「Otaru Tap Room」小樽で数少ないビバアーはゲストハウス1階のガストホフ的な存在。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」Once Upon a Time in the Wood(ハーフサイズ600円)とビッグサイズのコーラ(500円)

小樽の夜に訪れたのは、色内にある「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」です。

このビアバーはゲストハウスの1階でフロントを兼ねておりまして、異業種の組み合わせが面白いなと思いました。ガストホフに近い気がして宿泊したかったけれど、空室がなく別の宿から飲みに向かいました。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」の外観

古民家をリノベーションした木造の店内は、思ったよりもコンパクトでした。ですが、高い天井と通りに面した窓ガラスで解放感があります。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」の店内

Otaru Tap Room(オタルタップルーム)は基本的に立ち飲みスタイル。でもイスがあったり、ひとり掛けのテーブル席があったりと、座って飲もうと思えばなんとかなりそうです。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」ひとり掛けのテーブル席もある

それではOtaru Tap Room(オタルタップルーム)のタップリストをチェックしましょう。

この日は4種類のビールが繋がっていました。3周年記念のビールが2種に、2周年の時の記念ビール、そして北海道が誇るおいしいクラフトビールの鬼伝説が1種です。テイスティングセットもあって4種を一度に試せます。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」この日のタップリスト

また樽生のクラフトビールの他、さまざまな缶ビールも取り扱いがあって、これらも店内でいただけます。わたしが飲んでいるタイミングで缶ビールを7〜8本テイクアウトするお客さんがいて、小樽にもクラフトビール好きがいるんだなぁと嬉しくなりました。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」では缶ビールもいただける

それからコーヒーやソフトドリンク、おつまみなどのメニューです。おつまみ類はテクスメクスが中心みたい。フードの注文が立て込むと提供までに時間がかかるようです。心と時間に余裕を持ってオーダーしましょう。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」のおつまみなどフードメニュー

Otaru Tap Room(オタルタップルーム)での1杯目は、お店の3周年記念ビールの中からOnce Upon a Time in the Wood(ハーフサイズ600円)を選びました。

前情報なしで口にすると、薬草っぽいかなと思ったら、どうやらこれは木の香りだったんですね。NZホップにトドマツのウッドチップを使いウッディな感じに仕上げています。ライトボディで雑味がなく、ハーフパイントをすいすいと飲み干しました。右側はお子サマーのコーラ(500円)です。めちゃデカい!

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」Once Upon a Time in the Wood(ハーフサイズ600円)とビッグサイズのコーラ(500円)

おつまみも少しいただくことに。こちらはチポトレシュリンプ(600円)のタコス。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」チポトレシュリンプ(600円)

独特なパサつきのコーントルティーヤに、エビを中心としたオリエンタルでスパイシーな具材がおいしいです。旨辛でビールに合う!これ、あと2ピースはイケるくらいおいしかったなぁ。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」コーントルティーヤに旨辛でオリエンタルな風味がおいしいタコスだった

2杯目は鬼伝説のヘイジーなNEW桜鬼IPA(パイント1550円)。重たさがなくスイスイ飲めちゃうおいしいヤツ。これでアルコール度数7.5%って、気付かないうちにペロペロに酔えそう。さすがだなぁ鬼さん!

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」鬼伝説の桜鬼IPA(パイント1550円)

あっという間にラストオーダーのお時間です。

追加した自家製ピクルス(350円)は酸味が強く、特にキュウリがめちゃ酸っぱかったです。パプリカやニンジンはそこまでではなく、口の中をさっぱりとさせてくれる心地よい酸味でした。

小樽「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」自家製ピクルス(350円)

ということで、小樽市色内にある「Otaru Tap Room(オタルタップルーム)」でクラフトビールをいただいてきました。小樽にはクラフトビールがいただけるバーが少ないらしく、となると、わたしのようなビール好きは必ずOtaru Tap Room(オタルタップルーム)に立ち寄るのではないでしょうか。

次また小樽を訪れることがあれば、上階のゲストハウスに泊まってガストホフ使いしたいです。ゲストハウスは宿泊費が安いので、お得に小樽滞在できそうですよ。
終わり。

お店の情報

店名Otaru Tap Room(オタルタップルーム)
住所〒047-0031
北海道小樽市色内2丁目4-8
営業時間平日15時〜22時/土・日曜13時〜22時
定休日木曜、不定休
駐車場なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-クラフトビール, ビアバー, ビール, 北海道, 小樽市, 都道府県別, 飲み歩き
-