ランチ 勢理客 沖縄そば 沖縄本島中部 浦添市

浦添「東江そば」あっさりカツオ出汁と軟骨ソーキがウマい!

投稿日:2016年9月20日 更新日:

まだまだ夏ですが、出汁的な温かいスープものが欲しくなってしまい、沖縄そばを食べに行ってきました。今回食べに行ったのは、浦添・勢理客にある「東江そば」です。東江と書いて、あがりえと読みます。沖縄県外の方には馴染みが薄い読み方かもしれません。建物1階部分は駐車場で、店舗は2階部分にあります。

東江そば,浦添,勢理客

東江そばに入ってすぐに券売機があります。そばのメニューはこんな感じ。メニューは店名がついた東江そば、三枚肉そば、野菜そば、軟骨ソーキそば、本ソーキそばなど。そばのサイズは中と大から選べます。塩焼きそばや冷やし中華そばがあるのは特徴的でしょうか。じゅーしーや餃子もあるようです。

東江そば,浦添,勢理客

我々のオーダーはこちらの3点。店員さんが食券を受け取り、注文完了です。

東江そば,浦添,勢理客

東江そばの店内には、畳が敷かれた小上がりと、テーブル席、そしてカウンター席もあります。場所柄でしょうか、観光客よりも地元のお客さんがいっぱい食べに来る沖縄そば屋さんです。お子さん用の椅子なんかも用意されていて、地元感に溢れています。最近はこういうお店の方が落ち着くなぁ。

東江そば,浦添,勢理客

食券を渡してから5〜6分ほどでしょうか。混雑の割に比較的スムーズに注文の品がやってきました。ほぼ同タイミングでやってきた、東江そば(中サイズ、730円)と手作り餃子(5個、260円)です。

東江そば,浦添,勢理客

まずは、店名を背負ったメニュー・東江そばからいただきましょう。

東江そば,浦添,勢理客

まずはスープをいただきました。カツオ出汁が効いたアッサリ系。スープに色が付いてますが、そんなに濃い口ではありません。

東江そば,浦添,勢理客

麺は縮れの中太麺。柔らかめなので、プリッよりモチッとした食感が強いです。そばのサイズを中にしたのですが、あたしのように色が太いと中ではなく大、或いはじゅーしーをセットにする事をオススメします。麺はそれほど多くないので、簡単に食べきれるはず。

東江そば,浦添,勢理客

東江そばには、3種類のお肉がトッピングされています。お肉は向かって左から本ソーキ、三枚肉、軟骨ソーキ。この3種類のお肉が載っている事が東江そばの特徴ですね。その他の具材は、かまぼこ、錦糸卵、ネギです。

東江そば,浦添,勢理客

硬い骨が付いた本ソーキは、骨がスッと抜けるほど柔らか。肉の部位特有の臭みがありますが、それも紅生姜とコーレーグスで旨味に変わります。三枚肉も柔らかで味はアッサリ薄めです。あたしのイチオシは、トロトロの軟骨ソーキ。コッテリ感と紅生姜との相性が良く、コーレーグスをかけてもおいしいです。スープとそばがあっさり系なので、コッテリの軟骨ソーキとのバランスも良かったです。

東江そば,浦添,勢理客

既に書いてますが、沖縄そばには紅生姜やコーレーグスなどの味変要員が必須です。これらを入れると旨味が更に増すわけですから!

東江そば,浦添,勢理客

東江そばのカツオ出汁スープにコーレーグスを入れると、より一層美味しくなりました。ちょいとピリ辛になって、全体の味も締まります。

東江そば,浦添,勢理客

お次は、手作り餃子です。見るからに餡がしっかり入っています。焼き目もしっかり。どうやら皮も餡も手作りみたい。

東江そば,浦添,勢理客

パクッと食べてみると、皮は薄くて柔らか。餡もしっかり練られている感じ。みじん切りの野菜がところどころに見えています。あじくーたーで美味しかったです。

東江そば,浦添,勢理客

ということで、浦添・勢理客にある「東江そば」で、東江そばと餃子を食べてきました。そばも餃子も美味しかったですが、あっさりスープとモチモチ麺、そこにトロトロ軟骨ソーキという組み合わせが一番のお気に入り。餃子も美味しかったので、次はじゅーしーにも期待してみたいと思います!
終わり。

住所:〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客2丁目1-36

沖縄県浦添市勢理客2丁目1-36

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩ 

どうぞ下のアドセンス

記事下の楽天広告

記事下の関連コンテンツ

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。ペールエール、IPA、フォーリンスタウトが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。
もっと詳しいプロフィールはこちら

-ランチ, 勢理客, 沖縄そば, 沖縄本島中部, 浦添市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2017 All Rights Reserved.