「ひがし食堂 Jr.」那覇市おもろまちの新都心公園で遊んだ後はヒンヤリかき氷で休憩。

那覇市おもろまち「「ひがし食堂Jr.」ぜんざいとレモンみぞれ

お子サマーに付き合い、那覇市おもろまちのオアシス・新都心公園に行きました。この日の沖縄はとても蒸し暑く、また公園内は木陰ばかりではないので滝のような汗が流れ、非常に喉が渇きました。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」は新都心公園の那覇市緑化センターにある

そんな時の休憩スポットがこちら、那覇市緑化センター内にある「ひがし食堂Jr.」です。ひがし食堂Jr.は名護のひがし食堂の姉妹店。名護のお店はとても人気で、空席待ちをしながら入店したのが忘れられませんが、那覇のひがし食堂Jr.はランチタイムを外したためか待ちなしで入店できました。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」の外観

時刻は16時をまわったところ。テラス席は我々だけの貸切です。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」の客席(テラス席)

空調の効いた店内客席もありました。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」の客席(店内席)

今回ひがし食堂Jr.を訪れた目的は、冷やしもの。かき氷やぜんざいの写真が並べられ、視覚的に選びやすいです。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」テラス席に貼られたぜんざいメニュー

券売機で食券を購入します。冷やしものの他、定食やビールなんかも販売しているようでした。新都心公園で遊びながらお腹が減ったら休憩に立ち寄れるし、喉が渇いたらビールも飲めちゃうのは嬉しいですね。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」の券売機

さて、この日はお子サマーとひとつずつ注文しました。先にやってきたのは、お子サマーのレモンみぞれ(320円)。うつわにてんこ盛り!それをみたお子サマーは満面の笑み。320円でご機嫌を伺えるなら、いくらでも連れてきてあげましょう。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」レモンみぞれ(320円)に大喜びのお子サマー

レモンみぞれの氷はふわふわ系。ちょっとちょうだいとお願いするも味見を拒否されたので、お子サマーにインタビューしたところ「おいしい」とだけ応えてくれました。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」レモンみぞれのシロップのかかり具合

わたしはぜんざい(300円)をいただきました。沖縄の暑さに対する冷やしものは、シンプルにぜんざいが一番だと思い込んでいるカーチャンです。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」ぜんざい(300円)

ぜんざいの底の金時豆と氷を混ぜ合わせ、シャクシャクといただきます。お腹の中から涼をとる、すばらしい食文化です。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」ぜんざいの金時豆がたっぷり

食べ進めると白玉が出てきました。白玉やお餅などは、もちもち食感が大好きなお子サマーにあげると決めています。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」ぜんざいの白玉

うつわにこんもり盛られた氷は、あっという間に無くなりました。金時豆の黒糖風味とさっぱりとした甘さが、沖縄の暑さにぴったりだと改めて。

那覇市おもろまち「ひがし食堂Jr.」ぜんざいを食べ終わる頃

ということで、那覇市おもろまちにある「ひがし食堂Jr.」で涼をとってきました。我々が冷やしものをいただいている時、同じようにわんぱくを連れた親御さんが立ち寄って、かき氷で喉を潤していました。使い勝手のよいお店だなぁ。

この日は混雑していなかったけれど、タイミングによっては入店できないこともあるだろうと思います。それくらいよい条件が整っていると思うんです。かき氷を食べて満面の笑みのお子サマーを見たいので、また利用しようっと。
終わり。

お店の情報

店名ひがし食堂Jr.
住所〒900-0006
沖縄県那覇市おもろまち3丁目2−1
営業時間11時〜18時
定休日不定休
駐車場新都心公園の有料駐車場あり


 あわせて読みたい

-おもろまち, かき氷・ぜんざい, スイーツ, 新都心エリア, 沖縄のぜんざい, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-