沖縄市「米八そば」攻めの姿勢を崩さない沖縄そば&アートぜんざいを食べてきた。

2019年12月9日

沖縄市泡瀬「米八そば」でご飯を食べながら幸せそうな風景。

沖縄市泡瀬の沖縄そば屋さん「米八そば」でランチを食べてきました。こちらのお店は2代目店主のモヒカン姿やクラウドファンディングに挑戦したこと、そしてアート作品のようなぜんざいが有名で、いろんな意味で目立っているお店です。わたしは沖縄移住してすぐに存在を知りました。ということで早速レポートいってみよ〜!

アバンギャルドな「米八そば」について

どこにあるの?駐車場は?

米八そばは沖縄市の泡瀬にあります。那覇からだと割と遠く、沖縄県総合運動公園を越えてうるま市に向かうような道順で向かいました。地元客が多いローカルなお店だとわたしは思います。

米八そばには専用の駐車場があります。店舗の裏手側にあると看板も出ているので、比較的見つけやすいでしょう。

沖縄市泡瀬「米八そば」の駐車場は建物裏手にある

お店の様子

一風変わった沖縄そば屋さんがあるぞ〜と米八そばに向かったのですが、店舗そのものの外観は割と一般的で、そのギャップに興味をそそられます。さっそく店内に入ってみましょう。

沖縄市泡瀬にある「米八そば」の外観

お店の中にはテーブル席と小上がり席がありました。完全禁煙であること、畳の席があることから、子連れでも訪れやすいお店だと思います。

沖縄市泡瀬「米八そば」の店内

メニュー

米八そばのメニューです。一般的なソーキそば・三枚肉そば・てびちそばの他、トライアスロンそばや炙りスーチカーそば、コショウそばという見慣れないメニューが目に止まります。また5歳以下用のミニそばが無料で、めちゃくちゃ地域密着型のハートフルなお店ではないですか!モバイルオーダーもできるようになって、町の沖縄そばやなのにDX化に驚きます。相変わらず攻めてるなぁ。

沖縄市泡瀬「米八そば」のメニュー表(2022年6月)

実食!グルメレポート

三枚肉そばに紅玉トッピング

初めての米八そばでは、三枚肉そば(小、550円)に、紅玉(+100円)をトッピングしてみました。紅玉というのは米八そばオリジナルのおかず、かな?黄色に赤の配色で沖縄らしいヴィジュアルです。

沖縄市泡瀬「米八そば」三枚肉そば(小、550円)に紅玉トッピング(+100円)

まずはスープから。あっさりすっきりなスープですが、味はしっかりで後味もよし。おいしいです。

沖縄市泡瀬「米八そば」すっきりアッサリのスープ。

三枚肉そばの麺を啜ります。シンプルな平打ち系で、あっさりスープとの相性がよいですね。

沖縄市泡瀬「米八そば」麺はシンプルな平打ちストレート。 三枚肉はほろほろ系ではなく、肉質はややしっかり。味はほどよい濃さでした。

沖縄市泡瀬「米八そば」三枚肉は程よい食感と味付け。

トッピングした紅玉はそのままズバリな味でした。沖縄そばに紅生姜を入れることが多いし、卵とネギでとじたら確かにこんな味だよね、みたいな。

沖縄市泡瀬「米八そば」紅生姜と卵が沖縄らしいカラー。

三枚肉そばを半分ほど食べたところで、恒例の味変タイム。卓上には七味・紅生姜・コーレーグスがありました。

沖縄市泡瀬「米八そば」卓上調味料。

コーレーグスをスープに垂らします。1滴、2滴でも味わいはだいぶ変わります。写真くらい入れたらだいぶ変わります。入れすぎ注意ですが、味わいがギュッと締まる感じがしてよいのです。

沖縄市泡瀬「米八そば」沖縄そばにコーレーグスをたらり。

無料のミニそば

こちらはお子サマー用にお願いした無料のミニそばです。こども用のお椀に入れられて提供されました。これが5歳まで無料だなんてありがたいことこの上なし。

沖縄市泡瀬「米八そば」5歳以下無料のミニそば。

タイミングや店の味、麺によって食べムラのあるお子サマーですが、米八そばのミニそばはペロッと完食していました。おいしかったようです。

沖縄市泡瀬「米八そば」無料のミニそばをすすって満足げなお子サマー。・

コショウそば

ご主人サマーが注文していたコショウそば(小、600円)。こんなにたっぷりのコショウがかけられた沖縄そば、初めて見ました。めちゃくちゃコショウたっぷり!スープを味見させてもらったのですが、あっさりスープに刺激滴なコショウの香りが大人ですねぇ。

沖縄市泡瀬「米八そば」コショウそば(小、600円)

ぜんざい

食後はお待ちかねのぜんざいです。米八そばはそば屋でありながらぜんざいに注目されがち。その理由は見ての通りアートなぜんざいだから。こちらは米軍のオスプレイを彷彿させる形です。他にもコンドルだとか2代目店主の髪型だとかあるらしい。

沖縄市泡瀬「米八そば」黒糖麦入りぜんざい(350円)

このぜんざいを前に、お子サマーが「おしゅぷれいー」と面白がっていました。こどもが喜び、おいしくいただけるぜんざいです。

沖縄市泡瀬「米八そば」オスプレイをイメージしたアートなぜんざいを触るお子サマー

ぜんざいは黒糖系の甘さで、金時豆や押し麦、白玉が入っていました。氷はあっという間に溶けてしまうので早めに食べちゃいましょう。

沖縄市泡瀬「米八そば」ぜんざいには白玉、豆、押し麦などが入っていた。

豆乳カレーそば

久しぶりの米八そばでトライアスロンそばを食べようかなと思ったのですが、前回見覚えのなかった豆乳カレーそば(小、650円)が気になりまして、そちらを注文。真っ白なスープに、これのどこがカレーなの?と疑問が浮かびましたが…

沖縄市泡瀬「米八そば」豆乳カレーそば(小、650円)

スープをすすってビックリ!意外と辛いじゃないですか!グリーンカレーっぽい感じの風味と辛さに驚き、一瞬むせました。これ、おいしいです。

沖縄市泡瀬「米八そば」豆乳カレーそばのスープにむせた

またむせやしないかと、恐る恐る麺をすすります。グリーンカレーそうめんっておいしいじゃないですか。あの要領で、グリーンカレー沖縄そばもおいしいです。

沖縄市泡瀬「米八そば」豆乳カレーそばの麺

トッピングは三枚肉とソーキが1つずつ。お酢も用意してもらえたので、ちょこんとつけてさっぱりといただきました。

沖縄市泡瀬「米八そば」豆乳カレーそばのトッピングのお肉

まとめ

ということで、沖縄市泡瀬にある「米八そば」で沖縄そば&アートぜんざいを食べてきました。クラファンやアートぜんざいなんて尖ったことをする沖縄そば屋さんですが、そばもぜんざいもおいしかったし、地元の若い世代向けに安く食べさせてあげようとする姿勢を感じられて、2代目店主はきっとマジメで優しい人なんだろうなぁ。さあ、今度こそトライアスロンそばにチャレンジしてみたいと思います。
終わり。

お店の情報

店名米八そば
住所〒904-2172
沖縄県沖縄市泡瀬5丁目29-6
営業時間11時〜15時
定休日木曜
駐車場近隣に専用駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-かき氷・ぜんざい, キッズメニューあり, スイーツ, ランチ, 沖縄そば, 沖縄のぜんざい, 沖縄市, 沖縄料理, 沖縄本島中部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-