「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」那覇空港内に醸造所!ここでつくったクラフトビールでアリ乾杯!

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」おためしセット(1320円)

ヘリオス酒造がやってくれました!那覇空港の国際線ターミナル側に日本では初、世界でも珍しい空港内ブルワリー併設のパブレストランをオープンさせたのです。わたしが訪れたタイミングでは、オープン時刻の11時には何組もお客さんが立ち寄っていて、早くも認知が広まっている様子です。ということで、さっそく「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」のレポートいってみよ〜!

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」の外観

ヘリオス那覇エアポートブルワリーは、那覇空港国際線ターミナルの4階にあります。運営やビールはもちろん、泡盛やラムなどを製造・販売しているヘリオス酒造。1996年に沖縄県内で最初にクラフトビールを作り始めた企業で、2020年には岩手県に醸造拠点を取得し、クラフトビールの生産体制を拡大しています。国内外を視野に展開しているなぁと思っていたら、沖縄観光の玄関口に醸造設備とパブレストランをオープンしたので、わたしのまわりのビール好きの間で話が盛り上がりました。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」にはビールを醸造する設備が備わっている

ターミナルの通路から醸造設備(仕込窯や熟成タンク)をしっかり眺められます。この日はビールの醸造どころか工場側に醸造スタッフが不在だったため、この施設は何リットルタンクがいくつあるのかだとか、仕込み量はどのくらいなのか、といったマニアックな話は聞けていません。もしタイミングが合えばいつか聞いてみたいものですね。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」の醸造設備

それにしてもこのお店、抜け感があって非日常な感じが素晴らしい。いまから旅に出るような、あるいは旅の終わりのような。那覇在住のビール好きとしては、旅に出ずとも、ヘリオス那覇エアポートブルワリーを訪れても良いと思いました。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」の雰囲気

ちなみに、国際線ターミナルのチェックインカウンターCの真上にあります。空港の端っこではありますが、チェックインカウンターCを利用する方の目に必ず止まるでしょうから、いい場所に出店したなぁと思います。

那覇空港国際線エリアのチェックインカウンターCの上に「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」がある

ヘリオス那覇エアポートブルワリーがオープンして2週間後に訪れたので、たくさんの胡蝶蘭が置かれていました。ピザ窯の背後にあるお店のロゴがステキ。このピザ窯の左手奥にはトイレがあります。ビール好きはトイレの場所を事前に把握しておきたいものですが、この近さはありがたいですね。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」のマークが入ったピザ窯

そんなわけで、わたしもヘリオス那覇エアポートブルワリーへ入店です。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」の店内(廊下側)

店内にはカウンター席、テーブル席、そしてお店の外の通路側にもいくつか客席が設けられていました。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」の店内(カウンター席とテーブル席)

わたしは年季の入ったビアタップが眺められるカウンター席に座ります。このビアタップ、ヘリオス酒造がビールを作り始めた当初から使われていて、このパブレストランのオープン時点で26年モノだそう。ヘリオスの様々な歴史を眺めてきたんだろうなぁ。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」年季の入ったビアタップ

この日のメニューはこちら。ヘリオス那覇エアポートブルワリーのタップ数は6つ。ヘリオスの那覇空港で造られたビールと、名護工場で造ったビールが繋がるようです。フードの種類は多くありませんが、軽いおつまみからお腹に溜まるピザもあるので、サクッと飲みもしっかり食事もできそうです。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」のメニュー

1杯目のビールは、ここヘリオス那覇エアポートブルワリーで作られたビールにしようと思ったのですが、、、なんと!売り切れ!那覇空港まで来たのに売り切れ!まさかやー!想定以上にお客さんが立ち寄って、思った以上に早く樽が切れてしまったのでしょうか… ここで仕込んだビールが飲めないのは痛恨…

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」店内から醸造設備を眺める

でもまあそういうこともありますから、気を取り直しておためしセット(1320円)を注文しました。左から青い空と海のビール(ヴァイツェン)、星空のポーター、天使のレッドエール。名護工場で作られた、ヘリオス酒造の定番どころを少しずついろいろと。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」おためしセット(1320円)

おつまみも軽くいただきます。カプレーゼ(660円)はころころと可愛らしい反面、ソースのテーゲーなところは改善したほうが絵になると思います。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」カプレーゼ(660円)

早々におためしセットを飲み干したので、名護工場で作られたラガー(トール、1045円)を注文。結構グラスが大きかったので、レギュラーサイズくらいでも良いかもしれません。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」ペールエール(トール1045円)

島風ピザ(1210円)もいただきました。注文が入ってからピザ生地を伸ばし、専用窯で焼き上げます。注文状況によっては少し時間がかかるかもですが、ヘリオス那覇エアポートブルワリーの名物になると思うので、時間を作って食べてほしいです。

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」島風ピザ(1210円)

今回注文した島風ピザは、沖縄らしさがウリなのでポーク(スパム)でも乗せているのかな〜と思ったのですが、スーチカーに柑橘類が乗せられて想像以上においしい仕上がりでした。いいピザを選んだと思います!

那覇空港国際線エリア「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」島風ピザに乗るスーチカーと柑橘類

ということで、那覇空港国際線ターミナルにオープンした「ヘリオス那覇エアポートブルワリー」へ行ってきました。日本初かつ世界的にも珍しい空港内の醸造設備併設パブレストランが沖縄にできたのは、県内在住のビール好きとしてはとっても嬉しいです。沖縄観光するビール仲間にもオススメしやすいですね。あとはここで作られたビールを飲んでから改めて追記しようっと。
終わり。

お店の情報

店名ヘリオス那覇エアポートブルワリー
住所〒901-0142
沖縄県那覇市鏡水150 際内連結ターミナル4F
営業時間11時〜20時
定休日不定休
駐車場那覇空港の有料駐車場を利用可


 あわせて読みたい

-ビアバー, ビール, ブルーパブ, 国内の空港, 小禄エリア, , 沖縄本島南部, 沖縄県, 空港, 那覇市, 那覇空港, 都道府県別, 鏡水, 飲み歩き
-,