「大三島ブリュワリー」神の島でおいしいクラフトビールをテイクアウト。

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」のビールをテイクアウトした

愛媛県のしまなみ海道にある「大三島ブリュワリー」を訪れました。こちらは箕面ビールで働いていた高橋夫妻が2018年にオープンさせたマイクロブルワリーで、大山祇神社の表参道沿いにあります。普段はブルーパブとしても営業しているけれど、この時は持ち帰りのみの営業。予定が大きく狂ってしまったけれど、めげずにレッツゴー!

愛媛県はしまなみ街道にある「大三島ブリュワリー」の外観

店内に入るとこの日のタップリストがありました。いずれもここ大三島ブリュワリーで作られたビールで、仕込みやタイミングによって提供しているビールは異なります。この日は2番のフルーティーペールが売り切れでし、どれを注文しようかしばらく黒板と睨めっこ。

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」のこの日のタップリスト

ビールのサイズはプラカップ(360ml)かペットボトル(500ml)から選べます。ビールの価格は種類やサイズによって異なります。ここ大三島ブリュワリーにもしまなみ海道を走るサイクリストが立ち寄るのでしょう、「当店では自転車のお客様へのアルコール類の提供は行いません。アルコール提供はペットボトルでのお持ち帰り販売飲みとさせていただきます」という注意書きがありました。わたしは旅館さわきから徒歩でやってきたので、全く問題ナシ。

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」プラカップは360ml、ペットボトルは500mlのサイズ

大三島にお住まいの方には島民割引が、会員になるとパイント50円引き、そして計り売り20円引き/100mlという嬉しいサービスがあるそうです。

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」大三島の島民やリピーターに割引がある

各種サービスは関係ないわたくし、定価で2つのビールを購入しました。

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」のビールをテイクアウトした

まずはIPA(プラカップ、650円)を。見ての通り、すっきりクリアなIPA。さすが箕面ビール出身の高橋夫妻、文句なしにおいしいです。ホップの香りとほどよい苦味に何杯でも飲めちゃうね。

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」IPA(プラカップ、650円)

お次はホワイトエール(プラカップ700円)、ほんのり濁りを確認できます。こちらのビール、大三島産で作られた無農の薬甘夏を使っているそうで、爽やかな柑橘の香りが楽しめます。ヒューガルデンより飲みやすい、非常にドリンカビリティの高いホワイトエールです。これ、みんな好きでしょ!おかわりしまくりたい。

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」ホワイトエール7(プラカップ00円)

両手にプラカップをひとつずつ持ち、右、左と交互にちびちび飲みながら宿に戻ります。で、ここで問題が発生。わたし、ローカルなマンホールが好きで。大三島のみかんがかわいらしいデザインを見つけちゃったんですね。両手にビールを持ってどう撮影しようかと。。(なんとか頑張って撮った)

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」の付近を歩いてて見つけた大三島のマンホール

大三島ブリュワリーから滞在先の旅館さわきまで200mほどの距離。無事に到着です。いいところに宿を手配してもらえたなぁ。

愛媛県今治市大三島「大三島ブリュワリー」でテイクアウトしたビールを旅館に持ち帰っていただいた

ということで、しまなみ海道にある大三島のクラフトビール「大三島ブリュワリー」でビールをテイクアウトしてみました。予定では、併設の古民家ブルーパブでおつまみ&クラフトビールを楽しむはずだったけれど、コロナの影響でそれが叶わず、ブログに書けない消化不良な感じ... また訪れて和室でビールな追記をしたいと思います。テイクアウトで持ち帰った2種類のビールはどちらもおいしかった!こんなにクリアでおいしいビールをいただけるなんて、大三島すごいねぇ。高橋夫妻、おいしいビールをありがとうございました!
終わり。

お店の情報

店名大三島ブリュワリー
住所〒794-1304
愛媛県今治市大三島町宮浦5589
営業時間12時〜19時半
定休日火・水曜
駐車場近隣に駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-クラフトビール, ビアバー, ビール, ブルーパブ, 中四国, 今治市, 愛媛県, 都道府県別, 飲み歩き
-