糸満の間借りカレー「アイタル食堂」ヴィーガン南インドカレーは食後も重くなく食べやすい。

糸満「アイタル食堂」の南インドカレー(1300円)

ヴィーガンで間借りカレーな「アイタル食堂」を食べに行ってみました。最初に宣言しておきますと、わたくし、全くヴィーガンに詳しくありません。その上でおいしくて重たくないカレーを探して辿り着いたのが、今回のお店でした。糸満市与座地区の畑の茶屋結というカフェで特定曜日に間借りしているようで、営業日はアイタル食堂のSNSで確認できます。

「アイタル食堂」が間借りしている畑の茶屋結

お店の周りは集落で道幅が狭くなっています。路駐せず、与座区コミニティーセンターの共同駐車場を利用しましょう。

「アイタル食堂」が間借りしている畑の茶屋結の駐車場

オープン時間の11時半に到着するとお客さんが続々と入り、あっという間に満席になりました。アクセスが良いとは言えない立地で、カレーの価格と間借りであることを考えると、アイタル食堂はなかなかの人気店だと思います。

「アイタル食堂」が間借りしている畑の茶屋結の店内

メニューは1種類。ワンプレートの南インドカレーのみとなっています。プレートにさまざま乗せられているのですが、南インドカレー用語がほとんどわからず、現物を見るまで「??」となっていました。

糸満「アイタル食堂」の南インドカレーのメニュー

注文からしばらく待って提供されたのが、アイタル食堂の南インドカレー(1300円)です。パッと見た感じだと、お肉・お魚、卵や乳製品などをはじめとする動物性由来の素材を使わないヴィーガンのミールスとは思えません。

糸満「アイタル食堂」の南インドカレー(1300円)

まずはメインのカレーからいただきました。この日はパパイヤとセロリとズッキーニのカレー。重くなく、サラリと食べられます。優しい味わいなので子どもも食べられそうです。他の客席にいた小学生低学年くらいのお子さんもパクパクと食べていました。

糸満「アイタル食堂」パパイヤとセロリとズッキーニのカレー

カレーはもう1種類、ほうれん草のveganキーマも。コクを感じる味わいです。

糸満「アイタル食堂」ほうれん草のveganキーマ

ごはんは原種米バスマティライス。日本のお米と違いパラリとした炊き上がりで、食べた時の糖質感も薄め。お腹いっぱい食べても罪悪感のなさそうな印象を持ちました。バスマティライスはONE TWO CURRY OKINAWAでも食べましたが、食後にラクな気がしています。

糸満「アイタル食堂」原種米バスマティライス

ニンジンのコサンバリはどこか乳製品チックな風味が感じられ、紫キャベツのピクルスはさっぱり系の酸味が心地よいです。

糸満「アイタル食堂」ニンジンのコサンバリ、紫キャベツのピクルス

キュウリと赤玉の豆乳ライタはもったりとして、じゃがいものスパイス炒めはほんのりスパイシーで素朴な味わいです。これ、家でも作りたいなぁ。

糸満「アイタル食堂」パパド、キュウリと赤玉の豆乳ライタ、じゃがいものスパイス炒め

一口ずつ、一通り食べてみたところで、パパドをバリバリッと割ってみて…

糸満「アイタル食堂」パパどを砕いてトッピングする

カレー全体を混ぜ合わせていただきました。優しいスパイス使いにピックルの酸味、野菜の甘みなどが混ざり合い、スプーンを口に運ぶごとにいろんな味わいが楽しめます。

糸満「アイタル食堂」カレー全体を混ぜ合わせる

カレーを食べ終えた後、デザートに取っておいたドーナツ風の何か。たぶん、香草と豆ペーストの揚げ物ワダってヤツだと思うのですが、食べてみると全く甘くなくて驚きました。ドーナツっぽい揚げ物なのに甘くないなんて… 一瞬、脳が混乱しますが、これはこれでおいしい。ヴィーガンも南インドカレーも、未知の世界は驚きの連続です。

糸満「アイタル食堂」香草と豆ペーストの揚げ物ワダ

ということで、糸満で間借り営業している「アイタル食堂」のヴィーガン南インドカレーをいただいてきました。おいしくて重たくないカレーを求めて訪れたのですが、狙い通り食べ終わった後の満足感はありながらも胃腸に負担がかかっていない感じが心地よく、満足度の高いランチとなりました。

営業日の少なさとアクセスがよいとはいえない立地的でもあるのに、満席状態だったことにも驚きました。ヴィーガンは支持されているんですねぇ。
終わり。

お店の情報

店名アイタル食堂(畑の茶屋結での間借り営業)
住所〒901-0322
沖縄県糸満市与座90
営業時間11時半〜16時
定休日SNSを要確認
駐車場与座区コミニティーセンターの共同駐車場を利用


 あわせて読みたい

-インドカレー・ネパールカレー, カレー, ランチ, 沖縄本島南部, 沖縄県, 糸満市, 都道府県別, 食べ歩き
-