「与座川(ヨザガー)」ひんやり冷た〜い!水量豊かな水遊び場で子どもと一緒に涼もう。

沖縄にある子どもの遊び場開拓をしています。今まではビーチや有料の観光スポット巡りが多かったけれど、もしかして川もあるのでは?とググッてみたところ糸満市にある「与座川(ヨザガー)」がヒットしました。とても小さな水遊び場ですが、なんとなく気になって訪れてみることに。ということで、与座川(ヨザガー)のレポート行ってみよ〜!

糸満にある湧泉「与座川(ヨザガー)」のレポート

どこにあるの?

与座川(ヨザガー)は畑が多い糸満市与座区にあります。この辺りを訪れたのは初めて。住宅もあり集落の水場としての位置付けな気がして、なんとなく立ち寄り難い気がしました。でも現地を訪れるとそんなことはなく、のどかで沖縄らしい雰囲気です。地元のファミリーの遊び場で、観光客はゼロ。マイナーでどローカルな遊び場ですが、わたしはこんな場所を探していたのです!

駐車場は2箇所

駐車場は2箇所ありました。こちらは水車の滝の近く。5〜6台は停められそうな広さで、自動販売機も併設されていました。水分補給は大事ですからね、自販機は助かります。

糸満「与座川(ヨザガー)」の下の方にある駐車場

もう1箇所、水路側の駐車スペースです。2〜3台は停められるでしょうか。こちら側だと遊び場と車の往復が楽そうだなぁと思いましたが、道幅が狭く子どもがウロチョロしているため運転が怖い気もします。

糸満「与座川(ヨザガー)」の上側にある駐車場

家族で涼める無料の遊び場。

与座川(ヨザガー)は琉球王朝時代に作られた水量の多い湧泉です。大正時代、この周辺には製糖工場があったそうで、製糖過程で利用するための水車が与座川(ヨザガー)に置かれていたそうです。それが戦前まで利用されていたそうな。現在も農業用水としての他、地元の人に親しまれる公園として利用されています。

糸満「与座川(ヨザガー)」水路部分はキンキンに水が冷えてとても冷たく夏場に気持ち良い

水量がものすごい

湧泉と聞いて浮かぶのは優しく水が湧き出ているイメージでした。ですが、与座川(ヨザガー)は結構な勢いの流れの湧泉です。正直なところ「これってほんとに湧水なの?川じゃないの?」と思ったくらい水量が多く驚きます。通路の脇からもコポコポと水が湧き出ている様子を見て、ああこのあたりは水が湧き出やすい環境なのだなぁと理解しました。

糸満「与座川(ヨザガー)」の通路脇では水が湧き出る場所もあった

水路で遊ぶ

水と親しむ公園の与座川(ヨザガー)には、いくつか遊び場があります。まずは一番上側にある水路。道路に面した階段を下りていくと、絶え間ない水流を楽しめる設備があり、ファミリーがひんやり冷たい湧き水で遊びながら涼んでいました。

糸満「与座川(ヨザガー)」階段を降りると水遊びできる水路がある

水路の幅は1メートル、いや1.2メートルくらいはあるでしょうか。流れる水の透明度は高く、見た目的にはとても綺麗。川底の藻がはえる箇所も多く、滅多に人の足が入らない場所でつるりと滑りそうになりました。水はこの写真の奥側から手前側に流れています。

糸満「与座川(ヨザガー)」水路のようで流れのある水遊び場

この日の私の服装は運動用の膝丈ジャージにマリンシューズです。与座川(ヨザガー)は川みたいな浅瀬だろうと思っていたけれど、水路に入ってみると結構な深さ。水面はおとなの膝下までありました。これは3歳の子どものお尻までしっかり浸かる深さです。溺れたらひとたまりもないし、アームヘルパーを持ってきて正解です。

糸満「与座川(ヨザガー)」の水路部分は膝下の深さ

この水路、水の流れが結構早いのです。このことからも与座川(ヨザガー)の豊かさを感じますが、反面、水流の勢いがあるので水に浮くものが流れて行ってしまわないか心配になります。こどもの島ぞうりだとか、スリッポン型の靴だとか、プカプカ浮くものは気付かないうちに流されてしまいそう。一応、下流に柵も用意されていますが、小さなものは流れてしまいそうなので気を付けたいところ。

糸満「与座川(ヨザガー)」水路は流れがあるが下流には網があって流されないようになっている

こちらは水路の上流側。水路を覆う建物がありますが、この先は立ち入り禁止となって柵越しに様子をうかがうのみ。太陽の光が十分に届かず、やや暗くなっているため、肉眼の限界を感じます。

糸満「与座川(ヨザガー)」水路の上流は立ち入り禁止になっている

柵の隙間からデジカメの望遠機能を使って撮影。湾曲した水路の奥から湧き水がこうこうと流れています。水と緑で視覚的にも気温的にも涼しそう。ただ、ハブとか出てきそうでちょっと怖い。

糸満「与座川(ヨザガー)」の立入禁止区域を望遠で撮影

上流の水路には屋根と遊歩道が設けられています。一周まわっても5分もかからないくらい。周囲にはいくつかの植物もみられたので、鑑賞視点でも楽しめそう。

糸満「与座川(ヨザガー)」立入禁止区域の周囲は散策コースになっている

屋根の下の水路の様子。人が自由に出入りできず、植物が生い茂っています。この屋根が遊歩道に日陰を作ってくれたりもします。

糸満「与座川(ヨザガー)」屋根のある付近を上から水流にかけて撮影

浅めのプール

我が家が訪れた頃はコロナ禍の自粛ムードが強く、子どもの遊び場としては閑散としていました。こちらの遊び場のひとつでもある浅めのプールも同様に水が張られず、利用者もいません。それ故に底に藻が生えて緑色になっていました。ぬるりと滑りそうで足も踏み入れていませんが、通常は子どもたちで賑わっていそうな遊び場ですね... ここはいつかリベンジしたい。

糸満「与座川(ヨザガー)」浅いプールもあるが、この時は水が張られず利用できなかった

水車のある滝

ザーッと音を立てて流れる滝もありました。ここは流れが急ですが入水禁止ではなさそうなので、遊び場のひとつとカウントしてよさそうです。ただ、我が家のお子サマーは「こわい」と入るのを拒否。さらに水底の岩にも緑の藻がついてるので大人もヌメって転びそう。ここも眺めるだけにしておきました。

糸満「与座川(ヨザガー)」水量豊富で滝のような遊び場

階段状に組まれた石にも緑の藻がついてます。常時足を踏み入れれば藻はつきにくいでしょうから、逆にあまり人が入ってない証拠でもありす。ざあざあと流れる冷たい水に足を浸して、夏の暑さを和らげたいものです。

糸満「与座川(ヨザガー)」急流の滝もスリルがあり楽しそう

その他の設備

与座川(ヨザガー)には遊び場の他にも設備があります。

手足洗い場

蛇口が備えられた手足洗い場です。農作物の泥落としなどができそうですね。洗車禁止・取水禁止と書かれているので、そういったことが中にはあったりするのかも。

糸満「与座川(ヨザガー)」の手足洗い場

蛇口を捻ったところ、キンキンに冷えた水がたっぷり流れてきました。水遊びした帰りに手足を洗う場所があるのは嬉しいです。

糸満「与座川(ヨザガー)」て洗い場の蛇口から出る水はキリッと冷たく気持ちがよかった

農業用の給水場

軽トラックが一台やってきて、長いホースから給水する様子を眺めていました。撮影させてもらおうかなぁとも思ったのですが、なにぶん性格上お声がけを躊躇ってしまい、まさに今後悔しているところです。与座川(ヨザガー)の給水場は大型車は乗り入れNGのようですが、畑仕事に使う取水はできます。沖縄ではよく見かける給水場ですが、県外ではあまり知られていない気がします。

東家(テーブル&イス)

東家がひとつあって、テーブルとイスも用意されています。お弁当を持ち込んで、日陰で食事も可能ですね。

糸満「与座川(ヨザガー)」の休憩所(テーブルとイス)

近くの公衆トイレ

与座川(ヨザガー)の近くには公衆トイレがありました。広場の奥の三角屋根の建物で、自治体で管理されているようです。ありがたいことですね。

糸満「与座川(ヨザガー)」下側にある広場とトイレの建物

神聖な拝所でもある

訪れるまで知らなかったのですが、与座川(ヨザガー)は拝所でもあります。古泉(フルガー)・大御泉(ナカンガー)・湧神(ヨザガー)と読むそうです。私のように沖縄県外の出身者には読めそうもありません。その昔、水源を同じくした井戸が3箇所にあったそうですが、現在、古泉と大御泉はなく、この現在も残る与座川(ヨザガー)に祠(ほこら)が集められたそうです。拝所っぽいと気付かない人はそのままここに座っちゃいそうなほど綺麗に3つ並べられています。

糸満「与座川(ヨザガー)」湧泉・大御泉・古泉の祠があった

大きく黄色い看板も出されていますが、気にしない人は気にしないからなぁ... ともかく、祠があることを理解して訪れると無礼は避けられそうです。

糸満「与座川(ヨザガー)」は神聖な拝所だった

まとめ

ということで、糸満市にある湧泉「与座川(ヨザガー)」に行ってきました。ザーザーと流れる様子に湧水ではなく川ではないのか?と思うほどの場所です。暑い夏には自然のクーラーとして重宝しそうですね。観光客はほぼ皆無、さらに沖縄出身者でも糸満の人くらいしか知らないようなスポットですが、ローカルな夏の遊び場として頭にストックしておきます。水の流れが急なので、小さなお子さんはもちろん、年齢問わず目を離さずにしっかりと見守りましょう。ひんやり冷たい水に足を浸せば、大人もクールダウン間違いなしです。

今回の記事を書くに当たり、こちらの文献を読ませていただきました。与座川(ヨザガー)の成り立ちや歴史をはじめ、こんな小さな湧泉を中心に深掘りする熱意に圧倒されました。偶然見つけた文献なので、画面を閉じたら2度と見つけられなくなりそうだから、この記事からリンクを張って残しておこうと思います。
終わり。

お店の情報

店名与座川(ヨザガー)
住所〒901-0322
沖縄県糸満市与座379
営業時間24時間
定休日なし
駐車場隣接した駐車場あり


 あわせて読みたい

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-おでかけ, アウトドア, レジャー・外遊び, 沖縄本島南部, 沖縄県, 糸満市, 都道府県別
-