沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ランチ 楚辺 欧風カレー 沖縄の禁煙店 沖縄本島南部 沖縄県 那覇市

那覇・楚辺「食堂ぬーじボンボンZ本店」でランチを食べてきた。

投稿日:2015年5月13日 更新日:

那覇・楚辺にある人気のカレー屋さん「食堂ぬーじボンボンZ本店」でランチを食べてきました。ぬーじボンボン本店の店舗は民家を改築した、普通の家のようなお店。ちなみに「本店」というのは串カツ☆黒カレー部という支店があるからです。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

さて、食堂ぬーじボンボンZ本店の玄関を開けると、そこは脱ぎっぱなしの靴が並んでいる玄関。下駄箱もあるので、そちらに靴を並べていれてもOKのようです。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

目線を上げるとももいろクローバーZの世界。どうやらぬーじボンボンZの店員さんがももクロファンみたいですね。推しメンは緑のようです。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

店内には、客席はちゃぶ台席、テーブル席、カウンター席がありました。完全に実家的な戸建ての一軒家。那覇には古民家を改装したお店が多い気がします。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

それでは、ぬーじボンボンのランチメニューをチェック。初回訪問時は、やっぱりメンチカツ黒カレー。このカレーがぬーじを有名にしたといっても過言ではないでしょう。一度は食べてみなければダメだと思うんです。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

もちろんカレー以外にもいろいろランチメニューがあります。ハンバーグ、ロースカツ、サンドイッチ...まるで洋食レストランのようです。でも沖縄そばやぜんざいもあるので、総合的にみると、食堂っぽいのかも。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

さて、メンチカツ黒カレーをオーダーしたところ、まずはセットのサラダが出てきました。サラダのお皿や盛り付けの雰囲気は、やっぱり洋食レストランっぽい。シャキッとした野菜もドレッシングもおいしかったです。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

サラダは+150円でこちらの前菜セットに変更することができます。いろいろちょっとずつ乗っていて、女子ウケ良さそう。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

あたしがオーダーしたメンチカツ黒カレー(900円)がやってきました。こちらも盛り付けが上品。週末のランチ時でほぼ満席だったため、カレーがやってくるまで15分近く待ったかもしれません。待った時間だけ、おいしさもアップするはず!

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

メンチカツは揚げたてホカホカ。これだけでもおいしそうなのに、カレーと組み合わせるだなんて...

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

黒カレーにそびえるメンチカツがたまりません。ああ、食欲が抑えられない!カレーがメインとはわかっていますが、まずはメンチからいただきます!

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

さすが人気のメンチカツだけあってウマい!メンチのサクサクッとした食感と、中のお肉のジューシー感。香りも良く、食べていてひたすら満足です。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

ぬーじボンボンの黒カレーは、濃厚でこってりとした欧風カレータイプ。一口一口が重いけれど、スパイス感もあるのでどんどん食べ進めてしまいます。横風カレーの味が濃いため、メンチカツにも負けません。ウマい!

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

ちなみに、こちらはご主人サマーがオーダーした、大人の男のための本格ハンバークステーキ400g(1380円)。400gと聞いたら大きなハンバーグが1枚ドカーン!と焼かれて出てくると思ったんですが、200gが2つ乗って400gでした。めっちゃボリューミー!一口もらったハンバーグもウマかったです。

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

ぬーじボンボンZ本店ではランチの他にも夜営業もしています。サバのアヒージョとか、スモークとろとろテビチあぶり焼きとか、ケイジャンスパイシーグリルとか、気になっちゃうじゃないですか!黒板メニューを見ているだけで、飲みに行ってみたくなりました。誰か~、一緒に飲みに行きましょ~!

那覇,楚辺,ぬーじボンボンZ,本店営業部,カレー

ということで、那覇・楚辺の「食堂ぬーじボンボンZ本店」でランチしてきました。メンチカツとカレーの組み合わせ、これは絶対合う!それも揚げ物ドーン、カレーどかーん、っていう下町の食堂的な盛り付けではなく、味・盛り付けともに洋食レストランを意識した素敵なお店でした。今回はランチ営業だったけれど、いつか夜に飲みに来てみたいなぁ。おいしいお食事をご馳走さまでした!
終わり。

【2017年1月2日追記】

おいしいカレーでおなじみの「食堂ぬーじボンボンZ本店」。正月三が日のランチ限定で、何故かラーメンが食べられると聞いて、新年早々食べに行ってみました。下町の洋食屋さんが何故ラーメンなのか、それはメニューの一番下に答えが!

2017年のお正月、那覇・楚辺「食堂ぬーじボンボンZ本店」で中華そば食べられると聞いて、行ってきた。

2月上旬
南風原 沖縄第一病院近くにてオープン予定です!!

なるほど、新店は洋食屋さんではなくラーメン店なのですね!プレオープン前の反応を見るために、お正月の3日間だけラーメンを提供している、ということなのでしょう。

さて、あたしは肉ワンタン麺(醤油、880円)をオーダーしました。煮卵や海苔のトッピングもしたいな〜と思ったけれど、まずはノーマルで注文を。ノーマルの肉ワンタン麺、トッピングはネギ、メンマ、チャーシュー、海苔1枚、ワンタン5個が乗せられています。初見の印象としては、ワンタンの強さ。とにかくでっかくて幅をきかせてます。

こちらが「食堂ぬーじボンボンZ本店」の肉ワンタン麺(醤油、880円)

まずはスープからいただきました。透き通ったあっさり系のスープは余計な味がせず、優しくていくらでもすすれそう。これはあたし好みだなぁ。この感じ、閉店してしまった三太っぽいと思いました。ウマい。

透き通ったあっさり系スープ

麺はストレート。見るからにあっという間に伸びてしまいそうな、そんな麺です。麺自体にはそんなにクセはないので、中華そばのスープを引き立てるような、そんな麺だと思います。麺がかなりのボリュームだと思ったのですが、後からお店の方にお話を伺うと155gとのこと。

ストレート麺はとてもボリュームを感じたが、155gらしい

そして、大きな肉ワンタン。大きな口開けて熱々のワンタンを頬張りましょう。餡の味がしっかりしていて、ウマかった!餡の特徴は、生姜の風味とシャキッとした歯ごたえ。これは刻んだレンコンが入っているのかな。ワンタンの皮がもっちり分厚く重たいので、麺のボリュームと相待ってかなりお腹いっぱいになりました。

ワンタンは皮が分厚く、非常に食べ応えがある。餡は肉と生姜が特徴的でウマい。シャキッとした歯ごたえはレンコンか?

豚チャーシューは肉の厚みが楽しめます。チャーシューと麺、そしてスープをすすりつついただきました。

チャーシューは肉を楽しめる厚み。

写真は撮っていませんが、ぬーじボンボンの中華そばにセットされた海苔が、なんともウマかったです。磯の香りが強くて懐かしかった。いい意味で漁師町の田舎っぽいんです。海苔の風味と繊維が口に残る感じが港町育ちとしては心地よし。普通に売ってる海苔と同じなのかなぁ。新店オープン後に食べに行くなら、海苔マシ確定だな!

住所:〒900-0023 沖縄県那覇市楚辺3丁目1-40

 
(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩ 

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, 楚辺, 欧風カレー, 沖縄の禁煙店, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.