ビアバー ビール 札幌市

札幌・資生館小学校前の「Maltheads(モルトヘッズ)」でビールを飲んできた。

投稿日:2014年8月14日 更新日:

我らがモル党北海道支部長と行く札幌クロール3軒目。2軒目のカラハナでお見かけした「Maltheads(モルトヘッズ)」店主・坂巻さんに会いに行ってきました。場所はカラハナから少し西へ移動し、資生館小学校の斜め向かいくらい。こんなところにビアバーがあるとは!地下にお店があるって言うのも、知る人ぞ知る感があって悪くありません。入り口は重厚なドア&看板で、店内も落ち着いた内装の大人向けバーですね。

札幌,すすきの,資生館小学校,Maltheads,モルトヘッズ,ビール

お店にはL字カウンターがありまして、とても印象に残っているのがこの椅子。座り心地が良くて、ついつい長居してしまいそう。

札幌,すすきの,資生館小学校,Maltheads,モルトヘッズ,ビール

さっそく1杯目。セゾン・ア・フルールを小さいグラスで乾杯です。900円。

札幌,すすきの,資生館小学校,Maltheads,モルトヘッズ,ビール

このセゾン・ア・フルールは、キク・ジャスミン・四川コショウ(花椒)の実が入ったビールだそうです。香り的にも非常にフローラルというか爽やかというか、確かに悪友Yが好きそうだし彼女に似合いそう。この樽は、我々のオーダーで空きまして、まさにギリギリのタイミングで飲めました。ツイテル!

札幌,すすきの,資生館小学校,Maltheads,モルトヘッズ,ビール

こういうビールには甘いおつまみが似合いそう、ということでドライフルーツ(500円)をオーダー。3種の干しブドウ、ドライマンゴー等が乗っていまして、シャレオツ!干しブドウの食べ比べ、面白かったです。

札幌,すすきの,資生館小学校,Maltheads,モルトヘッズ,ビール

函館で飲んでいた時も「札幌に行ったらモルトヘッズに行くべし」「北海道のビール博士・坂巻さんのお店がオススメ」と何人からも言われたMaltheads(モルトヘッズ)。店内には第一回目の百人ビール・ラボでもらったメダルや名刺が飾られて、あのイベントに坂巻さんも参加されていたんだな~と思うと非常に親近感がわきました。

札幌,すすきの,資生館小学校,Maltheads,モルトヘッズ,ビール

坂巻さんと百人ビールやオレゴン州ポートランド等のお話をしながらビールを飲み進めます。
ちなみに、札幌市とポートランドって姉妹都市なんです。札幌に住んでいたことがあるあたしもその都市名は知っていましたが、ポートランドって地名はたくさんあるわけだし、まさかオレゴンのポートランドだったとは!そういう背景もあり、坂巻さんは「札幌を日本のビールの首都に!」と夜な夜な伝導されているみたい。応援します!

札幌,すすきの,資生館小学校,Maltheads,モルトヘッズ,ビール

グラスが空いたので2杯目を。今回の北海道帰省でハマッたサッポロクラシックをオーダーしました。実家で飲んだ缶のクラシックは、ガス感も泡の感じもソフトでした。モルトヘッズさんでいただいたのはキレのあるすっきりシャープなクラシック。注ぎ方ひとつで全然表情が変わります。だからビールって楽しい。ちなみにクラシックは普段あまり繋いでいない隠れキャラのようですね。クラシックはグラス大が700円、小だと500円。
モルトヘッズの樽生は、ランダムに1~3種類を繋げているそうです。よくFBページやサイトが更新されているので、樽情報や定休日情報はそちらで確認することができます。あと、ボトルビールが冷蔵庫いっぱいに並んでました。自分の好みを坂巻さんに伝えて、おすすめを選んでもらう楽しみ方もできるな~なんて思いました。

札幌,すすきの,資生館小学校,Maltheads,モルトヘッズ,ビール

最後に、モルトヘッズ来店記念として裏話を書いておきます。
札幌クロールの数日前、悪友Yから「モルトヘッズ行こう」とメールが来ました。これ、ビアギークじゃない悪友Yにしては非常に珍しいことです。話を聞いてみると、その頃開栓されていた「セゾン・ア・フルール」を飲んでみたいとのことで。この限定ビールはオレゴン州ポートランドのウィドミア・ブラザーズ醸造所創業30周年記念に造られたブレークサイド醸造所とのコラボレーションビールなんですが、悪友Yから連絡を受けたあたしは「ポートランド?!ブレークサイド?!札幌で飲めるなら行こう!」ということでモルトヘッズ行きを決めたワケです。
自他共に認めるホップヘッドなあてくしが、「モルト」に力を入れてるっぽい店名のお店に行くのは絶対躊躇するでしょ?セゾン・ア・フルールがなければどうなっていたことか。ああ、なんという運命の巡り合わせ。この日このビールが繋がっていたおかげで、素敵なお店に行くことが出来ました。ビールの神様、ありがとう!

やー、しかし北海道ってほんとにいいなぁ。すすきの界隈を徒歩でクロールするにはちょうどいい距離感だし、たくさんのビアバーがある。まさに今どんどんクラフトビールファンが増えてきている印象を受けました。数年前にはこんなに無かったよね。ということで、モル党北海道支部長&悪友Yと行く、札幌クロール。もう1軒行ったけど記憶力の低下でこのへんで終了。今度はいつ札幌で飲めるかな~。
終わり。

住所:〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西8丁目7 大洋ビルB1

(*・ω・)つ 北海道食べ歩き情報もどうぞー♩

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-ビアバー, ビール, 札幌市
-, , ,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.