お寿司 ランチ 宜野湾市 沖縄本島中部

宜野湾「割烹 田舎」地元客が集まる店でどでかいネタのお寿司を食べてきた。

投稿日:

とある週末のこと。ご主人サマーが「今日のランチは、宜野湾の田舎!」と言いました。何それなんのお店なの?と聞く間もなく連れて行かれたのは、58号線沿いの大謝名交差点近くにある「割烹 田舎」。ああ、この看板、何度も見てるわ。赤い看板の真後ろの青い建物はお隣のお店で、右奥の瓦屋根っぽいのが田舎の建物です。駐車場は、店先と店の下にもありました。

宜野湾「割烹 田舎」の外観。

田舎に入ってすぐ、カウンター席とテーブル席があります。子連れに気付いた店員さんが、奥のお座敷席に案内してくれました。ありがたい。

宜野湾「割烹 田舎」のカウンター席とテーブル席。

お店の奥にはお座敷とボックス席、それと個室もあるようです。このお店、かなり広いなぁ!チェーン店以外でこんなに広いお店、沖縄では他に見たことないかも。

宜野湾「割烹 田舎」のお座敷席。個室もある。

お座敷の畳にお子サマーを寝かせ、まずはメニューをチェックです。田舎は和食のお店なので、さしみや天ぷら、煮付けなどの定食が揃っています。あっ、あたしの好物の鰻もあります。

宜野湾「割烹 田舎」のメニュー(その1)

でも、圧倒的にお寿司のメニューが多かったので、田舎はお寿司推しなのでしょう。

宜野湾「割烹 田舎」のメニュー(その2)

カウンターの冷蔵ケースにはお刺身のネタがたんまり並べられていました。入店してすぐ目に飛び込んできたこのネタの山が忘れられず、この日はお寿司をいただくことにしました。

カウンターの冷蔵ケースにはお刺身のネタがいっぱい。

注文から10分ほどでやってきたでしょうか。こちらが、にぎり特上(1500円)です。寿司下駄いっぱいのお寿司がドドン!にぎりが10貫と手巻きが1本。それに椀物もついてきます。

宜野湾「割烹 田舎」のにぎり特上(1500円)

赤身が2種、白身が3種。季節によって魚は違うかもしれませんが、この日のラインナップは好みで嬉しいな。

にぎり特上のお寿司は10貫。赤身、白身など様々だ。

この分厚いカットのハマチ。サクッとした食感と、ハマチの旨味がたまらんぜよ。

サクッとした食感のハマチ。厚みが嬉しい。

こちらの白身は、なんという魚でしょう。ネタが大きくて、シャリの両脇にダラリと垂れています。お寿司を頬張った時に、ネタがはみ出るほど大きいんです。生魚好きとしては、このボリューム感がえらく嬉しい。

これは、なんという魚かな。ネタが大きい!

シャリは決して小さいわけではありません。ただただ、ネタがデカいのです。おかげで、お魚欲求を満たしてもらえます。

シャリが小さいわけではない。ネタが大きすぎるのだ。

こちらは白魚の軍艦、シソに巻かれたシメサバ、蒸しエビ。シメサバは自家製なのでしょうか、シメ具合がそれほど強くなかったです。きっと脂乗りのいいサバを使っているんだろうね、と話しながらいただきました。

にぎり特上には、軍艦や手巻き寿司も。

あたしの好物の鰻は2貫!うなぎ定食ではなく、にぎり特上にしてよかった!いろんな魚と鰻が食べられて満足度高し。

うなぎが2貫!嬉しい。

にぎり特上の手巻き寿司は、お店の単品メニューにもあったスタミナ巻きというもの。中の具は、サーモンやお魚の脂乗りが良いところをミックスで叩いているものでした。これがまたウマい!

手巻きは、スタミナ巻きというもの。

にぎり特上についてきた椀物は、魚のアラ汁でした。魚の旨味たっぷり。お代わりしたかったなぁ。

にぎり特上についてきた汁物。魚の脂がたっぷりのアラ汁だ。

ということで、宜野湾にある「割烹 田舎」でにぎり特上をいただきました。こちらのお店、いつも駐車場が混んでいるような気がします。我々が食べに入った時も地元のお客さんばかりで、観光客はおりませんでした。客席が広く、家族連れやグループ使いに良いですね。沖縄移住後、お寿司といえば回転寿司ばかりだったけれど、ネタの大きさ・味はこちらのお店の方がよかったです。たまにはこういうお店でお寿司をいただくのも悪くないもんだなぁ。ご馳走さまでした。
終わり。

住所:〒901-2225 沖縄県宜野湾市大謝名1丁目4-1

沖縄県宜野湾市大謝名1丁目4-1

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩
 



-お寿司, ランチ, 宜野湾市, 沖縄本島中部
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.