沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

中華料理・台湾料理 台北 台湾 海外 食べ歩き

台北・士林夜市「阿婆飯糰」行列のできる台湾風おにぎり屋台に並んでみた。

投稿日:

台湾旅行で士林夜市を訪れました。士林夜市は台北市内で最も大きく、人気の観光スポットです。歩き回ってそろそろ帰ろうかなーと思った細い通り沿いに、なんだかわからない人だかりができていました。近づくとおじさんが一人、何かを作り続けています。これは一体なんだろう...?

台北・士林夜市で行列ができていた「阿婆飯糰」というおにぎり屋台。

屋台の前に回り込むと、簡易テーブルに貼り付けられた看板がありました。看板には「寧夏夜市」「慈音古早味」「阿婆飯糰」「士林夜市2號攤」などと書かれていますが、この日は人だかりに気持ちが高ぶり、漢字書いてる〜!くらいの印象。後から落ち着いて読めばなんとなく意味がわかりますね。店名は「阿婆飯糰(アーポーファントヮン)」、おばあちゃんのおにぎり的な意味合いです。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」の看板。

人だかりのできる阿婆飯糰は、士林夜市の結構端っこの方にありました。この辺りは地元民向けのお店や屋台が多く、阿婆飯糰に並ぶ人も地元民っぽい人ばかり。

地元の人が並ぶなら、絶対おいしいって!」「これはキタわ。今日イチだわ」と行列に並び始めるご主人サマー。何屋さんかよくわからないのに、ホクホク顔で嬉しそう。前に並んだ台湾人に「ここ、おいしいの?」と英語で話しかけるコミュニケーションの高さは尊敬に値します。ちなみに台湾人は「初めてだからわからない」と言ったそうです。ほんまかいな。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」の行列に並んでホクホク顔のご主人サマー。

並びが近づくにつれ、何屋さんか少しずつわかってきました。木桶の中からボワッと湯気をあげているのはご飯です。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」木桶の蓋を開けると蒸気がボワッと。

ご飯に何かを乗せて包み込んでいます。どうやらここは、台湾風おにぎり屋さんみたい。台湾でおにぎりは飯糰と書くんですね。飯糰という食べ物、全然知らんかったー。こんなん、キラキラ系の観光媒体には載ってないと思います。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」ごはんをよそうおじさん。

台湾風おにぎりの具はこちら。正直、全くわかりません。後から調べたところ、肉鬆(デンブ) は確実に入っています。あとはシーチキンフレーク的な何かと、葉野菜の何か。全然わからない。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」おにぎりの具材。

台湾風おにぎり屋台のおじさんは、広げたご飯に手際よく具材を乗せていきます。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」手際よくおにぎりをつくるおじさん。

具材を乗せます。乗せます。乗せます。ご主人サマー曰く「中国語で、辛いの入れる?って確認された」そうです。英語じゃなく中国語だったんですが、「辣(ラー)って言われたからわかった」とのこと。コミュ力ぱねぇー!

台北・士林夜市「阿婆飯糰」辛いのを入れるかどうか確認されるが、中国語がわからない。

辛いのを入れたのでしょうか、おじさんはごはんと具材を丸め始めました。いやいや、デカいわ!この後、我々の1〜2人後ろに「もうご飯がないから、全部は作れないよ〜」みたいな声かけをしたおじさん。中国語だったけど、表情的にそんな感じだったのです。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」おにぎりの具を包むおじさん。

台湾風おにぎりは、1つTWD40(150円くらい)。買い物袋に入って熱々。ズシッと重みを感じます。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」のおにぎりは1個TWD40(150円くらい)

袋から出してみましょう。こんな感じで手のひら大。ホカホカです。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」ずっしり熱々のおにぎりは、透明な袋に入ってる。

袋を開けます。ご飯は硬めの炊きあがりのもち米。具材が中からはみ出して、表に肉鬆が出ています。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」のおにぎりを袋から出してみる。デカい。

かぶりつきました。肉鬆と油條(あげぱん)、あと何が入ってるのか詳しくはわかりません。全部似た味付けなのかなぁ。丸まま入った油條は、このまま食べるのではなく、おにぎりに圧をかけて砕いて食べましょう。初めはおにぎりに油條?と疑問だったけど、ザクザク食感が加わった方が確実においしくなります。

台北・士林夜市「阿婆飯糰」のおにぎりにかぶりつくと、いろんな具がたっぷり入っていた。

ということで、士林夜市で行列のできる台湾風おにぎり屋台「阿婆飯糰」へ行ってきました。地元民が超並んでる!と食いついたものの、正直味的には予想通りです。でも、ローカルなB級グルメが食べられた満足感は計り知れません。やっぱ、こういうのはその土地を歩いて、なんとなく周りの人に流されて食べてみるのがイチバンですね。おもしろい経験ができました。
終わり。

住所:No.55, Dadong Road, Shilin District, Taipei City, 台湾 111

(*・ω・)つ 台湾食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。 →もっと詳しいプロフィールはこちら

-中華料理・台湾料理, 台北, 台湾, 海外, 食べ歩き
-,

Copyright© 毎日ビール.jp , 2018 All Rights Reserved.