北谷町「BIG KNOT」オシャレなカフェで話題のオーバーライスをいただく。

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」フィッシュオーバーライス(S、900円)

北谷でチキンオーバーラースを食べようとググってみたところ、「BIG KNOT(ビッグノット)」というカフェがヒットしました。BIG KNOTはストリート系アパレルのセレクトショップとカフェが隣り合わせになっていて、今回は向かって右側のカフェに立ち寄りました。建物の右側に駐車場があるのも便利です。

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」の外観

店内はイエローをアクセントカラーにして、アメリカンなキャラクターのお着物やポスター飾られています。見ての通りおしゃれな雰囲気!

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」の店内

BIG KNOTのメニューはこちら。この日は沖縄で流行っているチキンオーバーライス狙いで訪れたのですが、フィッシュオーバーライスもシュリンプオーバーライスもあるようです。え、待って… 全部気になる…!

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」のメニュー看板

レジ前で注文と支払いを済ませます。最後の最後までどれにしようか悩みました。

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」のフードメニュー

注文時、+350円でドリンクをつけるか確認されました。ドリンクはフリードリンクで持ち帰りもできるとのこと。暑い時期だし、確かに水分補給は必要かもと今回はつけることに。ドリンクマシンの他、アップルティーの用意がありました。

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」のドリンクバー

しばらく待つと、フィッシュオーバーライス(Sサイズ、900円)が到着です。フィッシュを調理するのに15分ほど必要とのことでしたが、そんなに待たずにできあがりました。チキンと迷った挙句の果てにフィッシュを選びましたが、さあさあどんなお味なのでしょう。

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」フィッシュオーバーライス(S、900円)

魚は鱈を使っているそう。5切れほど乗せられて、満足のボリュームです。一般的なチキンオーバーライスはニンニクやコリアンダー、オレガノなどのスパイス感を楽しめますが、今回注文したフィッシュオーバーライスはあっさりとして、鱈本来の味わいも楽しめます。サフランライスは柔らかめの炊き上がりで食べやすいです。

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」フィッシュオーバーライスの魚は鱈を使っている

トップの白っぽいソースはもったりとして、優しく不思議な感じ。これまで食べたことない味わいです。和のような洋のような…。魚の下にはスライスしたパプリカとタマネギ、そして青菜が盛り付けられていました。シャキシャキとみずみずしい食感を与えてくれます。

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」フィッシュオーバーライスの鱈の下にはカラフルな野菜

味変は添えられたライムを絞ったり、ハラペーニョで酸味と辛味を加えたり。フィッシュオーバーライスは全般的に優しめの味わいなので、そこにライムやハラペーニョを加えると、ガッと切り替わって食が増すような気がしました。

北谷町のカフェ「BIG KNOT(ビッグノット)」フィッシュオーバーライスをライムで味変

ということで、北谷町にあるアパレルとカフェのお店「BIG KNOT(ビッグノット)」でフィッシュオーバーライスをいただいてみました。チキンオーバーライスはTHEジャンクフードですが、わたしが注文したフィッシュオーバーライスはそこまでジャンク感がなく、これはこれでおいしかったです。イートインはもちろん、テイクアウトも可能だそう。ここで買って、そのまま近くのアラハビーチで食事という流れもよさそうですね。
終わり。

お店の情報

店名 BIG KNOT(ビッグノット)
住所 〒904-0116
沖縄県北谷町北谷2丁目2-10
営業時間 11時〜21時
定休日 水曜
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-カフェ・喫茶店, ランチ, 北前エリア, 北谷町, 沖縄本島中部, 沖縄県, 都道府県別, 食べ歩き
-