ランチ ラーメン・つけ麺・まぜ麺 沖縄本島南部 糸満

【閉店】糸満「中華そば 三太」ほっと懐かしく、ウマいワンタン麺!

投稿日:2016年10月4日 更新日:

免許の更新のため、糸満へ行ってきました。ついでに美味しいものを食べたいな、ということで向かったのは「中華そば 三太」というお店。こちらのワンタン麺が気になっていたので、ご主人サマーを誘って行ってきました。日曜日の12時台、お店の前には行列が。きっと美味しいお店に違いない。

糸満「中華そば 三太」の外観

10分ちょっと並んで、店内へ。三太はテーブル席2つとカウンター席がありました。ご家族連れで食べに来ているお客さんも多いみたい。我らはカウンター席へ入りました。

「中華そば 三太」の店内

こちらが三太のメニュー。基本が中華そばで、それぞれトッピングによって価格が異なるようです。ご飯ものもいくつか、そして持ち帰りの麺やスープもあるラインナップです。

「中華そば 三太」のメニュー

メニュー裏面には。こちらのお店・熊さんグループ創業者についてのお話がありました。

「中華そば 三太」の成り立ちについて

オーダーから数分、あっという間にやってきたのがこちら。ワンタン麺(780円)の麺大盛り(+100円)に、更にワンタン増し(+200円)という豪華オーダーです。ラーメン屋さんに行くと味見と称してご主人サマーに横取りされるので、大盛り・トッピングをせねばお腹が満たされないのです。

「中華そば 三太」ワンタン麺(780円)の麺大盛り(+100円)とワンタン増し(+200円)

では、さっそくいただきましょう。とても優しい減塩スープですが、出汁がきいているので満足感があります。スープを含むと甘さを感じて、どこか懐かしくもほっとできるスープです。ジャンクなラーメンも好きですが、三太のスープはほっこり包み込んでくれる心地よさがあります。これは体調不良でも食べたくなる味だなぁ。

「中華そば 三太」中華そばは減塩スープで優しい味

麺は細めの縮れ。無着色、低かん水の体に優しい麺を使っているそうです。早く食べないとのびそうだなと思っていたら、案の定あっという間にのびてきました。急いで麺をすすると、スープをまとった麺は食感・味ともにほっこり優しい系。究極の癒し系ラーメンだ!

「中華そば 三太」の麺は細縮れ麺で、のびるのが早い

チャーシューは3枚乗せられていました。肉のカットは薄めで、味も普通。昔ながらのチャーシューという印象です。

「中華そば 三太」のチャーシューはペラペラ、だがこれがいい。

こちらは増量したワンタン。デロンデロンとした皮がそそります。

「中華そば 三太」ワンタン麺をさらにワンタン増ししてみた

三太のワンタンは皮を食べるタイプのワンタンですね。餡は控えめですが、スープをまとったデロデロつるんの食感もたまりません。皮とスープの相性もウマし。

「中華そば 三太」ビロビロとしたワンタンの皮がウマい

ワンタンのカウントしたところ8個まではわかったけど、ご主人サマーに味見されつつ、夢中で食べた結果、最終的な個数は測定できず。

「中華そば 三太」ワンタンの皮がスープをまとって美味しい

三太のスープは減塩のため味が控えめ。なので、濃い味好きな方向けに中華そばたれが用意されています。これがなくとも十分美味しいのですが、モノは試しで味変してみました。結果、タレはなくても平気かな。胡椒を入れると味が引き締まって、印象がだいぶ変わります。

「中華そば 三太」の卓上調味料

ということで、糸満にある「中華そば 三太」でワンタン麺を食べてきました。減塩スープに無添加・低かん水の麺という、いかにも体に優しそうな中華そばでした。帰りに「近所にあったら通っちゃうね!」と話していた我々。しかし悲しいお知らせが。こんなに美味しいお店なのに、今月閉店というのです。ああ、何故美味しいお店がどんどん閉店してしまうのか... もっと早くに出逢って、もっともっといっぱい食べたかった。せめてもう一度だけでも、三太のワンタン麺が食べたい。なんとか行けるよう、スケジュール調整したいです。
終わり。

【2016年10月30日追記】
惜しまれつつも、2016年10月19日に閉店してしまった三太。結局1度しか食べに行くことができませんでした。美味しいワンタン麺を探すあたしの旅は、これからどのようになるのか... もう一度行きたかったなぁ。

住所:〒901-0305 沖縄県糸満市西崎2丁目6−1

沖縄県糸満市西崎2丁目6−1

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩
 

-ランチ, ラーメン・つけ麺・まぜ麺, 沖縄本島南部, 糸満
-, ,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.