」あっさり系の塩ラーメンのクリアなスープ

麺は黄色味のあるたまご麺。函館の塩ラーメンはどこもだいたいウマいなぁ。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」あっさり系の塩ラーメンのたまご麺

この日、3軒飲み歩いたわたしは立派な酔っぱらいでした。シラフの時は塩ラーメンに胡椒を振らない派ですが、酔っ払うとブラックペッパーパウダーを早々に振りかけて味変したくなります。これはこれでウマいけれど後戻りできなくなるから、酔いの回った舌の時にしかやりたくないんだなぁ。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」あっさり系の塩ラーメンにはブラックペッパーがよく合う

チャーシューもあっさりとした肉質の部位。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」あっさり系の塩ラーメンのチャーシュー

味玉はとろんとした黄身が好みでした。スープと一緒にパクッと食べると最高です。

函館市梁川町「ラーメンの高龍」あっさり系の塩ラーメンの味卵

ということで、五稜郭本町の飲み屋街にある「ラーメンの高龍」でシメラーメンを食べてきました。翌日も朝から予定が立て込んでおりまして、この一杯がなければヒドい二日酔いだったろうなぁと思います。赤提灯に惹かれて入店した自分、グッジョブ。函館の塩ラーメンはあっさりとしてシメラーに食べても後悔がありません。やっぱ地元の味は最高です。
終わり。

お店の情報

店名ラーメンの高龍
住所〒040-0015
北海道函館市梁川町19-10
営業時間平日19時〜翌3時/金・土曜19時〜翌4時
定休日日曜
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ご当地ラーメン, シメのラーメン, ラーメン, 五稜郭, 函館ラーメン, 函館市, 北海道, 都道府県別, 食べ歩き
-