那覇「鮨 喜くむら」平日ランチ限定!春色の海鮮丼はサッパリ酢飯においしいネタがたっぷり!

那覇市松山「鮨 喜くむら」平日ランチ限定の海鮮丼(1500円)

このところSNSでよく目にする海鮮丼を食べに行ってみました。向かった先は、那覇市松山にある「鮨 喜くむら」の平日限定ランチです。夜は単価高めの江戸前寿司店ですが、平日限定ランチならわたしでも食べに行けるというハードルの低さ。職場のグルメなウェーカタを誘って向かってみました。

那覇市松山「鮨 喜くむら」の外観

お店の入り口にメニューが張り出されています。鮨 喜くむらの平日ランチは11時半〜14時まで、メニューは海鮮丼オンリーで提供しています。ランチは予約不要なのでササッと入店しました。

那覇市松山「鮨 喜くむら」のメニュー

この日はカウンターに通されました。カウンター席は4つ、テーブル席2つという思いの外コンパクトな店内です。11時45分頃に入店したのですが、12時にはほぼ満席でした。早めに訪れるか遅めにズラすか、訪問タイミングの調整が必要かもしれません。

那覇市松山「鮨 喜くむら」の店内カウンター席

調理場に立つ店主さんが「ランチは海鮮丼のみです」と案内してくださり、そのまま「はい!ごはんは少なめで」とオーダーしました。目の前で豪快に盛り付けられていく海鮮丼(1500円)は、あっという間に完成です。パッと作ってもらえるので、ランチ休憩の時間が決まっている勤め人も嬉しいはず。

那覇市松山「鮨 喜くむら」平日ランチ限定の海鮮丼(1500円)

着丼した丼を撮影しながら「なんと春らしい盛り付けなのか!」と心が揺さぶられました。様々なカラーが混ざり合い、SNS向きの映えっぷり。全体的に優しい色合いでワサビの柔らかな若草カラーも春色に見えます。この日の海鮮丼の具材はマグロ、イクラ、白身、茹でエビ、卵など。日によって具材が変わるそうです。

那覇市松山「鮨 喜くむら」キラキラした春色のかわいらしい海鮮丼

対する醤油はしっかり濃口。ここにワサビを溶いて、丼全体にかけまわします。

那覇市松山「鮨 喜くむら」濃い味の醤油をまわしかけて海鮮丼をいただく

食べやすくカットされた具材の中で、特に気に入ったのは魚の王様・マグロです。とろりと舌に絡みつき、脂を感じてウマかったなぁ。桜でんぶが彩り、きゅうりの食感が楽しめます。硬めの酢飯は酸味がやや強く、全体をキュッと締めている印象でした。魚の旨みを感じながらゴボウをポリポリとかじり、また海鮮を堪能…と繰り返しました。

那覇市松山「鮨 喜くむら」ランチの海鮮丼のネタがおいしい

海鮮丼には金粉が浮いた汁物がついてきます。この日はお豆腐の味噌汁で、やや甘めの味噌がとっても好み。海鮮丼がサッパリとした味わいなので、お味噌汁の甘さでバランスが取れているようでした。

那覇市松山「鮨 喜くむら」ランチのお味噌汁には金粉が!

ということで、那覇市松山にある「鮨 喜くむら」の平日限定ランチをいただいてきました。このボリューム、この内容で1500円は大満足!丼の具材はいずれもサッパリとした味わいなので、春はもちろん沖縄の長い夏の時期にも重宝すると思いました。ジメジメとした梅雨時期も、日差しが強く食欲が減退しがちな夏も、このお店の海鮮丼があれば容易に乗り越えられるかもしれません。
終わり。

お店の情報

店名 鮨 喜くむら
住所 〒900-0032
沖縄県那覇市松山1丁目7-1 松山ガーデンビル
営業時間 11時半〜14時/18時〜24時
定休日 日曜
駐車場 なし。近隣にコインパーキングあり。


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
毎日ビール.jp プロフィールカード用

ユッキー@毎日ビール

グルメブログ歴12年、沖縄移住10年。沖縄定番グルメからローカル店まで食べ歩き情報を綴ってます。国内外のビアバーめぐりに、旅・遊びの情報も。クラフトビール歴は16年、ホップの効いたビールが好き。

-お寿司, ランチ, 丼もの, 和食, 旧市街エリア, 松山, 沖縄本島南部, 沖縄県, 那覇市, 都道府県別, 食べ歩き
-