那覇市久茂地「北海道らーめん奥原流 追風丸」の味噌ラーメンを食べてきた。

2015年2月9日

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」白味噌ラーメンのぷりぷりとしたたまご麺
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

道産子のわたしが沖縄移住して困ったことのひとつ、それが北海道ではメジャーな卵麺が食べられないということ。それでラーメン通に「どこかに卵麺のお店はありませんか?」と聞いたところ、オススメされたのが「北海道らーめん奥原流 追風丸(はやてまる)」でした。北海道に1店舗、沖縄県内に5店舗あり、わたしの生活圏に近いのが久茂地店です。ということで、さっそくレポートいってみよ〜!

久茂地の人気ラーメン店「北海道らーめん奥原流 追風丸」

どこにあるの?駐車場は?

那覇市にある追風丸 久茂地店は、ランチどきになると周辺企業のサラリーマンがこぞって食べに入る人気店です。県庁前から一銀通りに抜ける病院通り沿いにあり、国際通りもすぐの立地です。そのため時々大きな荷物の観光客が食べていたりするのですが、沖縄で北海道ラーメンというのはオススメしてよいのかどうか、若干悩みどころ…。お店には専用駐車場はありませんが、近くにコインパーキングがいくつもあるので、車で訪れる場合も安心ですね。

お店の様子

それでは、さっそく追風丸 久茂地店へ。

追風丸,久茂地

平日のランチタイムはいつも混んでいるお店です。12時10分頃には満席になってしまうことが多く、外で並んで待っているサラリーマンが何人かいるくらい。ちょっと早めか、12時半以降の2回転目を狙って訪れると良いかもしれません。朝11時から夜まで通し営業なので、遅ランチでの利用も可能です。カウンター席とテーブル席があるので、おひとり様での麺活も気軽です。

追風丸,久茂地

メニュー

追風丸 久茂地店のメニューを確認します。味噌・醤油・塩はそれぞれ2種類ずつ、つけ麺や野菜たっぷりのメニューもあります。また、ラーメンセットはもちろん、11〜15時は麺大盛りまたは小ライスのランチサービスもあって、とにかくお腹いっぱい食べられます。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」のラーメンメニュー(2022年12月)

トッピングメニューもいろいろ選べます。サイドメニューも単品注文できるので、夜に訪れてサイドをつまみながらビールを飲み、シメにラーメンというのもアリだなと思います。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」トッピングなどのメニュー(2022年12月)

実食!グルメレポート

白味噌ラーメン

初回訪問時、わたしは白味噌ラーメン(730円、2015年時点)をいただきました。ランチサービスで麺大盛りになっています。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」白味噌ラーメン(730円、2015年時点)

まずはスープから。白味噌ラーメンは人気No.1だそうで、甘みのある北海道産味噌をベースに、何種類かの味噌をブレンドしているそうです。

追風丸,久茂地

卵麺はプチプチっとした食感が特徴。モヤシにちぢれ麺に味噌はTHE北海道なビジュアルです。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」白味噌ラーメンのぷりぷりとしたたまご麺

早々に卓上調味料を取り出し、おろしニンニクを入れることに。この味噌スープにはニンニクが確実に合います。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」白味噌ラーメンにはすりおろしニンニクがウマい

北海道の味噌ラーメンにはニンニクが不可欠です。わたしはこのくらいのニンニクを最低2杯は入れます。これがおいしさの秘訣です。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」白味噌ラーメンにたっぷりのニンニクを入れて味変する

さらに一味をトッピング。最初はそのまま、途中でニンニク、後半で一味を入れることで最後まで食べ飽きずにおいしくいただけます。味変も楽しみましょう。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」白味噌ラーメンに一味をたっぷり入れてもおいしい

追風丸 久茂地店のチャーチューはとろっとろで、箸で持ち上げるのが困難なほどでした。レンゲに乗せる際もバラバラになるほどにほろほろで、とてもおいしかったです。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」白味噌ラーメンのほろほろ煮崩れてしまうチャーシュー

塩ラーメン(こってり)

会社の同僚に食べに行こうと誘われて、1年半振りの追風丸 久茂地店。この時いただいたのはこってりの塩ラーメン(680円、2016年7月時点)です。ランチサービスは小ライスにしました。スープにはたっぷりニンニクを投下して、よりおいしくしています。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」こってりの塩ラーメン(680円、2016年7月)

真夏にラーメンなんて汗が止まらないから避けたいけど、道産子樽もの卵麺を食べねばならんのです。この日は麺の茹で加減がよく、プチプチ食感をしっかり堪能。スープを絡める縮れ具合が最高でした。具材もたっぷりでおいしかったです。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」こってりの塩ラーメンのたまご麺

バカニラオロチョンラーメン

数えること、6年ぶりの追風丸 久茂地店。午前中から夜まで通し営業しているので、遅ランチの時に助けられました。この日のわたし、仕事が大詰めでした。それでランチで気合を入れようと、ちょっと辛そうなバカニラオロチョンラーメン(880円)を注文です。辛さは段階別に変えられるそうですが、わたしはノーマルのままでいただきます。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」バカニラオロチョンラーメン(880円)

辛さはノーマルのはずなのに、わりと辛めに思いました。スープのベースは塩味だそうですが、辛いので塩なのかなんなのかわかりにくいです。ただ、スープ自体はあっさりしているな〜と思いました。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」バカニラオロチョンラーメンのスープ

ぷりぷり食感のちぢれ麺を啜る時もむせないように気を使います。熱々のスープに辛味の刺激も加わり、熱っ!辛っ!熱っ!辛っ!が連続して襲い掛かります。なかなか麺を食べ進められません。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」バカニラオロチョンラーメンのたまご麺

バカニラオロチョンラーメンの具材は、見るからに大量のニラ、旨味のシイタケ、細切れの豚肉、キャベツ、タマネギ、長ネギ。黄身とろんの味玉が乗ってるのも嬉しいです。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」バカニラオロチョンラーメンのトッピング

途中、大量のニンニクを投下して、あっさりスープにコクを加えます。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」バカニラオロチョンラーメンにすりおろしニンニクを入れる

このラーメンには穴あきレンゲがついてくるので、最後まで具材をすくって食べられます。これ、地味に嬉しいです。

那覇市久茂地「追風丸(はやてまる)」バカニラオロチョンラーメンは穴あきレンゲ付きで具材が掬いやすい

まとめ

ということで、那覇市久茂地にある「北海道らーめん奥原流 追風丸」のラーメンを食べてきました。沖縄で北海道の卵麺を食べられる、数少ないお店です。ぷちぷち食感の中太麺ラブ!また、お昼を食べ損ねたランチ難民にも優しい営業時間で、15時までランチサービスがあり、お腹いっぱい食べられるのがありがたいです。久茂地のサラリーマンの胃袋を支えるお店のひとつとして、これからも頑張ってほしいなぁと思っています。
終わり。

タップで確認
沖縄ラーメンまとめ!地元民オススメの人気店から穴場まで【北部・中部・南部エリア別】 - 毎日ビール.jp
沖縄ラーメン情報をもっとみる

沖縄県内で食べ歩いたラーメン情報をまとめてみました!さらに広い範囲で沖縄ラーメンを探したい方は、こちらのまとめ記事がオススメです!

お店の情報

店名 北海道らーめん奥原流 追風丸 久茂地店
住所 〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地3丁目15-1 やまこビル1F
営業時間 11時〜20時45分(L.O.20時半)
定休日 不定休
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ランチ, ラーメン, 久茂地, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇中心部エリア, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-