沖縄から発信する、ビールとグルメと旅のブログ

毎日ビール.jp

ビール 居酒屋 沖縄本島南部 沖縄県 牧志 那覇市

那覇・牧志「酔処 玉川」安定の立ち飲み屋にはサッポロビールが似合う。

投稿日:

那覇・牧志の「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」に行ってきました。立ち飲みの大衆酒場的なお店と聞いていたのですが、すっかりハマってしまったのです。お気に入りの理由のひとつが、提供しているビール全てがサッポロビールという点。北海道生まれ、沖縄在住のあたしはめちゃくちゃ嬉しい!しかも提供しているおつまみ類は、どれも安くてウマい。そりゃもうハマりますわ。ということで酔処 玉川のレポート、さっそく行ってみよ〜!

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」の外観。

「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」安くてウマい正統派立ち飲み店。

お店の場所。

酔処 玉川は那覇市牧志にあります。りっかりっか湯でおなじみの那覇セントラルホテルの目の前、国際通りもすぐの場所です。タクシーで向かう場合、あたしはいつも「りっかりっか湯近くまで」とドライバーさんに告げます。他に大きな目印がなく、ちょっとわかりにくいかもしれないので、徒歩で向かう場合も同じように目指してみてください。

店内の様子。

酔処 玉川の店内はコの字型の立ち飲みカウンター席と、その周りにいくつかのテーブル席があります。ひとり飲みや少数ならカウンター席へ、3〜4人ならテーブル席での立ち飲みが良さそう。立ち飲みではお隣さんとの会話が生まれやすいですが、酔処 玉川もまさしくそれで、常連おばぁに「それ、おいしそうだねー」と声をかけられたりします。ただ、酔いすぎて面倒な人にはまだ遭遇していないので、あたし的に酔処 玉川はジェントルな立ち飲み店という位置付けです。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」の店内で立ち飲みする人たち。

ドリンクメニュー、いろいろ。

酔処 玉川のドリンクはビールに焼酎、泡盛、日本酒が豊富。他にもハイボールや酎ハイ系、スパークリングソフトドリンクも各種そろっています。特にビール好きにオススメしたいのが、サッポロビールが複数種類飲めること!沖縄の地において、サッポロビールがこんなに揃ってるお店はなかなかありません。まるでサッポロビールのアンテナショップ!これはすばらしい。道産子的には大歓喜!

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」のドリンクメニュー

最初に訪れた時、サッポロ黒ラベル(樽生、450円)が繋がっていました。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」サッポロビールの黒ラベル(450円)とキャッシュオンのお金を入れる升。

もちろんサッポロラガー(通称・赤星、600円)もあります。これ、飲兵衛が喜ぶ瓶ビールですよね。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」サッポロビールのサッポロラガー(通称:赤星、600円)もウマい

北海道限定販売のサッポロクラシック(缶、450円)もあります。スムースな飲み口が好き。お気に入りのビールを道外でいただけるありがたみ!サッポロクラシックは季節に合わせて限定ビールを販売します。毎年4月頃には「春の薫り」を、6月頃には「夏の爽快」を、10月頃には「富良野ビンテージ」が出ます。先日は春の薫りを飲ませてもらったので、夏・秋の限定も酔処 玉川で飲めるのでは、と期待しています。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」サッポロビールのサッポロクラシック(450円)

さらに、最近サッポロビールから発売になったInnovative Brewer SORACHI1984(通称・ソラチエース)も取り扱っていました。北海道で生まれたソラチエースというホップを使ったビールで、ヒノキやレモングラスのような独特な香りがあり、飲みごたえがあります。香りにクセがあるので、人によっては好き嫌いがハッキリかも。しかし、クラフトビール好きを黙らせるほど納得のビールであることは間違い無く、価格と販売規模を考えるとさすが大手と賞賛しかありません。サッポロビールよ、よくぞ開発・発売してくださった!

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」ではサッポロビールを取り扱っていて、限定ビールや新商品も積極的に取り入れている。

そして、こちらはエーデルピルス(樽生、550円)。エーデルピルスはサッポロビールの商品で、日本が世界に誇るべき本当においしいピルスナーのひとつです。那覇で飲めるお店はこばやし以外にあるんだろうか。黒ラベルのジョッキに入っていますが、正真正銘エーデルピルスです。立ち飲みでこのクオリティとは、参りました!

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」エーデルピルス(550円)とハムキャベツの目玉焼き乗せ

ビールに疲れたら、生搾りのグレープフルーツ酎ハイ(450円)で小休止。立ち飲みでフルーツ生搾りって、女子的にありがたい。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」生グレープフルーツハイ(450円)

お手軽価格なフードメニューが豊富。

上記の通り、ビールリストが相当お気に入りですが、酔処 玉川の安くてウマいおつまみ類もオススメです。驚くなかれ、おつまみはなんと100円から。このせんべろ大流行時代に普通の立ち飲み屋さんがどう戦うって、つまりは「そこそこ安い・ウマい・安全に酔える」を徹底することに尽きるんだろうなぁ。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」のフードメニュー

定番メニューの他、旬のメニューやこの日のオススメ品も用意があります。食べ物で季節を知るなんて、飲兵衛的には最も幸せな季節の感じ方だと思うのです。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」の日替わりやおすすめのメニュー

この先は、これまで食べてきたおつまみをご紹介。まずは、看板メニューのまぐろぶつ(300円)。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」まぐろぶつ(300円)

おでんも看板メニューですね。ひとつ100円〜。じゃがいも、豚足、大根、ちくわぶをいただきましrた。味がしみしみ〜。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」のおでん各種(100円〜)

あっさり系の豚肉茄子ポン酢(350円)です。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」豚肉茄子ポン酢(350円)

紅ショウガのかき揚げ(300円)という、どこか大阪の串揚げ屋さんを思い出すメニューもあります。これがねぇ、いいアテなんですよ。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」紅ショウガのかき揚げ(300円)

この日のオススメから、マグロカマトロ刺身(400円)をいただきました。魚は偉大です!酒が捗る!

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」マグロカマトロ刺身(400円)

道産子よ、ホームシックになったら、酔処 玉川で氷下魚(こまい、200円)を囓るべし。シンプルな味わいなので、焼酎や日本酒、泡盛とも相性がよいはずです。大好きだわ〜。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」氷下魚(こまい、200円)

こちらは目から鱗の一品でした。ミミガー生姜焼き(400円)です。確かに、ミミガーを生姜焼き味にすると、飛躍的にウマくなる!

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」ミミガー生姜焼き(400円)

鶏皮煮込み(300円)も幸せになれるおつまみです。ネギと味がしみた鶏皮、合わないワケありません。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」鶏皮煮込み(300円)

ハムキャベツの目玉焼きのせ(400円)も大好き。お一人で飲みに来ていたお客さんが注文し、あたしも便乗注文したので名前がわかりません。ハムキャベツに目玉焼きをトッピングしました。こういう飲み屋メニューもいいでしょ〜。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」ハムキャベツの目玉焼き乗せ

こちらは常連おばぁにすすめられた手作豆腐(150円)です。手作りのお豆腐が茶碗蒸しサイズで150円!安くて驚き!

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」手作豆腐(150円)と、サッポロ黒ラベル(450円)・エーデルピルス(550円)

食べてみると優しい豆腐の味わいが広がります。このままでもほっこり幸せですが、添えられた塩昆布を乗せると革命的におつまみ化!定番じゃなさそうですが、もし見かけたならば、ひとり1品注文してほしい。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」手作豆腐(150円)に塩昆布がウマいのであります。季節メニューのティラジャー貝(350円)もありました。これも沖縄の独特な食文化ですよね。小さな巻貝をひとつずつちびちび食べながら酒を飲むと、素晴らしき立ち飲みの完成です。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」ティラジャー貝(350円)

味噌ホルモン(500円)もいただきました。脂こってり、味付けも濃い味。ビールとの相性バッチリです。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」味噌ホルモン(500円)

こちらは日替わり、めざしのアヒージョ(400円)。めざしをアヒージョにするなんて、アイディアが素晴らしい!魚の味がしっかりしているので身もおいしいし、ニンニクと魚の風味が移ったオイルもウマいんです。パンを浸して食べてはビール、直後にアヒージョと繰り返しました。これは定番化を希望したい。

那覇・牧志「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」めざしのアヒージョ(400円)

まとめ

ということで、那覇・牧志にある立ち飲み屋「酔処 玉川(よいしょ たまりば)」へ行ってきました。このお店を思い浮かべる時、枕詞に「正統派」だとか「安定」をつけたくなります。いつ訪れても安心して飲めること、おいしさと価格のバランスをとれていること、沖縄の地のものに限らずお店の方がおいしいと思ったものを並べていること。この他に説明はいらないほど、しっかりと考えられた安定感を備えた飲み屋さんに思うのです。そして、贔屓メーカーのサッポロビールがこれだけ選べるのも最高!好きな銘柄を淡々と飲むのもよし、取っ替え引っ替え飲むのもよし、オススメの限定ビールをいただくもよし。ビール好き及び道産子はじゃんじゃん通うべし!良き店にはサッポロビールが似合うなぁ。
終わり。

住所:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志2丁目13-14

(*・ω・)つ 沖縄食べ歩き情報もどうぞー♩

あわせて読みたい

  • この記事を書いた人

ユッキー

毎日ビールを飲んでいる。アメリカンペールエール、IPA、セッションIPA、ゴーゼ、ラガーが好き。ビールも人間もちょっぴりクセがある方がいい。

-ビール, 居酒屋, 沖縄本島南部, 沖縄県, 牧志, 那覇市
-

Copyright© 毎日ビール.jp , 2019 All Rights Reserved.