入院記 日記・思ったこと 沖縄本島南部 那覇

【沖縄赤十字病院へ入院 vol.1】骨折入院プロローグ。

投稿日:2015年11月7日 更新日:

ひよこナース

どうも、なかのひとことユッキーです。2015年11月3日から、沖縄赤十字病院に入院してきました。ことの発端を軽く説明しましょう。

怪我から入院前日までのあらまし

10月25日

新都心公園へジョギングに行き、走り出して10分でコケる。ヘタに前回り受け身を取ろうとし、左肩から落ちる。痛みで軽く吐き気がしたので、そのまま帰宅。整骨院か整形外科を探すも、日曜でどこも休み。仕方なく那覇市立病院の救急外来へ向かい、レントゲンを撮ると「骨折はしていない」と言われ、三角巾で腕を吊ってもらい、ロキソニンと湿布をもらい帰宅。

こちらが「那覇市立病院」で撮影してもらったレントゲンです。

那覇市立病院,レントゲン,骨折していないと言われる

10月27日

会社近くの「エスワンスポーツ鍼灸整骨治療院」へ。筋挫傷と肩鎖関節脱臼(一番軽いヤツ)と診断。腫れと浮腫みが酷いので、コロコロローラーみたいなやつで10分くらい電気を流してもらう。その後氷嚢で冷やし、湿布をもらって帰宅。

10月30日

再度「エスワンスポーツ鍼灸整骨治療院」へ。肩付近の状態を見てもらいつつ、電気を流してもらう予定が、整骨院の先生が「おかしい」と言う。観察してもらううちに、鎖骨の先が折れてる疑いがあるとのことで、近く整形外科へ行くよう強くすすめられる。心が折れる。

10月31日

土曜日。朝から整形外科へ。以前一度、寝違えを看てもらった「リハビリテーションクリニックやまぐち」へトボトボと。レントゲンを撮るや否や、院長が「折れてる折れてる~!」と声高に言うので、落ち込むというよりも、なんというかちょっと笑ってしまう。この病院には沖縄で肩を専門としている山口浩副院長がおりまして、担当が院長から副院長へバトンタッチ。後から考えてみると、偶然この整形外科へ行っただけなんですが、こういう流れって上手いこと出来てるもんだなぁと思ったり。これは偶然ではなく必然か...

こちらが「リハビリテーションクリニックやまぐち」で撮ってもらったレントゲン。折れてる折れてるー!!!

リハビリテーションクリニックやまぐち,レントゲン,骨折してました

この時点で、比較的速やかに手術したほうがいい、と山口副院長に言われました。この山口先生、毎週水曜日に大きな病院で手術しているそうで、手術可能な那覇市内の病院のオペ予定を見て、病院とスケジュールを決めましょうというお話がありました。この時点で、早ければ11月4日に手術の可能性が。

11月1日

月曜日。朝7時台からリハビリテーションクリニックやまぐちから電話がなりまくるも、出勤準備中で気が付かず。8時半頃、バス停に向かいながら折り返すと、山口先生に「紹介状を書いたから今すぐ受け取り、沖縄赤十字病院へ」と言われる。えええーっ!仕事は?時間は?遅刻なの?有給ある!?お金は?ここからどうやって赤十字へ行くの?...など、急なことで気が動転... すぐテンパっちゃうあたいですが、ともかく治したい一心で会社へ連絡し、紹介状を受け取って赤十字病院へ向かいました。

紹介状

沖縄赤十字病院に到着したのは9時半頃。受付して手渡されたのがこちらの案内。見た感じ、13時頃までビッシリ予定が組まれています。仕事ェ...

入院前検査,沖縄赤十字病院

放射線科では鎖骨周りのレントゲンを撮られ、生理機能検査では心電図、腹部と心臓のエコー、肺活量の確認などを行いました。その後、麻酔科医から手術時の麻酔についてのお話を聞いて、整形外科の担当医から手術についてのお話をじーっくりと伺うことに。

入院前検査,沖縄赤十字病院

最後の方は、もう聞いてるだけで頭が痛くなってきました。病院側としては手術や麻酔のリスク説明をしっかりしてくれているのですが、聞いてるあたしはマイナス思考なので、悪い方に悪い方に考えてしまって、最終的に「妊娠の可能性は?妊娠してない?検査する?尿検査した?」などガーッと質問された時に涙腺が崩壊しちゃいましたね。すでにこの日はレントゲン撮ってるし、エコーにも何も写ってなかったし、妊娠してないってば~!

で、この日だけでいっぱい書いた問診票などの書類がこちら。この他にもあったかもしれないけど、とにかくいっぱい。いろいろと。

入院前検査,沖縄赤十字病院入院前検査,沖縄赤十字病院

最終的にCT検査もすることになり、病院を出たのが15時過ぎ。最後の方、もうヘロヘロで疲れ切ってて、説明されたのもあんまり覚えてません。この日の入院前検査で16,730円が吹っ飛びました。マジで金欠だよ!

入院前検査,沖縄赤十字病院
 

というわけで、鎖骨を折りました。

そんなわけで、ジョギングしてたらコケて、人生初の骨折&入院になりましたとさ。ご主人サマーは一度も「大丈夫?」って言ってくれないし、ずーっと「あんたさー、ほんっとバカだよねー」とか「調子に乗って走ったりするから折るんだよ」とか「骨折ババア」とか「走って転んで骨折って、ほんっとダサい」とか、そういうことしか言ってくれません。手術前の検査の際、同行の家族がおらず、先生が困って「ご家族の方に説明したいんだけどな」って言ってたよ、と伝えるも「死ぬ病気でもないのに、辛気臭いところに行きたくない」と冷たいことを申しておりました。残念な夫とは彼のことでしょうか...

そんなこんなで、骨折からの手術ブログ。vol.2以降はどうなることやら。気長にお待ちください。
続く。

住所:〒902-0076 沖縄県那覇市与儀1丁目3-1

沖縄県那覇市与儀1丁目3-1

(*・ω・)つ 健康に気をつけて沖縄の食べ歩きをしましょうねー♩
 

-入院記, 日記・思ったこと, 沖縄本島南部, 那覇
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.