とんかつ・カツ丼 ランチ 沖縄料理 沖縄本島南部 那覇市

那覇のデカ盛り聖地「波布食堂」で戦ってきた!

投稿日:2016年2月29日 更新日:

沖縄の食堂で食べる定食は、どれもこれも大盛りがデフォルト。ですが、ケタ外れのデカ盛りで有名なお店があります。それが那覇市内にある「波布食堂(はぶしょくどう)」。一言で「大盛り店」と片付けられないほど、爆裂ドカ盛り店なのです!定食1つで一般的な2〜3人前のボリュームがありますから、ナメてかかってはいけません。完食めざしてガッツリ飯を楽しみましょう。

那覇で最もデカ盛りなお店「波布食堂」!

サビが目立つトタン小屋、これが波布食堂です。

こちらが波布食堂の外観。那覇ふ頭が目の前のため海風のせいでしょうか、建物の外側はサビが目立ち始めています。看板をみると本当は「お食事処波布」っていう名前なのかもしれませんが、まわりの人たちは波布食堂と呼んでいます。

波布食堂,那覇,デカ盛り

店内の様子。

店内に入ると、大きなテーブル席に並んだお客さんが、出来立てアチコーコーな定食をハフハフ掻き込んでいました。その光景を目にして「うわぁー、ここは戦場だ」と思った次第。なんせ食事を楽しむ雰囲気や、味わって会話をしている様子が見られないんです。なんだったらどことなく苦しそうな人も...

波布食堂,那覇,デカ盛り

波布食堂のメニューをチェック!

さて波布食堂のメニューをチェックしましょう。沖縄の定食野さんにしてはメニュー数はそんなに多くありません。価格帯は500~750円。そば、ちゃんぷるー、カレー、チャーハンなどがあるようです。

波布食堂,那覇,デカ盛り

注文は、キッチンのおばちゃんに食べたいメニューを伝えるだけ。調理の音で聞こえない場合があるっぽいので、何度か伝えるといいでしょう。注文を受け付けると、おばちゃんが番号を教えてくれます。それが注文番号なのでお忘れなく。

波布食堂,那覇,デカ盛り

波布食堂のお食事レポート。

1食目:カツ丼(750円)

波布食堂での1食目は、カツ丼(750円)にしてみました。なんですか、これは。出てきた瞬間、「カッツドーーーーン!!!\(^o^)/」というアスキーアートが頭に浮かぶあてくし。

波布食堂,那覇,デカ盛り

注文を受け付けてくれたおばちゃんからは「カツ丼、1番ねー」と言われたのですが、「17番のカツ丼」が誰も受け取りに来ないのを確認した後、「はい、おねーちゃん。カツ丼ー」と17番のカツ丼が回ってきました。出来立てアチコーコーなので何番でも気にしないけど、おばちゃんもお客さんも番号管理しきってないところが沖縄らしいなぁと、妙に納得したり。

それにしても凄いボリュームです。これで750円は安い。大きなカツが2枚ほど、野菜と一緒にうず高く盛り付けられています。

波布食堂,那覇,デカ盛り

沖縄のカツ丼って、一般的なカツ丼は様子が異なります。薄手のカツを野菜と一緒に卵とじにしているんです。沖縄独自の食文化っていっぱいあるけど、このカツ丼もその1つだと思うんだよなぁ。

波布食堂,那覇,デカ盛り

味付けも内地とは少し異なります。甘じょっぱい丼タレですが、胡椒がピリッとしています。この胡椒はカツに付けられた下味でしょう。

波布食堂,那覇,デカ盛り

カツ丼に添えられた汁物は、カツオ出汁がきいてる沖縄そば。この汁がとてもおいしいんですが、只でさえカツ丼が大盛りなのに、ここにきてまたもや炭水化物攻めとは... 波布食堂との初戦は完全に完敗です。デカ盛りっぷりは聞いていましたが、ここはほんとに凄いボリュームでした。食べ進め方を反省し、食い改めて2食目に挑もう、そう誓った初戦でした。

波布食堂,那覇,デカ盛り

2食目:ゴーヤーチャンプルー(750円)

肉系のカツ丼で完敗したので、2食目は野菜系に振ってみました。大好きなゴーヤーチャンプルー(750円)です。

波布食堂,那覇,デカ盛り

ゴーヤーが大好きなので、出てきた瞬間、このボリュームに胸がときめきました。めっちゃボリューム満点!こんな量を独り占めできるなんて、この上ない幸せでございます。

波布食堂,那覇,デカ盛り

ゴーヤーチャンプルーには、コンビーフとポークと島豆腐、短冊切りのかまぼこが入っていました。波布食堂のチャンプルー、おいしい!コンビーフがいい味です。...が、この後、食べても食べても減らないゴーヤー地獄に突入します。まさに、フードファイトの気分で、ゴーヤーだけでお腹いっぱい。1食分でいったい何本のゴーヤを使ってるんでしょう。ビタミンも葉酸も補給しまくりです。

波布食堂,那覇,デカ盛り

波布食堂のゴーヤーチャンプルーは、味が濃すぎず薄過ぎず、コンビーフがいい調味料役になっておいしいんです。でもボリューム多すぎて途中から飽きてしまう... そんな時はコーレーグスで味変!コーレーグスとコンビーフがマッチしてとても美味しかったです。

波布食堂,那覇,デカ盛り

波布食堂2食目のゴーヤーチャンプルーは、おかずだけ完食。ごはんと汁物は食べきれませんでした。お会計の時に、レジのおばちゃんにいったいどんだけゴーヤ使ってるの?と聞いてみると、「3本くらいかな」とのこと。ゴーヤー3本って!食卓に並べたら、何人家族のおかずになるんだろう...

3食目:持ち帰りの弁当(400円)

久しぶりの波布食堂は、持ち帰りの弁当を買って帰ることにしました。レジのおばちゃんにお弁当と告げると、「350円と400円のがあるよ」と教えられます。えっ、そうなの?2種類あるの?でも作り置きの弁当はないらしく、注文後じゃないとどんな弁当かわかりません。それじゃあと400円の弁当を注文し、5分ほど待って作ってもらったのがこちら。ギューギューです。

那覇の「波布食堂」でお弁当(400円)を買ってきた。

パッと見ではそれほどのボリューム感ではなさそうだし、お弁当の重さ的にもそれほどでもないかな、なんて思いました。しかしそれは大間違い。ごはんの盛り方が半端なくてパックが閉まらず、フタは輪ゴムで無理やり閉じてます。さすが波布食堂、お弁当ですらドカ盛りに応えてくれます。

パックのふたが閉まらないほどご飯が盛り付けられている。

お弁当のおかずは鯖の味噌煮、沖縄らしい薄いお肉のトンカツ、ポーク玉子、そしておかずに隠れてたっぷりの野菜炒め。鯖の味噌煮は以前から食べてみたかったものなので、お弁当に入ってて嬉しい!テリッと濃い味の味噌に、鯖の脂。この組み合わせが悪いハズありません。さくさくのトンカツも揚げたポークも温かく、いずれも塩気がご飯を進ませます。お弁当の半分を埋める野菜炒めには、もやし、キャベツ、青菜、コンビーフ、そして豆腐がたっぷりと。野菜も肉・魚類もとれちゃうお弁当ですね。

波布食堂のお弁当(400円)のおかずは、鯖味噌、トンカツ、ポーク卵、豆腐野菜炒めだ。

パックの半分は、固めに炊かれたごはんです。ぎゅーっと盛り付けられたごはんは、厚みが目測で4〜5cmあるんです。おかずの塩気でどんどんごはんが食べられちゃうんですが、さすがにお腹いっぱいになって白米を1/3くらい残してしまいました。どう考えても二人分はあるぞ、このお弁当…

ごはんの量が半端ないのだが、おかずがおいしくてどんどん食べてしまう。
 

まとめ

ということで、那覇の有名店「波布食堂(はぶしょくどう)」で、デカ盛り定食と戦ってきました。あたしがここに来るのは、だいたい一人です。ご主人サマーには「波布食堂はちょっと... 爆盛り過ぎて不健康だから」と断られるのです。お店が混雑して食べるまでに並ぶとか、駐車場が混んでるとか、そういう理由ではなく、「爆盛り過ぎて不健康」って!なんというお断り文句... ちなみに波布食堂の食べ物の味は普通においしいです。だから何度も食べに行くのですが、でもボリュームが多すぎるので毎日通いたい気持ちにはなりません。月に1度、いや半年に1度でいいかな... 子供がもう少し大きくなったら、2人で1食で済むので経済的かもしれませんね。さあ、次は何を食べてみようかな!
終わり。

〒900-0035 沖縄県那覇市通堂町4-22

沖縄県那覇市通堂町4-22

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩ 

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-とんかつ・カツ丼, ランチ, 沖縄料理, 沖縄本島南部, 那覇市
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.