宮古島「小料理 縁の郷」お料理をおまかせしたらボリュームが半端ない!宮古牛握りもウマい!

毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

宮古島の陽が沈む前に訪れた「小料理 縁の郷」。ちょっと分かりにくい場所にあるとネットで調べていました。確かに、通りに面してではなく地下にあるようです。階段を下っていくと…

宮古島「小料理 縁の郷」は地下にある

こんな感じ。さっそく店内へ入りましょう。

宮古島「小料理 縁の郷」の外観

お店は純和風の造り。間引いて十分な広さのカウンター席と…

宮古島「小料理 縁の郷」の店内(カウンター席)

個室のテーブル席がありました。この日はカウンター席もテーブル席も予約で埋まっていたので、事前の電話確認がよさそうです。

宮古島「小料理 縁の郷」の店内(個室のテーブル席)

この日の縁の郷のメニューはこちら。おつまみは会席コース・一品オーダーが可能です。どれにしようか悩んでいたら、お店の方から「2000〜5000円でお料理おまかせもできます」と案内がありました。ボリュームがわからないので、一番安い2000円でオーダーし、足りなければ一品料理を追加することに。

おつまみが決まったので、さっそくビール(500円)を。縁の郷ではオリオンドラフトの樽生がいただけます。

宮古島「小料理 縁の郷」ビールはオリオンドラフト(500円)

お通しは地元産のもずく。優しい出汁のつゆにもずくをくぐらせていただくと、とってもおいしいです。

宮古島「小料理 縁の郷」この日のお通しはもずく

おまかせのお料理がさっそくやってきました。1品目は生ハムとクリームチーズの生春巻き。生ハムの塩気とクリームチーズのもったり感でビールが進みます。

宮古島「小料理 縁の郷」おまかせ料理(生ハムのクリームチーズの生春巻き)

2品目は島らっきょの塩もみ。細めの島らっきょは宮古島産。ほどよく塩もみされ、辛味もほんのりでお酒のアテにピッタリ。

宮古島「小料理 縁の郷」おまかせ料理(島らっきょの塩もみ)

お次はもずくの春巻き。とろんとしたもずくは熱々!味付けなのか海の塩気なのか、そのまま食べても味濃いめに感じました。カラシをつけてもおいしいです。ビールをおかわりしました。

宮古島「小料理 縁の郷」おまかせ料理(もずくの春巻き)

4品目は宮古牛すじ煮込み。宮古島に来たならば、宮古牛をいただきたいですね。こちらは牛の旨味を感じつつ、濃口でいいアテです。温かい時はもちろん、冷めても脂がギトつかずおいしくて、縁の郷の丁寧なお仕事に感心します。

宮古島「小料理 縁の郷」おまかせ料理(宮古牛すじ煮込み)

5品目はホンビノスの白味噌クリームチーズです。口にした瞬間、貝と味噌とチーズの旨味がたまらない!ひとりで4つもいただけて嬉しいし、つい日本酒が欲しくなります。

宮古島「小料理 縁の郷」おまかせ料理(ホンビノスの白味噌クリームチーズ)

まさか、宮古島で日本酒を注文するとは。ホンビノスったら日本酒泥棒。

宮古島「小料理 縁の郷」ホンビノスを食べてたまらず日本酒を注文

この日は旭菊 綾花 特別純米 瓶囲い(グラス800円)をいただきました。思ったよりもライトな飲み口。軽くてホンビノスに合うかなぁと思ったけれど、それは余計な心配でした。旨味のあるおつまみとの相性がよい酒です。

宮古島「小料理 縁の郷」旭菊 綾花 特別純米 瓶囲い(グラス800円)

そろそろお料理は終わりかなと思ったら、まだ終わりません。6品目は優しい味わいの出汁巻き卵。シソ、海苔、カツオ、ネギ、小口ネギで味変を楽しめます。上のトッピング、おもしろいですね。宮古島で出汁巻き卵の新しい楽しみ方に出会いました。

宮古島「小料理 縁の郷」おまかせ料理(出汁巻き)

7品目のもずくと島野菜の天ぷら。どういうことなの、縁の郷ったら2000円でボリュームありすぎだよ!熱々、とろとろのもずく天がおいしくて、つい食べてしまいます。こちらでおまかせ料理は終了です。

宮古島「小料理 縁の郷」おまかせ料理(もずくと島野菜の天ぷら)

お腹がパンパンだけど、宮古牛の炙り握り(1100円)を試してみたくて追加注文。炙りは4貫。この価格でこのボリューム、規格外ではありませんか。

宮古島「小料理 縁の郷」宮古牛の炙り握り(1100円)

口からはみ出るほど大きな宮古肉を詰め込んでモグモグ。これねぇ、一口でパクッと行って大正解です。炙りの香り、とろける脂、キリッ!ツーン!と辛いワサビ。めっちゃウマかった〜!

宮古島「小料理 縁の郷」宮古牛の炙り握りにワサビを乗せて頬張る

ということで、宮古島の食材を使った居酒屋「小料理 縁の郷」で飲んできました。お料理のおまかせがボリュームあり過ぎで、採算合ってるの?と心配になるほど。めちゃくちゃサービス精神旺盛だなぁと思いました。そして、追加オーダーの宮古牛の炙り握りもとろけるおいしさ。お店の方に伺うと、地元客と観光客は半々くらいとのこと。コンパクトなお店なので予約必須です。
終わり。

お店の情報

店名 小料理 縁の郷
住所 〒906-0012
沖縄県宮古島市平良西里387 スカイビルB1
営業時間 17時〜24時
定休日 日曜
駐車場 あり(要確認)


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

沖縄在住のグルメブロガー。観光客向けの定番グルメから、地元民向けのローカル店まで、沖縄グルメを食べ飲み歩きしています。旅とビールが好きで、国内外のグルメ・ビアバーの情報も。時々ライブ遠征・母子旅に出かけてはブログを書いています。

-ビール, 宮古島, 宮古諸島, 居酒屋, 日本酒, 沖縄県, 都道府県別, 飲み歩き
-