恩納村 沖縄そば 沖縄本島北部

恩納村「なかま食堂」ウマい!でっかい!ソーキそばを食べてきた。

投稿日:2017年1月23日 更新日:

恩納村に泊りがけで行った時のこと。大型リゾートホテルに宿泊したのですが、食事はホテルの外で食べたいと思っていました。この日は生憎の雨で、ホテルからほど近い場所にあった食堂へ駆け込むことに。向かったのは国道58号線沿いにある「なかま食堂」。外観からしてTHE沖縄の食堂っていう感じのお店です。

恩納村「なかま食堂」の外観

お店には18時ぴったりに到着しました。店内に入ると、先客が1組。客席はテーブル席と小上がりがあります。あたしは4名がけのテーブル席へ入りました。

恩納村「なかま食堂」の店内

まずはメニューをチェック。なかま食堂は沖縄そば系のメニューが8種類と、一品料理が色々と揃っています。食堂ではありますが、居酒屋代わりに一品料理をつまみつつ、オリオンビールや泡盛を飲むのもよし。シメにそばを食べるもよし。メニューを見る限り、そんなお店に感じました。あたしはそばを注文しました。

恩納村「なかま食堂」のメニュー

食事を注文してから店内を眺めると、お水、さんぴん茶はセルフサービスとわかりました。さんぴん茶を飲んでみたところ、ジャスミン感もしっかりあってウマかったです。

なかま食堂のお水・さんぴん茶はセルフです

そうこうしている間に注文していたソーキそば(780円)がやってきました。恩納村のなかま食堂と言ったら、このソーキそばが有名なのです。

恩納村「なかま食堂」のソーキそば(780円)

まずは麺からいただきました。柔らかめのストレート丸麺です。具はシンプルにネギのみです。麺のボリュームが少なそうに見えたのですが、意外と食べ応えがありました。

そばはとてもシンプル。麺がストレートの丸麺でした。

スープはカツオの出汁が効いてて、ほのかに甘みが感じられます。丸麺&甘みのあるスープということは、なかま食堂のベースは八重山そばなのかな。沖縄そばはお店ごとに出汁が異なったり、使われている麺が違ったり、スープもあっさりだったりコッテリだったりと、いろんな味があります。だから沖縄そばの食べ比べって楽しいんですよね。

スープがカツオの出汁が効いてて、どことなく甘みを感じます

ソーキそばのお肉は、骨が硬い本ソーキです。別皿に乗せられています。お皿からはみ出すほどのサイズで、見るからに食べ応えがありそう。アバラ骨3本分のお肉です。このビジュアル、なかなか凄い!とにかくでっかい!

とにかくソーキがでっかい!アバラ骨3本分の本ソーキ。

どうやって食べようかなぁと一瞬怯んだものの、意外と食べやすいんです。よく煮込まれていて、ほろほろとお肉が外れます。アバラ3本分のお肉をバラしてから、お肉を食べ、麺をすすり、お肉を食べ...のループに突入です。

しっかり煮込まれているので、骨と肉をバラしやすかった

そばとソーキだけで最後まで楽しめるほどおいしいけれど、やっぱり味変も楽しみたい!そんなあたしの強い味方、なかま食堂の卓上調味料がこちらです。コーレーグス、七味とうがらし、紅生姜、お酢、醤油がありました。

なかま食堂の卓上調味料

ソーキは見た目的に味が濃そうですが、丁度いい味付けです。脂っこさもそんなに感じません。でも結構なボリュームのお肉ですから、味が単調になりがち。そこで紅生姜で味変を楽しみました。コーレーグスを振っても美味しそうです。

ソーキは味が濃いめなので、紅生姜との相性がいい

スープにはコーレーグスを入れてみます。ここのコーレーグスは結構辛めだから、入れすぎに注意です。コーレーグスを2〜3適入れるだけで、印象がかなり変わります。甘みを感じるスープにコーレーグスを入れると、味が引き締まってよりウマくなりました。この店のスープは後を引くなぁ。飲み干したくなるウマさです。

コーレーグスは結構辛さを感じる。

食後、お店の中を拝見させてもらいました。卓上のメニューにはなかった山羊汁定食や山羊そば、ジャンボエビのエビ天丼なんかもあるんですね。泡盛も色々と揃っていて、古酒も3年〜20年まで用意されているようです。オリオンビールの工場も近いので、出来立てのビールを飲むのも美味しそう!

なかま食堂はお酒類も豊富

こちらはなかま食堂のおすすめランキング。おすすめ1位は、牛ステーキ定食でした。沖縄と言ったらステーキですもんねぇ!

恩納村「なかま食堂」のおすすめランキング

ということで、恩納村の「なかま食堂」で名物ソーキそばを食べてきました。ソーキが別皿に盛り付けられているのは、ソーキの味でスープの旨さを邪魔しないという配慮だと思います。それくらいスープの味に自信があるのでしょう。だからきっとトッピングもネギのみとシンプルなんだろうなぁ。沖縄そばは半分食べた頃に、味変することをオススメします。そうやって好みの食べ方を探すのも、また楽しいものなのです。恩納村のリゾートエリアの食堂で、ウマいそばを食べて満足した夜となりました。
終わり。

住所:〒904-0401 沖縄県国頭郡恩納村字名嘉真2217-1

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩ 

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ



  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-恩納村, 沖縄そば, 沖縄本島北部
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.